プレビューに表示されない?Excelが印刷できない時の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

表計算だけでなく、文書作成やグラフ作成まで何でもこなせるOfficeソフトExcel。ビジネスの面にて、会議用の書類の制作にも使用されている方は多いのではないでしょうか。

ただ、ネットでの口コミを調べてみたところ、「Excelで製作した表・文書を印刷できない!!」と困ってらっしゃる方も多いようです…。

ということで、今回の記事では「Excelの使用時に、正しく印刷ができなかった場合の対処法」をまとめてみました。

スポンサーリンク

印刷プレビューが表示されているか確認を

エクセル印刷プレビュー
印刷ができない時は、印刷プレビューがしっかり表示されているか確認してみましょう。

「ファイル」から「印刷」をクリックすると、プレビュー画面を確認することができます。

印刷プレビューに、印刷したい画面が映っていない場合は、印刷設定の一部が間違っている可能性が考えられます。

それでは、間違えやすい部分について順に見ていきましょう。

印刷範囲をしっかり設定していますか?

エクセル印刷真っ白
「印刷プレビューが正しく表示されない」という場合にありがちなのが、「印刷範囲の設定」が正しく設定されていないこと。こちらも、一度確認してみましょう。

Excelでは、ワークシートの特定部分をドラッグで範囲指定し、その部分だけを印刷することのできる「範囲印刷」が可能です。

また、選択範囲は1つのワークシートで複数部分選択することも可能です(複数選択の場合は、Ctrlキーを押しながら印刷領域をクリックすることで印刷が可能となります)。

印刷範囲の設定が正しく設定されていない場合は、一度選択範囲をクリアしましょう。

「ページレイアウト」タブを選択→「ページ設定」にて印刷範囲のクリアを選択しましょう。これで、印刷範囲を解除することができます。

そして、選択したい範囲を正しく選択しなおしましょう。

数値・数字の入ってないシートを印刷する場合は?

枠線のみが書かれていて、数値や文字が入っていないワークシートを印刷しようとすると、印刷プレビューが表示されず印刷ができないということが起こるそうです。

その際は、適当なセルに空白などを入力することで、不具合を解消することができます。

「画像が印刷されない!」という場合…

簡易印刷
Excelでは画像やグラフ・テキストボックスやワードアートを挿入することが可能です。ですが、その類のものが印刷されないという場合もあるそうです。

そのような場合は、「簡易印刷」モードになっている可能性が考えられます。

「簡易印刷」モードを簡潔に説明すると、セルの文字のみを印刷するデータ確認用のモードになります。

文字以外の画像や罫線などを省き、インクの消費を抑えられるのがこのモードの利点です。

そのため、グラフや図形・写真だけが印刷できない場合は「簡易印刷」モード設定になっていると考えていいでしょう。

「ページレイアウト」タブより「シートのオプション」右下のダイアログボックス起動ツールをクリック。

ページ設定ダイアログから「シート」をクリックし、印刷のチェックボックスを確認しましょう。簡易印刷のチェックを外すことで、通常印刷モードに戻すことができます。

その他、印刷設定の細かい部分を確認しよう

印刷設定
それでも印刷が思った通りにできない…という場合は、「ファイル」→「印刷」より、印刷設定をもう一度見直してみましょう。

設定より、印刷の方向(縦・横)や余白の設定をすることが可能です。また、プリンターを複数台接続している場合、どのプリンターを使うかの設定もできます。

どちらも見落としやすい要素になるため、いま一度確認してみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)