Macbook – キーボードの一部が反応しない/効かない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Macbookを使っていると、突然一部のキーが反応しなかったり、効かなくなってしまうケースがあります。

キーボード本体が故障してしまっていて修理する他ないケースもありますが、意外にも簡単な設定変更やリセット等であっさり解決できることもあります。

本記事では、MacBookを利用している時に特定のキーだけが反応しない・文字が入力できない時の対処法を紹介します。

Macbook Air、Macbook Proであっても対処方法は共通です。

対処1: キーボードの清掃を行う

Macbookのキーボードの隙間に入り込んだゴミやホコリが原因で、キーボードの一部のキーの反応が悪くなったり、反応しなくなるケースがあります。

エアダスター等を使用して、Macbookのキーボードを清掃してみて下さい。

キーボードの清掃手順についてはAppleのサポートページにて詳しく解説されています。

清掃を行っても改善しない場合は、キーボードの初期不良が考えられます。Appleの修理プログラムの対象になっている場合があるため、次の対処を確認して下さい。

対処2: リコール対象モデルかどうか確認

MacBookの一部のモデルではバタフライキーボードの不具合が確認されています。

バタフライキーボードは、細かいホコリやゴミが入り込むと、入力ができなくなったり、連続でキーが入力される不具合が出ることが報告されています。

Appleから修理プログラムが提供されているので、該当モデルを利用しているのであれば無償修理を依頼してください。プログラムの詳細と対象モデルについては次のページから確認できます。

無償修理を依頼する場合はApple Storeへの持ち込み修理、または配送修理になります。詳しい依頼手順は上記リンク先の「修理手続き」の項目に記載されていますのでご確認ください。なお、プログラムの適用可能期間は対象モデルの発売日から4年間です。

対処3: マウスキー機能をオフにする

U, J, K, O, L, 7, 8, 9等のキーの動作がおかしい時や、キーを入力した時にマウスカーソルが動いてしまう場合には、マウスキー機能が原因でキーボードの一部が反応しなくなっているケースが多いです。

また、マウスキー機能をオフにしていた状態でも、Optionキーを連続で押すショートカット機能でマウスキーが有効になってしまいます。

そのため、次の手順でマウスキー機能のオフと無効化を行って下さい。

  1. 画面上部にあるリンゴアイコンをクリックしてアップルメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「アクセシビリティ」をクリックします。
  3. 左側のリストから「ポインタコントロール」を探してクリックします。
  4. 「代替コントロール方法」タブをクリックします。
  5. 「マウスキーを有効にする」のチェックを外します。
  6. 「オプション」ボタンをクリックし、「Optionキーを5回押してマウスキーの入/切を切り替える」のチェックを外してください。

以上で、マウスキー機能が無効になるため、特定のキーが正常に反応するようになったか確認してください。

対処4: スローキー機能をオフにする

キーの反応が鈍いと感じる場合や、突然キーが反応しなくなる現象がランダムに起きるというような場合は、スローキー機能が原因になっているケースが考えられます。

次の手順でスローキー機能の設定を確認してみてください。

  1. アップルメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「アクセシビリティ」を選択します。
  3. 左のリストから、「キーボード」を選択します。
  4. 「ハードウェア」タブ内にある、「スローキーを有効にする」のチェックを外します。

スローキーの機能をオフにできたら、再度キーボード入力を確認して下さい。

対処5: NVRAM/PRAMリセットを行う

Macの設定に問題があり、キーボード入力に問題が起きているケースがあります。

そのため、NVRAMとPRAMのリセットを行って、Macの設定情報をリセットしてみて下さい。原因によってはキーボードに関するトラブルを解決できることがあります。

NVRAM及びPRAMをリセットするには、次の手順で操作します。

  1. Macの電源を切ります。
  2. 電源を入れ直したら、すぐに「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時に押し、そのまましばらくキーを押し続けます。
  3. Appleロゴが2回表示されたらキーを離します。これでNVRAMとPRAMのリセットは完了です。

NVRAM/PRAMのリセットについてはAppleのサポートページにも詳しい情報が記載されています。

対処6: SMCリセットを行う

MacbookのSMCリセットを試すことで、一部のキーが反応しないトラブルが解決できる可能性があります。

SMCリセットは、NVRAM/PRAMのリセットに似ていますが、キーボードの他、電源やバッテリー等のハードウェアの管理や制御に関する設定をリセットするためのリセット機能です。

MacbookをSMCをリセットするには次の手順で操作します。

  1. Macの電源を切ります。
  2. 電源が完全に切れたら、「shift」「control」「option」の3つのキーと電源ボタンを同時に10秒程押し続けます。
  3. すべてのキーを離します。
  4. 電源ボタンを押してMacの電源を入れます。

SMCリセットに関する詳しい情報については、Appleのページをご確認ください。

対処7: キーボードビューアで原因を調べる

キーボードビューアを使うとMacにキーの入力が伝わっているかどうかを確認することができ、問題の切り分けに役立ちます。

次の手順でキーボードビューアを有効にし、キーの入力を確かめてみてください。

  1. 画面上部のメニュー場にある入力メニュー(文字アイコン)をクリックし、「キーボードビューアを表示」を選択します。
    • キーボードビューアを表示の項目がメニューにない場合は、アップルメニューから「システム環境設定」→「キーボード」を開き、「メニューバーにキーボードビューアと絵文字ビューアを表示」にチェックを入れてください。
  2. キーボードビューアが表示されます。キーボード上のキーを押してみて、キーボードビューアの対応するキーの色が変わるかどうかを確認します。

キーボードビューアが反応する場合

  • 入力ソースの設定に問題がないかご確認ください。
  • ユーザアカウントを切り替え、他のアカウントでも同様の問題が発生するか調べてみてください。
  • Macの初期化や、クリーンインストールを試してみてください。

キーボードビューアが反応しない場合

キーボード本体が物理的に故障していることが考えられます。

特に「水をこぼしてしまった」等による水没は、マザーボードだけでなくキーボード故障にも繋がりやすいです。

水没させてしまった直後は問題なくても、時間経過により部品の腐食が進み、しばらく経ってから動作がおかしくなることもあります。

もし水没等の心当たりがあれば、早めにMacBook本体の診断と修理をを依頼することをおすすめします。

コメント

  1. 長谷川 より:

    突然MacBookの一部の文字が入力できなくなりました。
    パソコン苦手の私…めちゃくちゃパニック。
    色んなサイトを見て、色んな方法を試しましたが全然直らず…。
    しまいには新しいパソコンを買うか悩むハメに。
    夜中1時、こちらのサイトを見て手順通り進めたら、一発で治りました!!!
    心の底から感謝します\(^o^)/
    ありがとうございます!!!

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)