iPhone, AndroidのGoogleアプリ・Chrome・Safariの意味の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Googleをご存知ですか?おそらくスマホを使用している方ならほとんどの人が知っていると答えるのではないかと思います。

しかし、そんな有名なGoogleですが、意外と似た名前のアプリやサービスが多くて複雑で言葉の意味がわからないという方も多いです。特にAndroidの場合は「Google検索をするブラウザアプリ」と、それとは別の「Googleアプリ」が一緒に入っていてとても混乱しやすいです。

そんなiPhone・Androidの「Googleアプリ・Chrome・Safari」の違いについてできる限り詳しく解説します。

「よくわからないけど、とりあえず検索はできてるからいいか……」と思ったまま使っていませんか?もしそうならぜひこの機会に違いを知って、もっとGoogleのサービスを使いこなしてみましょう!

そもそもGoogleって何?


Googleは会社の名前です。インターネットやコンピュータ関係のサービスや製品を提供している、とても大きなアメリカの企業ですね。

有料のもの、無料のもの含めたくさんの便利なサービスを提供していますが、その中でも特にGoogle検索・Googleマップ・Gmail・Googleカレンダー・Youtube(動画サイト)などが有名です。また、AndroidというOSを開発したのもGoogleです。

Google社が開発した「Google検索」

提供しているサービスのうち、Webサイトの検索エンジンである「Google検索」はやや名前が長い上に使われる機会も多いので、よく「Google」と略されます。

時々「Googleで調べる」「Googleで検索する」あるいは「ググる」なんて言葉を聞くことがありますが、これは「Googleという会社が提供する『Google検索』というサービスを使ってインターネット検索を行う」という意味になります。

もちろん普段の生活で「Googleで調べる」という表現を使うことにまったく問題はありませんが、「Google=検索」だと思っていると勘違いや混乱を起こしやすいので注意が必要です。

Google検索はどんなサービス?

ちなみに「Google検索」はどんなサービスかといいますと、入力したキーワードなどを元に関連度の高い、かつ有用性の高いウェブページをインターネットから探し出してくれるという内容のものです。

調べたい単語を入力して検索するだけで簡単に目的の情報が見つかったり、お店や施設の名前を入力するだけで関連するホームページにたどり着けたりするのはGoogle検索のようなインターネット検索サービスのおかげなのですね。

インターネット検索サービスと言えばGoogle検索以外にもYahoo!検索やBing検索などがありますが、こちらは別の会社が提供している類似サービスです。(*Yahoo!検索は、2011年よりGoogleの検索システムを利用しています。そのため、名前は異なりますがGoogle検索とYahoo検索の検索結果には、ほとんど違いがありません。)

スマホの「Chrome」「Safari」とは?


Androidには「Chrome」というアプリが、iPhoneには「Safari」というアプリが最初から入っています。(*ちなみにパソコンではChromeをGoogle Chrome(グーグル・クローム)と呼びます。)

どちらも開くとGoogleという表示が出るので、これもまたGoogle検索やGoogleアプリと混同しやすいポイントです。

ChromeとSafariは「インターネットのページを見るためのアプリ」です。このようなインターネットのページを見るアプリはGoogle ChromeやSafari以外にもたくさんあり、全てまとめて「ブラウザアプリ」と呼ばれます。

ではアプリの起動後に出てくる「Google」という表示は何かと言うと、これは単にすぐにインターネット検索ができるように「Google検索」のサービスのページが最初に表示されるよう設定されているだけです。

そのため、設定を変えればGoogle検索以外のページが最初に出るようにすることもできます。

ややわかりにくいかもしれませんが、「普通にGoogle検索をしたい時はGoogle ChromeやSafariを使えばいい」と覚えておけば大丈夫です。

ではGoogleアプリとは何か?


Androidスマホを使っている場合、おそらくアプリ一覧の中に「G」と書かれたアイコンのアプリがあると思います。これが「Googleアプリ」です。

iPhoneの場合はApp StoreからGoogleアプリをインストールすることで使用できるようになります。

GoogleアプリはGoogleが提供する、情報収集や検索の利用を手助けするスマホ用アプリです。

Google検索と名前やアイコンが似ていて混同しやすいですが、Googleアプリは「Google検索をもっと使いやすくするためのアプリ」だと考えるとわかりやすいかと思います。

Googleアプリ特有の機能

Googleアプリには、以下のような他のブラウザアプリ(ネットを見るためのアプリ)にない機能が数多くあります。

  • 位置情報を利用して天気や交通情報などを自動で表示する・・・
    天気や渋滞情報、電車の時刻などを現在地に合わせて自動で表示します。また興味のあるニュースや情報をカスタマイズすることで自動で取得させることもできます。
  • 音声検索・・・
    「オッケーグーグル」と話しかけてから調べたいこと・Googleアプリにしてほしいことを喋るだけでインターネット検索やアプリの操作ができます。
  • お店や観光地の情報・経路を調べる・・・
    お店の営業時間や行き方、評判などを簡単に調べることができます。また「近くの〇〇」と検索すると現在地の近くにあるお店や施設を検索できます。
  • メールの送信・電話・予定の変更・リマインダーの設定・・・
    「メールして」「電話して」「カレンダーにセット」「リマインド」等の言葉を入れた文章を、テキストまたは音声で入力することでスマホの操作や予定の変更が行なえます。
  • 配達物の追跡や予約したフライト情報の確認・・・
    Gmailと連携させることで、配達物の追跡情報や予約しているフライトの情報を自動で取得します。

違いをまとめると・・・

  • Google検索はGoogleという会社が提供するインターネット検索サービスのこと
  • GoogleアプリはGoogle検索をより便利に使うためのアプリ
  • 普通にインターネット検索をしたい時はGoogle ChromeやSafariを使う

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)