Macでメールが送信できない時の簡単な解決方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
macbook

Macで標準のメールを使っている方は多いと思います。

ところが、最近になって「メールがなぜか送れない」「送れなくなってしまった」という声をよく聞くようになりました。

そんなMacでメールが送信できない時の簡単な解決方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

Macでメールが送信できない原因

mac
Macでメールが送信できない原因として考えられる原因は次の2つがあります。

  • 送信サーバーの設定でSSLの認証がオンになっている
  • OSのアップデートによって設定が勝手に書き変わっている

SSLがオンになっている場合

初めてMacのメールを設定してみて送信できない、というパターンはSSLの設定に原因がある場合が多いです。

SSLはサーバーが対応していない限り、オンにチェックしてしまうと送信することができません。

OSアップデートによる場合

Macでメールが送信できなくなってしまう原因で一番多いのが「OSのアップデート」です。

MacはOSアップデート時に、標準のメールの設定項目が増えたりします。

そのため、OSアップデートの時は急に設定が変わってしまい、突然メールの送信ができなくなることもあります。

Macでメールが送信できない時の簡単な解決方法

sslmac3
Macで送信できない場合は、送信メールサーバの設定項目を見直す必要があります。

送信メールサーバの設定は、メールの上部メニューの【メール】→【環境設定】から、【送信メールサーバー(SMTP)】→【SMTPサーバリストを編集】を選択します。

次の2つの設定項目を確認しましょう。

1、SSLの項目を確認する

sslmac2
詳細タブをクリックして、ポート番号の横にある『SSLを使用』のチェックが付いている場合は、チェックを外しましょう。

チェックを外したら、もう一度送信を試していましょう。

2、OSアップデートで追加されている2つの項目を確認

Yosemite以降のOSにアップデートすると2つの項目が追加されて、勝手に設定が入ってしまいます。

同じく詳細タブの次の2つの設定を確認して、設定を変更しましょう。

アカウント設定を自動的に検出して管理 → オフ

sslmac2
「アカウント設定を自動的に検出して管理」という項目にチェックが入っていると、メールソフトが勝手に設定を探してしまいます。

正しい設定が自動で設定されればいいですが、メールサーバーによっては送信できない設定になってしまう場合があります。

こちらにチェックが入って送信できない場合は、チェックを一旦外して、メール設定を手動で設定してみてください。

セキュリティ保護されていない認証を許可 → オン

sslmac
セキュリティ保護の許可がオフになっていると、暗号化に対応した接続しか許可されなくなってしまいます。

暗号化に対応した設定になっていない場合は、チェックをオンにして送信できないか試してみましょう。

Macでメールが送信できない時のまとめ

  • Macのメールが送れない時の原因は、SSLの設定とOSのアップデート
  • Macのメールが送れない時は、送信サーバの設定を見直す
  • SSLをオフにして、アカウント設定の自動検出をオフ、セキュリティー保護されていない認証を許可をオンにしてみる

以上の設定をすることで、問題なくMacでメールが送信できるようになる人が多いはずです。

MacはOSのアップデートによって、メールに限らず設定が変わってトラブルが起きる時があるので、急ぎの仕事がある時などは注意してアップデートするようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)