Macでスクリーショットできない・保存されない時の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Macでは特別なアプリを使用しなくても簡単にスクリーンショット(パソコンに表示されている画面を画像として保存する)を撮ることができます。

しかし、やり方も知っていて手順通り正しく操作しているはずなのにスクリーンショットが撮れない、あるいは今まで撮れていたのにある日突然できなくなってしまったというケースも時々あるようです。

そのため、この記事ではMacでスクリーンショットを撮ることができない・保存されない時の対処法について紹介します。

今表示されているMacの画面を撮りたい!という機会は意外とあるものですし、操作も難しくないので、使ったことがない方はぜひ覚えて活用してみてくださいね。もちろん、やり方もこの記事で解説します!

Macでスクリーンショットを撮る方法をおさらい

macのスクリーンショット
まずはMacの基本的なスクリーンショットの撮り方です。

キーボードで「command」「shift」「3(数字の)」キーを同時に押します。

以上の手順で、Macに表示されている画面がそのまま画像として保存されます。

撮ったスクリーンショットの保存先は、デフォルトではデスクトップにあるはずですので確認してみましょう。

画面の一部だけスクリーンショットを撮りたい時は?

macのスクリーンショット2
もしパソコンの画面全体ではなく、画面の一部のみを画像にしたい場合は以下のように操作します。

  1. キーボードで「shift」「command」「4(数字の)」キーを同時に押します。
  2. カーソルが十字のポインタに変化します。スクリーンショットとして撮りたい範囲の端にカーソルを当て、そのままドラッグしてスクリーンショットの範囲を指定します。
  3. 範囲が決まったらドラッグしているボタンを離します。

正しく保存できていればこれで完了です。デスクトップに画像が保存されているはずですので確認してみましょう。

ウィンドウを指定してスクリーンショット

macウィンドウのスクリーンショット
なお、カーソルが十字ポインタになっている時にスペースバーを押すとウインドウ選択モードになり、ウインドウやアプリの範囲をきれいに切り取ることができるようになります。

ドラッグを使った範囲指定がうまくいかない時や、指定範囲の微妙なずれが気になる時にはこちらの方法がおすすめです。

保存したスクリーンショットは普通のpng形式の画像ファイルですので、通常の写真や画像と同じように使用すれば良いでしょう。

撮った画像がデスクトップに保存されない時は

スクリーンショットの保存先を変更
スクリーンショット自体は撮れているはずなのに保存した画像が見つからない……そういう時は画像の保存先を再設定しましょう。

  1. アプリケーション一覧からユーティリティフォルダを開きます。
  2. 「ターミナル」アプリを起動します。
  3. 表示された画面にそのまま以下のコマンドをそのまま入力してEnterを押します。
    defaults write com.apple.screencapture location ~/Desktop
  4. 次に変更した設定を適用させるため、以下のコマンドを入力してEnterを押します。
    killall SystemUIServer

これで設定は完了です。ターミナルを終了してもう1度スクリーンショットを撮ってみてください。コマンドを使用する必要があるのでやや複雑ですが、高度な知識や技術は必要ありませんので1度試してみてください。

保存先をデスクトップ以外に変更したい時は?

スクリーンショットの保存先をデスクトップ以外にしたい場合は、上の手順のターミナルのコマンド時に以下のようにディレクトリのパスを変更して実行します。

defaults write com.apple.screencapture location 好きなフォルダパス

存在していないフォルダを指定するとエラーで設定できないので、あらかじめ保存先のフォルダを作成してからコマンドを実行しましょう。

ちなみに、フォルダのパスは、Finderでフォルダを選択して「コマンド」+「オプション」+「C」キーを同時に押すとパスをコピーできます。

スクリーンショットが撮れなくなった時の対処法

手順通りに操作しているのにスクリーンショットが撮れない、もしくは撮ったはずの画像がデスクトップに表示されていないというのであればなんとかしなくてはなりません。

次の項ではそのような場合の具体的な対処法を紹介していきます。

環境設定を確認する

macのショートカットをデフォルトに戻す
まずはショートカットの設定を確認してみましょう。以下の手順で操作します。

  1. 上部のアップルメニュー(リンゴマーク)をクリックします。
  2. 表示されたメニューから「システム環境設定」を選んでクリックします。
  3. 一覧から「キーボード」の項目を探してクリックします。
  4. 「ショートカット」のボタンをクリックします。
  5. 左のリストにある「スクリーンショット」をクリックします。
  6. 「デフォルトに戻す」ボタンをクリックします。
  7. 右のリストにある項目すべてにチェックが付いていることを確認し、設定画面を閉じます。

この状態でもう1度スクリーンショットを試してみてください。もしまだ直っていなければ次の対処法を試してみます。

NVRAMクリアを試してみる

nvramリセット
次にMacのNVRAMクリアを行います。NVRAMクリアは、ハードウェアに関する設定情報をリセットするための操作で、キーボードの異常が原因の場合はこの操作で直る可能性があります。

  1. Macの電源を切ります。
  2. もう1度Macの電源を入れ直したら、すぐに「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時に押し、そのまましばらく待ちます。
  3. 20秒ほど経過すると起動音が鳴るので、音が聞こえたらキーを離します。

他のアプリのショートカット設定を確認する

他のアプリケーション
非公式のスクリーンショットアプリなど、同じショートカットキーを使用しているアプリがインストールされているとそのアプリが原因でスクリーンショットが撮れなくなってしまうことがあります。

もしあるソフトやアプリをインストールしてからスクリーンショットが機能しなくなった場合には、最近インストールしたアプリを1度削除してみてください。もしくはそのアプリのショートカット設定を見直してみてください。

それでも直らない場合は

プレビューアプリからスクリーンショットを撮る
Macのショートカット機能を使うことに強いこだわりがなければ別のスクリーンショットアプリなどを使用するのも1つの手です。

たとえばMacには「プレビュー」いう、画像・PDFファイルなどを編集できるアプリが標準でインストールされています。「プレビュー」を起動して「ファイル」→「スクリーンショットを撮る」からスクリーンショットを撮ることができます。

しかし、ショートカットからスクリーンショットをどうしても使いたいけど、原因がわからないような場合は、OSのクリーンインストールを行うのが確実です。ただし、クリーンインストールはMacの中身が空っぽになってしまうため、ファイルのバックアップを取ってから行いましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)