Windows10 – 仮想メモリの不足が出た時の対策方法・最適な推奨設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10には、物理メモリ(RAM)に加えて仮想メモリの技術が使われています。仮想メモリのサイズは、初期設定では自動的に管理する設定になっています。

しかし、パソコンを利用していると「仮想メモリが不足しています」の警告メッセージが出るケースがあります。

今回は、Windows10で仮想メモリの不足メッセージが出た時の対処方法を紹介します。

仮想メモリは、手動で最適な設定にすることでPCをのパフォーマンスも向上するケースもあるため参考にしてみて下さい。

対策1: 仮想メモリを手動で設定する

まず、すぐにできる対策は、仮想メモリを手動で設定して上限を上げることです。

Windows10で仮想メモリの設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. 「スタート」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 関連設定から「システム情報」をクリックします。
  3. 左メニューから「システムの詳細設定」をクリックします。
  4. パフォーマンスの「設定」をクリックします。
  5. 「詳細設定」タブをクリックします。
  6. 仮想メモリの「変更」をクリックします。
  7. 「全てのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外します。
  8. SSD・HDDの構成に最適な仮想メモリを設定します。
    • 複数のSSD(もしくはHDD)がある場合
      1. 「別のドライブ(D:など)」を選択して「カスタムサイズ」をオンにします。
      2. 「初期サイズ」「最大サイズ」に同じ値を設定します。
        • 仮想メモリのサイズは、物理メモリの0.5〜1倍の値がおすすめです。
        • 「初期サイズ」「最大サイズ」は同じサイズ値を設定して下さい。
      3. 「設定」をクリックします。
      4. 「システムで使用しているドライブ(C:など)」を選択して「ページングファイルなし」をオンにします。
      5. 「設定」をクリックします。確認メッセージが出るので「はい」をクリックします。
    • SSD(もしくはHDD)が1つの場合
      *1つのディスクがパーテーションで区切ってある場合もこちらの設定が推奨です。
      1. 「システムで使用しているドライブ(C:など)」を選択して「カスタムサイズ」をオンにします。
      2. 「初期サイズ」「最大サイズ」に同じサイズ値を設定します。
        • 仮想メモリのサイズは、物理メモリの0.5〜1倍の値がおすすめです。
      3. 「設定」をクリックします。
  9. 仮想メモリの設定ができたら「OK」をクリックします。

対策2: 物理メモリを増やす

仮想メモリの不足が警告として出る場合は、物理メモリの上限を使用しているアプリケーションに必要なメモリ量が超えている状態です。

そのため、単純にメモリを増設して物理メモリを増やすことで、仮想メモリの不足を回避することができます。

メモリは、デスクトップPC、ノートPC共に増設できる機種が多いです。詳しくは、機種のメーカーページからスペック情報の以下の項目を確認して下さい。

  • 最大メモリ
    • 最大メモリが現在の物理メモリよりも多い場合は、メモリを増設することができます。
  • メモリの空きスロット
    • 空きスロットがない場合でも、既存のメモリと差し替えることで増設することができます。

物理メモリが増設できることが確認できたら、メモリの増設を検討してみて下さい。増設の手順については次のページを合わせて参考にして下さい。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)