Macのメールがオフライン(オンラインにならない)の時の対処法

Macのメールアプリで、メールアカウントがオフラインの状態になってしまいメールの送受信ができなくなるケースがあります。

また、受信サーバーが正常でも、送信メールサーバ(SMTP)のみがオフラインのままメールを送信できなくなるケースも多いです。

本記事では、Macのメールでアカウントがオフラインのままオンラインにならない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: アカウントをオンラインにする

メールアカウントがオフラインに設定されている場合は、まずは通常の手順でオンラインに戻せないか試してみてください。

Macのメールでメールアカウントをオンラインにするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「メール」を起動します。
  2. 上部メニューの「メールボックス」をクリックします。
  3. 「すべてのアカウントをオンラインにする」を選択します。
    • アカウントが複数ある場合は、「オンラインの状況」→「(メールアドレス)をオンラインにする」を選択することで個別にオンラインにできます。

メールアカウントをオンラインにできたら、メールの送受信を行って正常に動作するか確認してください。オンラインにできなかったり、送信メールサーバ(SMTP)のみがオフラインのままの場合は、次の対処に進んでください。

対処2: SMTPサーバーリストを編集する

メールアカウントのSMTPサーバーリストのユーザー名とパスワードの設定に問題があることが原因で、送信メールサーバ(SMTP)のみがオフラインになるケースがあります。

そのため、メールアカウントのSMTPサーバーリストを確認して、ユーザー名とパスワードを再設定してみてください。メールアカウントののSMTPサーバーリストを編集するには、以下の手順で操作します。

  1. 「メール」を起動します。
  2. 上部メニューの「メール」→「環境設定」を選択します。
  3. 「アカウント」タブを開きます。
  4. 左ペインで「メールアカウント」を選択します。
  5. 右ペインで「サーバ設定」タブを開きます。
  6. 送信用メールサーバ(SMTP)の「アカウント」のセレクトボックスをクリックして、「SMTPサーバーリストを編集」を選択します。
  7. 正しい「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「OK」をクリックします。
    • メールサーバーによっては、ユーザー名に@以降のドメイン名(@gmail.comなど)を含める場合があります。
    • 補足: 正しい情報を入力してもオフラインが解決しない場合は、「接続設定を自動的に管理」のチェックを外して「ポート」と「TLS/SSLを使用」の設定を変更してみてください。「ポート」と「TLS/SSL」の設定については、使用しているメールサーバーの情報を確認した上で設定してください。

メールアカウントのSMTPサーバーリストを編集できたら、送信メールサーバがオンラインになったか確認してください。

対処3: メールアプリとMacを再起動する

メールまたはMacに一時的な問題が起きていることが原因で、メールアカウントがオフラインになるケースがあります。

そのため、メールを再起動してオフラインの問題が解決しないか確認してください。メールを再起動するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Appleマーク」をクリックして「強制終了」を選択します。
  2. 「メール」を選択して「強制終了」をクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されたら「強制終了」をクリックします。
  4. 「メール」を通常の手順で起動します。

上記の手順でメールを再起動できたら、メールアカウントがオンラインになったか確認してください。

メールを再起動してもアカウントがオフラインの場合は、Macを一度再起動してみてください。Macを再起動するには、「Appleマーク」をクリックして「再起動」を選択します。

Macを再起動してもオフラインの問題が解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処4: SMTPのキーチェーンを削除して再設定する

SMTPサーバのパスワードを保持しているキーチェーンに問題があることが原因で、送信メールサーバがオフラインになるケースがあります。

そのため、SMTPサーバのキーチェーンを全て削除してから、SMTPサーバを再設定することで問題が解決する可能性があります。SMTPのキーチェーンを削除して再設定するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「メール」を起動している場合は終了します。
  2. Finderで「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開いて、「キーチェーンアクセス」を起動します。
  3. 右上の検索ボックスに「smtp」と入力して、SMTPに関連するキーチェーンを検索します。
  4. 一覧で「SMTPに関連するキーチェーン(com.apple.account.SMTP.passwordなど)」を右クリックして「削除」を選択します。
    • SMTPに関連するキーチェーンが複数ある場合は全て削除してください。
  5. 「メール」を起動します。
  6. 上部メニューの「メール」→「環境設定」を選択します。
  7. 「アカウント」タブを開きます。
  8. 左ペインで「メールアカウント」を選択します。
  9. 右ペインで「サーバ設定」タブを開きます。
  10. 送信用メールサーバ(SMTP)の「アカウント」のセレクトボックスをクリックして、「SMTPサーバーリストを編集」を選択します。
  11. 正しい「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「OK」をクリックします。

キーチェーンを削除してSMTPサーバを再設定できたら、送信サーバがオンラインになってメールが送信できるようになったか確認してください。

対処5: インターネットアカウントのパスワードを確認する

GmailなどのWebメールのアカウントで送信メールサーバのオフラインの問題が起きている場合は、システム環境設定でアカウントのパスワードを確認していないことが原因として考えられます。

そのため、システム環境設定でメールアカウントのパスワードを確認することで、オフラインの問題が解決する可能性があります。システム環境設定でアカウントのパスワードを確認するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「メール」を起動している場合は終了します。
  2. 「Appleマーク」をクリックして「システム環境設定」を選択します。
  3. 「インターネットアカウント」をクリックします。
  4. 左ペインで「メールアカウント」を選択します。
  5. パスワードの入力ダイアログが表示されたら、アカウントの「正しいパスワード」を入力します。

メールアカウントのパスワードを確認できたら、メールを起動して送信サーバが正常にオンラインになったか確認してください。

対処6: インターネットアカウントを再設定する

GmailなどのWebメールのアカウントでオフラインの問題が起きている場合は、システム環境設定でメールアカウントを再設定することで問題が解決する可能性があります。

システム環境設定でメールアカウントを削除して再設定するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「メール」を起動している場合は終了します。
  2. 「Appleマーク」をクリックして「システム環境設定」を選択します。
  3. 「インターネットアカウント」をクリックします。
  4. 左ペインで「メールアカウント」を選択して、「-」をクリックします。
  5. 確認ダイアログが表示されたら、「OK」をクリックします。
  6. メールアカウントが削除されたら、「+」をクリックします。
  7. 「メールプロバイダ(Googleなど)」を選択します。
  8. 案内に従ってメールアカウントにログインして設定を完了します。

システム環境設定でメールアカウントを再設定できたら、メールアプリを起動して正常にオンラインになったか確認してください。

対処7: DNSサーバーを変更する

ネットワークのDNSサーバーに問題が起きていることが原因で、メールアカウントがオフラインになっているケースが考えられます。

そのため、DNSサーバーをパブリックDNSに変更することで問題が解決する可能性があります。DNSサーバーを変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Appleマーク」をクリックして「システム環境設定」を選択します。
  2. 「ネットワーク」をクリックします。
  3. 「接続中のネットワーク」を選択した状態で、「詳細」をクリックします。
  4. 上部に表示されるタブの中から「DNS」をクリックします。
  5. 左下にある「+」ボタンをクリックします。
  6. DNSサーバのリストにGoogleのパブリックDNSの値「8.8.8.8」と「8.8.4.4」を入力して追加します。
  7. 「OK」ボタンをクリックします。

DNSサーバーを変更できたら、メールを起動してアカウントが正常にオンラインになったか確認してください。

コメントを残す

*