勝手に自動起動するMicrosoft Edgeを停止する対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPC起動時に、Microsoft Edgeが勝手に自動起動してしまうケースがあります。

また、WebページのリンクやPDFなどの特定のファイルを開くとEdgeが勝手に起動してしまうケースもあります。

本記事では、パソコンの起動直後や使用している際に、Microsoft Edgeが勝手に起動してしまう時の対処方法について詳しく紹介します。Edgeを自動起動させないように設定したい場合は、参考にしてみてください。

対処1: Edgeの事前読み込みを無効にする

Edgeが勝手に起動しないようにする最も確実な方法は、Edgeの事前読み込み(プリロード)の設定を無効に変更することです。

Edgeの事前読み込み設定は、グループポリシーかレジストリを編集して無効にすることができます。それぞれの方法の手順を紹介します。

方法1: グループポリシーで無効にする

グループポリシーを利用する場合は、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 左ペインのツリーを「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Microsoft Edge」の順に開きます。
  4. 右ペインで「Windowsの起動およびMicrosoft Edgeを閉じるたびに、Microsoft Edgeを起動してスタートページと新しいタブページを読み込むことを許可する」をダブルクリックします。
  5. オプションを「無効」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してポリシー設定を反映します。

方法2: レジストリで無効にする

グループポリシーを利用できない場合は、レジストリエディタを使用して設定を変更します。

注意: レジストリ編集は操作を誤るとパソコンが正常に動作しなくなる等のトラブルを起こすことがあるため、レジストリのバックアップや復元ポイントを作成してから操作を行ってください。
  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが開きます。ウィンドウ左のツリーで次のキー(フォルダ)を開きます。
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft
  4. 「Microsoft」フォルダを右クリックし、「新規」→「キー」を選択します。
  5. 「新しいキー」の名前を「MicrosoftEdge」に変更します。
    • キーの名前を変更するには、新しいキーの作成直後にそのまま入力するか、「新しいキー」の項目を右クリックしてから、右クリックメニューより「名前の変更」を選択してください。
  6. 作成した「MicrosoftEdge」フォルダを右クリックし、「新規」→「キー」を選択します。
  7. 「MicrosoftEdge」フォルダの下に「新しいキー」が作成されます。「新しいキー」の名前を「Main」に変更します。
  8. 「Main」フォルダを右クリックし、「新規」→「DWORD (32ビット)値」を選択します。
  9. ウィンドウ右側に「新しい値」が作成されます。「新しい値」の名前を「AllowPrelaunch」に変更します。
  10. 「AllowPrelaunch」をダブルクリックします。「値のデータ」を「0」に変更して「OK」をクリックします。
    • 既に「0」が設定されていれば、そのまま「OK」または「キャンセル」をクリックしてください。
  11. 左側のツリーの操作に戻ります。「MicrosoftEdge」フォルダを右クリックし、「新規」→「キー」を選択します。
  12. 「新しいキー」の名前を「TabPreloader」に変更します。
  13. 「TabPreloader」フォルダを右クリックし、「新規」→「DWORD (32ビット)値」を選択します。
  14. 「新しい値」の名前を「AllowTabPreloading」に変更します。
  15. 「AllowTabPreloading」をダブルクリックして値の編集ウィンドウを表示します。
  16. 「値のデータ」が「0」になっていることを確認して「OK」をクリックします。
  17. レジストリエディタを終了し、パソコンを再起動します。

以上の手順でEdgeの事前読み込みを無効化することができます。PCが再起動できたらEdgeが勝手に起動しないか確認してください。

対処2: スタートアップの登録を解除する

スタートアップに登録していることが原因で、パソコンの起動直後にEdgeが自動起動してしまうケースが考えられます。

そのため、次の手順で「スタートアップ」フォルダとスタートアップ設定にEdgeが登録されていないか確認して解除してください。

方法1: 「スタートアップ」フォルダ内のEdgeを削除する

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「shell:startup」と入力して「OK」をクリックします。
  3. スタートアップフォルダが開きます。フォルダ内にMicrosoft Edgeのショートカットがある場合は、アイコンを右クリックして「削除」してください。

方法2: スタートアップ設定でEdgeを無効にする

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「タスクマネージャ」を選択します。
  2. タスクマネージャウィンドウが表示されます。ウィンドウ左下にある「詳細」をクリックして詳細表示に切り替えます。
    • 既に詳細表示になっていればこの手順は飛ばしてください。
  3. ウィンドウ上部にある「スタートアップ」タブをクリックして開きます。
  4. 一覧に「Microsoft Edge」がある場合は、右クリックして「無効化」を選択してください。

