Windows10で「このページを表示できません」が頻発する時の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「メールなどのアプリケーションは正常に動くのに、ブラウザを起動すると“このページを表示できません”というエラーが出てしまう…」

このような症状がWindows10利用者を中心に現在報告されています。Windows10に導入されているブラウザといえば、Internet Explorer11とEdge。この2つを使用する場合、どこを改善すればエラー症状は治まるのでしょうか?

そこで今回は、Windows10ユーザー向けに「Internet Explorer11・Edgeを使用中、“このページを表示できません”というエラーメッセージが頻発する際の対処法」について、調査してまとめてみました。

まずは「再起動」とブラウザの切り替え

再起動
まずは、ブラウザ・パソコンを一度再起動しましょう。再起動をするだけで元通りになる可能性は大いにあります。

また、ブラウザの相性が原因で一部ページが表示されないケースもあります。他のブラウザ(Google chrome・Firefox・Operaなど)を使用してページが表示されるのか確認してみましょう。

ルーターの再起動・アップデートを試そう

saikido_ruta
Internet Explore11・Edgeともにエラー画面が発生している場合、ルーターを再起動することでエラーが解消されるケースもあります。

ルーターに電源ボタンがある場合はOFFに、ない場合は電源のコンセントを抜いてください。1分程度待ってから再度ルーター → パソコンの順に電源を付ければOKです。

また、ルーターのファームウェアに不具合があってインターネット接続が不安定になる場合も考えられます。

ファームウェアの不具合がメーカーに報告されていれば、修正したバージョンが配布されています。

ルーターのファームウェアのバージョンを確認して、古い場合はアップデートを試してみましょう。

ウィルス対策ソフトを一旦オフにしてみる

ウィルス対策停止
Windowsにインストールしているウィルス対策のソフトがブラウザの通信を妨害していることが稀にあります。

一旦ウィルス対策ソフトを停止して、ページが表示できないか確認してみましょう。

症状が改善した場合は、ウィルス対策ソフトの修正アップデートがないか確認してください。

もしアップデートがない場合は、Windowsのデフォルトのファイアウォールに戻してみましょう。

アップデート後にEdgeでページが表示できない時は?

windows10へとアップデートしたことが原因で、Edgeブラウザにてエラーが発生することが、一部ユーザーより報告されています。

この問題に対する回答がMicrosoftのコミュニティ内にあります。

ただし上記の手順を試しても解決できない方もいるようですので、その他の下記解決方法について最後にご紹介します。

「TCP Fast Open」をオフにしてみる

tcp fast openオフ
EdgeにはIE11にないページを素早く読み込む機能として「TCP Fast Open」が追加されました。

ページの読み込みが早くなるので助かりますが、この機能が原因でページが表示できないが頻発するケースがあるようです。

EdgeのTCP Fast Openをオフにするには、アドレスバーに「about:flags」と入力して開発者向け設定を表示します。

ネットワークの項目にある「TCP Fast Openを有効にする」のチェックをオフにして症状が改善されないか確認してみましょう。

ルーターの相性が悪いことも

rp_380x205.jpg
Wi-Fiやゲートウェイに使っているルーターがWindows10に対応していないため、ページが表示できない場合があります。

対応していないルーターでも正常に使える場合が多いですが、一部のルーターではアップデート後に使えなくなったという報告もあります。

そのため、今使用しているルーターが古い場合は、Windouw10対応かどうかを確認して買い替えを検討してみましょう。

>>Amazonで人気のルーターはこちら

Edgeのキャッシュを削除してみる

edgeのキャッシュクリア
ブラウザの「キャッシュ」の削除で状況が改善する可能性があります。ブラウザ右上の「三点リーダ(…)のアイコン」をクリックし「設定」を開きます。

次に、「閲覧データのクリア」項目より「クリアするデータの選択」をクリック。最後に「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れて、クリアを押しましょう。

「すべてクリアされました」というメッセージが表示されれば、操作完了になります。

IE11でページを表示できない時の対処法

拡張保護モードを無効にしてみる

拡張保護モード
IE11には「拡張保護モード」という機能が搭載されています。このモードは、外部からの不正なアクセスやシステム設定の強制変更、セキュリティ上問題のあるソフトウェアのインストールを防ぐセキュリティ機能です。

この機能、デフォルトで有効になっているのですが、有効になっているとIE11の機能そのものも制限されてしまいます。

そのため、拡張保護モードが原因でWebページの表示ができない、ということも起こり得ます。一度、無効にしてページが表示されるようになるか確認しましょう。

IE11の拡張保護モードをオフにする手順

IE11の右上のツール(歯車アイコン)をクリックし、「インターネットオプション」を選択しましょう。

インターネットオプションが表示されると、「詳細設定」タブの中に「拡張保護モードを有効にする」という項目があるはずなので、チェックを外してみましょう。最後にOKを押して、ブラウザを再起動すれば反映されます。

ページが閲覧可能になる可能性もある策ですが、その分セキュリティレベルを落としてしまいます。ウイルス対策ソフトを導入されていない方は、気を付けましょう。

アドオン(拡張機能)をオフにしてみる

アドオンの管理
ブラウザに様々な機能を付けることのできるアドオン。とても便利なものですが、アドオンが原因によりWebページ表示に悪影響を及ぼしていることも考えられます。」

アドオンを無効にして、ページ閲覧ができるかどうか確認をしてみましょう。

IE11のアドオンをオフにする手順

先ほどと同じく歯車アイコンのツールをクリックしましょう。「アドオンの管理」を選択し、表示のボックスから「すべてのアドオン」を選びます。

すべてのアドオン画面からそれぞれの有効・無効を設定することができます。一度、すべてのアドオンを無効にしてみましょう。

エラーメッセージが解消された場合、導入・有効にしていたアドオンのどれかがエラーの原因ということになります。1つずつアドオンを有効にしてみて、どれが原因であるかを特定してみましょう。

コメント

  1. 小林史和 より:

    私も1週間くらい前から同じ症状になりました。
    IE11やGoogleでは閲覧できるのにEdgeのみ、急に閲覧できないという状況です。
    いろいろ調べて、ウイルス対策ソフトのアプリケーションのブロック状況をよく見てみたら、「microsoftedgecp.exe」というものがブロックされていたので、これを削除したら回復しました。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)