Windows10 – デスクトップ背景の壁紙が変更できない原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のデスクトップの背景画像は、通常の設定画面から変更できます。

しかし、正しい手順で操作したにもかかわらずエラーが表示されて変更できなかったり、変更したはずなのに変更後の画像に切り替わらなかったりするトラブルが報告されています。

単なる画像の設定とはいえ問題の原因が特定しにくいことが多く、想像以上に解決に時間と手間がかかってしまうことは少なくありません。

今回は、Windows10のパソコンのデスクトップ背景・壁紙が変更できない時の対処方法について紹介します。

対処1: 背景画像の表示設定を確認する

まずディスプレイの設定で背景表示が無効化されていないか確認します。

  1. コントロールパネルを開きます。コントロールパネルを開くには「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧の中にある「Windowsシステムツール」フォルダを開いて「コントロールパネル」をクリックします。
  2. 「コンピュータの簡単操作」をクリックします。もしそのような項目が見つからない場合はウィンドウ右上にある「表示方法」の設定を「カテゴリ」に変更します。
  3. 「視覚ディスプレイの最適化」をクリックします。
  4. 画面を下へスクロールし、「背景のイメージを削除します」の設定項目を確認します。もしチェックが入っていればチェックを外して「適用」ボタンをクリックします。

スライドショーを使用する場合は電源オプションも確認

デスクトップの背景にスライドショーを使用したい場合は電源オプションの設定もご確認ください。

  1. コントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」をクリックします。
  2. 「電源オプション」をクリックします。
  3. 選択されている電源プランの項目にある「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 電源オプションウィンドウが開きます。「デスクトップの背景の設定」ツリーを開き、「スライドショー」の設定が無効になっていれば有効に変更します。
  6. 「適用」をクリックした後ウィンドウを閉じます。
  7. 「変更の保存」をクリックして電源オプションの設定変更を保存します。

なおWindowsのライセンス認証が済んでいなければ壁紙の変更はできないのでご注意ください。

もしデスクトップの右下に「ライセンス認証を行ってください」の透かしが表示されている場合は、次のページを参考に認証手続きを行います。

対処2: 画像ファイル本体の状態を確認する

壁紙に設定したい画像ファイルに問題がないか確認します。Windowsのデフォルトの壁紙画像やパソコンに保存されている他の画像を壁紙に設定してみて、画像が変更できるか試します。

もし変更できない場合は画像ファイルではなくパソコンのシステム側に問題があるケースが多いので、【対処3】以降の方法をお試しください。

特定の画像以外は使用できるという場合には、画像ファイルそのものに問題があることが考えられます。カメラに元の写真データがある場合は再転送する、インターネットからダウンロードした画像であれば再ダウンロードする等の方法を試してみてください。

拡張子も確認

画像ファイルの拡張子もご確認ください。一部の形式の画像ファイルは壁紙に使用できない場合があります。

.jpg .jpeg .bmp .dib .png .jfif .jpe .gif .tif .tiff .wdp

壁紙に設定できる画像ファイルの拡張子は上記のとおりです。

対処3: 壁紙のキャッシュファイルを再作成する

ここまでの方法で解決しなければ設定情報またはシステムファイルに問題がある可能性が高いです。

次の手順で壁紙の設定用キャッシュの削除を試してみてください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに次のフォルダパスを入力し、OKをクリックします。
    %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Themes\
  3. 表示されたフォルダの中にあるtranscodedwallpaperというファイルを削除します。
  4. 同じフォルダの中にあるslideshow.iniファイルを右クリックします。そして右クリックメニューから「編集」を選択します。
  5. ファイルの中に書かれている内容をすべて削除して白紙の状態にし、上書き保存をします。
  6. パソコンを再起動します。通常通りの手順で壁紙の設定を行い問題が解決したか確認します。

フォルダが開けない、または上記のうち一部のファイルが表示されない場合は、隠しファイルが非表示設定になっていることが考えられます。

エクスプローラ(フォルダウィンドウ)を開き、上部メニューの「表示」タブを開いて「隠しファイル」のチェックボックスにチェックが入っていることをご確認ください。

対処4: システムファイルの破損をチェックする

続いてsfcコマンドとdismコマンドを使用してシステムファイルの破損をチェックします。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが表示されたら、画面にそのまま次のコマンドを入力してエンターキーを押します。
    $ DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. 続いて次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    $ sfc /scannow
  4. PowerShellウィンドウを閉じ、パソコンを再起動します。

対処5: レジストリ編集で壁紙変更を有効化する

上記の方法で解決しない場合はレジストリ編集を利用して壁紙を初期化します。

レジストリ編集の操作を誤るとパソコンが起動しなくなる等の深刻なトラブルの原因になりますので、バックアップを取った上で慎重に編集を行ってください。バックアップの方法と復元については次のページを参考にして下さい。

レジストリのバックアップができたら、次の手順でレジストリの変更を試します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. ウィンドウが表示されたらregeditと入力します。
  3. レジストリエディタが開いたら、ウィンドウ左側のツリーを使用して次の階層まで移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop
  4. ウィンドウ右側のリストからWallpaperの項目を探してダブルクリックします。
  5. 「文字列の編集」ウィンドウが表示されます。「値のデータ」入力欄に次のファイルパスを入力します。
    C:¥Windows¥Web¥Wallpaper¥Windows¥img0.jpg
  6. OKをクリックしてウィンドウを閉じます。
  7. パソコンを再起動し、壁紙が初期化されたか確認し、また壁紙が変更できるようになったかどうか試します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)