以上の手順でEdgeのスタートアップの登録を解除することができます。

対処3: デフォルトブラウザの設定を変更する

デフォルトブラウザとしてEdgeが設定されていると、リンクを開く操作を行う際にEdgeが自動で起動してしまいます。

また、PDFなどの特定のファイルを開いた時にEdgeが起動してしまう場合は、拡張子に関連付けるアプリとしてEdgeが設定されていることが考えられます。

上記の問題が、次の手順で既定のアプリの設定を変更することで解決できます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 左ペインで「既定のアプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「Webブラウザ」の下のアイコンをクリックして、「アプリを選ぶ」メニューから「デフォルトとして設定したいブラウザ」を選択します。
  4. 特定のファイル(PDF等)を開いた時にEdgeが起動してしまう場合は、続けて「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックします。
  5. 拡張子の一覧が表示されるので、「Edgeが起動するファイルの拡張子」の右側のアプリアイコンをクリックして「関連付けるアプリ」に変更します。
    • : PDFファイルをEdgeではなくAcrobat Readerで開くようにするには、「.pdf」の右のアプリアイコンをクリックして「Adobe Acrobat Reader」を選択します。

対処4: デバイスの自動セットアップ設定を無効にする

サインインオプションのデバイスの自動セットアップ設定は、パソコンを起動した時にシャットダウン直前の状態を復元しようとする機能です。

上記の機能が原因で、パソコンを再起動してもEdgeがバックグラウンドで勝手に起動し続けててしまうケースがあります。

そのため、次の手順でデバイスの自動セットアップの設定を無効にしてみてください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「設定」を開きます。
  2. 「アカウント」をクリックします。
  3. 左メニューより、「サインインオプション」をクリックします。
  4. ウィンドウ右側を少し下へスクロールし、「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします」のスイッチを「オフ」にします。

対処5: スポットライトを無効にする

Windowsの起動直後のロック画面からEdgeが勝手に起動してしまう場合は、Windowsのスポットライト機能が原因として考えられます。

スポットライトとは、パソコンのロック画面にランダムな風景画像を表示する機能のことです。スポットライトの画像をクリックするとEdgeが起動して風景の詳細情報などが表示されます。

上記の機能を無効にするには、スポットライト機能を無効にするか、スポットライトで開くブラウザの設定を変更します。

方法1: 背景設定でスポットライトを無効にする

スポットライトの機能自体が不要な場合は、次の手順で機能を無効化してください。

  1. デスクトップの何もない場所で右クリックして「個人用設定」を選択します。
  2. 左ペインで「ロック画面」をクリックします。
  3. 右ペインの「背景」設定の「Windowsスポットライト」をクリックして「画像」または「スライドショー」に変更します。
    • 「画像」を選択した場合は「画像を選んでください」の下に表示されるサムネイルからロック画面に表示する画像をクリックして選択します。
    • 「スライドショー」を選択した場合は「スライドショーのアルバムを選ぶ」の下に表示されるリストからロック画面の表示に使用する画像フォルダを指定します。

以上でロック画面のスポットライトを無効化することができます。

方法2: スポットライトでサードパティのコンテンツを許可する

スポットライトを有効にしたまま、起動するブラウザをEdge以外のブラウザにしたい場合は、次の手順でグループポリシーを変更します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 左ペインのツリーを「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「クラウドコンテンツ」の順に開きます。
  4. 右ペインで「Windowsスポットライトではサードパーティのコンテンツを提案しない」をダブルクリックします。
  5. オプションを「無効」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動して設定を反映します。

以上で、スポットライトからWebページを開く際にEdgeではなく規定のブラウザが起動するようになります。

対処6: Windows Updateを実行する

ここまでの対処を試してもEdgeが勝手に起動してしまう場合、EdgeやWindowsのバグ・不具合が原因として考えられます。

過去にも、特定のバージョンのEdgeが勝手に自動起動してしまう不具合がMicrosoftコミュニティに報告されています。

そのため、Windowsのバージョンが古い場合は、次の手順でWindows Updateを実行してWindowsを最新の状態にしてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 更新プログラムがあった場合は、「ダウンロード」もしくは「再起動する」ボタンをクリックしてアップデートを完了してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)