サポートが微妙?ASUSノートパソコンの評判・口コミ【シリーズ別】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
asuscatch

台湾を拠点に置くパソコンメーカー「ASUS(エイスース)」。リーズナブルかつコストパフォーマンスの優れた製品がウリの企業です。ですが、気になるのは利用された方からの評判。

日本製パソコンしか購入したことのない方にとって、外国製・特にメイドインアジアの製品を買うのは少し勇気が要りますよね…。特にサポート面が心配という方も多いと思います。

そこで今回の記事では、主要シリーズ

  • TransBook
  • VivoBook
  • Zenbook

の3機種について、ASUS製ノートパソコンのユーザーからの評判と口コミをまとめてみました。

スポンサーリンク

タブレットとしても使える「TransBookシリーズ」の評判

TransBook評判・口コミ
最初に紹介するのはTransBookシリーズです。

TransBookは、キーボードを分離してタブレットとしても使用できる2in1のモバイルノート。実売価格が40000円前後と手を出しやすい価格なのも人気の理由と言えそうです。中には2万円台で販売しているネットショップも。

■購入ユーザーの口コミ

評判を見てみると、大きさがA4用紙より小さいということもあり、「サイズがコンパクトでまとまっている」のが評価されているようです。動作も低価格帯パソコンの割に快適。

ただし、キーボードの大きさはコンパクトなので、打ち辛く感じられる方もいらっしゃるようです。

初期よりMicrosoft office Mobileがインストールされているのも高評価に繋がる点でした。

一番の売れ筋モデルということもあり、総じて高評価が多い印象でした。TransBookシリーズで2017年現在の一番の売れ筋は「TransBook T101HA」です。

Amazonで見る

軽さが売りのモバイルノート「VivoBookシリーズ」の評判

vivobook口コミ・評判
続いて紹介するのがVivobookシリーズの「E200HA-8350」。

先述したTransbookと被ってしまう部分があるのですが、3万円台という「低価格」と重量1キロ未満という「コンパクトさ」がウリのモデルです。

■購入ユーザーの口コミ

シリーズ前作の「E200HA」ではメモリが2GBという部分で不満の声が多かったのですが、E200HA-8350では4GBに増量されており、前作での欠点をカバーしています。

使用者のレビュー・感想を見てみると、「薄さ」「軽さ」を推す声が非常に多かったです。屋外でノートPCを利用される方・ノートを持って移動をよくするといった方にとって、軽さは特に重要ですね。

際立った悪評は見受けられませんでしたが、気になるのは「容量が少なめ」という点。「WindowsOSならば64GBに」という意見を出されているユーザーの方もいらっしゃいました。

しかし、価格帯を考えるとこちらもコストパフォーマンスに優れた製品と言い切ることができるでしょう。概ね高評価がついていた良モデルでした。

Amazonで見る

動作が快適なハイスペック薄型ノート「zenbookシリーズ」の評判

zenbook口コミ・評判
最後に紹介するのは、zenbookシリーズの「zenbook3」。

ここまで紹介してきた商品と打って変わって、価格帯が15~20万円ほどの高級モデルです。

■購入ユーザーの口コミ

Zenbookシリーズは、「薄さ」に加えて「機能性」を追求したモデル。上位モデルの「zenbook3 UX390UA-512GP」ではCPUにCore i7を搭載しています。

下位モデルでもCore i5を搭載と、ノートパソコンの中でも屈指の高性能PCと言えそうです。動作も快適でメインPCとして使っている方も多いようです。

「機能性」と「薄さ」を両立して実現しているためインターフェースが他製品よりも乏しいです。zenbook3にはSDカードスロット・USB typeAジャックがありませんのでご注意を。

また欠点としては、「スペースキーが短い」などキーボード配列が若干特殊な点に不満の声が挙がっていました。「打ち辛い」といった意見が多かったので、注意が必要かもしれません。

価格帯が高いということもあり、前に紹介した2モデルよりも若干低評価の声が目立ちました。

しかし、高く評価する意見も多く、特にノートPCを常に持ち歩くというユーザーからは“理想的なモデルだ”という声も挙がっていました。

Amazonで見る

ASUSのサポート面の評判・口コミは?

asusサポートの口コミ・評判
気になったのが、上記の機種紹介の中では触れませんでしたが「サポート面」での問題。事実、ネット上にASUSのサポート面がいまいちといった声も存在しています。

例えば、「キーボードの故障で、無償の保証期間中でもモノによっては金銭を請求される」「電話での“引き継ぎ”が正しく行われず、折り返しの連絡が来ない」「HDDを連絡なく初期化される」などなど…。

ですが最近は、ネットでの評判に懲りたのか「電話対応は普通だった」「以前より改善されている」との声も挙がるようになりました。

少し思慮する点はありますが、“悪評だらけ”というイメージを大袈裟にとらえる必要は無いのでは、と感じます。

コスパを考えればASUS製品の偽りなし

概ねの評判通り、ASUS製のノートパソコンは「コストパフォーマンス」に優れていると言い切ってよさそうです。

そして、どの製品にも「薄さ」を追求するという点にも、個人的に好感が持てました。特に「TransBook:T101HA」は、ノートPCを初めて購入される方に推したいモデル。

総合的に見て、アジア製PCメーカーの中では「優秀」な部類と言えそうなASUS製品。今後のリリースにも注目したいところですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)