ALT+TABが効かない/ウィンドウが切り替わらない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10で「Alt + Tab」のショートカットキーを入力すると、起動中のウィンドウを別のウィンドウに瞬時に切り替えることができます。

しかし、「Alt + Tab」キーを同時押ししても、画面上で何も反応せずウィンドウの切り替えができないケースがあります。

今回は、Windows10で「Alt + Tab」キーを入力しても効かない/反応しない時の対処法について詳しく紹介します。

Alt + Tabが効かなくなる原因

Alt + Tabを入力してもウィンドウが切り替わらない場合、主に次のような原因が考えられます。

  • キーボードのAlt 、もしくはTabキーが物理的に故障している
  • エクスプローラーに一時的な問題が起きている
  • Windowsの設定に問題がある(マルチタスク、視覚効果、ホットキー)
  • Alt + Tab機能のレジストリに問題がある
  • PCに接続しているUSBデバイスが影響している

上記の原因ごとの対処方法について詳しく紹介していくので、順にAlt + Tabが機能しないか確認していってください。

キーボードが故障しているケースも考えられるため、まずはキーが故障していないか確認した上で他の対処方法を試すことをおすすめします。

対処1: キーボードの認識を確認する

キーボードに「Alt」もしくは「Tab」キーが故障していることが原因で、Alt+Tabによるウィンドウ切り替えが動作しないケースがあります。

キーボードの故障には、特定のキーのみ反応しなくなるケースもあるため念の為確認しておくことをおすすめします。

キーボードのAlt + Tabキー入力の認識を確認するには、次の手順で確認してください。

  1. 『Keyboard Checker』のページにアクセスします。
  2. 「Alt」キーと「Tab」キーをそれぞれ入力します。
  3. ページ上の「Alt」キーと「Tab」キーの色が変わったことを確認してください。

キーボードが反応していない場合は、キーボードが故障していることが考えられます。キーボードを交換するか、次のページを参考に対処を行なってください。

AltキーとTabキーの双方が正常に反応していることが確認できたら、次の対処方法に進んでください。

対処2: キーボード以外の不要なUSBデバイスを取り外す

PCに接続しているキーボード以外のUSBデバイスが原因で、Alt + Tabが効かなくなるケースがあります。

そのため、不要なUSBデバイス(キーボードやマウス以外)をすべてPCから取り外した状態で、Alt + Tabが機能しないか確認してください。

正常に動作した場合は、接続していたUSBデバイスに問題があることが考えられます。

1つずつデバイスをPCに接続して、Alt + Tabの動作に影響を与えているデバイスを特定してください。問題のデバイスが見つかったら、今後使用しないようにするか、代用できる別のデバイスの使用を検討してください。

対処3: エクスプローラーを再起動する

Windowsのエクスプローラーがフリーズなどで動作を停止している場合も、Alt + Tabを入力してもウィンドウの切り替えができなくなるケースがあります。

エクスプローラーに問題は、プロセスを再起動することで解決する場合が多いです。エクスプローラーを再起動するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を起動します。
  2. 「プロセス」タブを開いていることを確認します。
    • 簡易表示になっている場合は、左下の「詳細表示」をクリックして切り替えてください。
  3. 表示されるリストから「エクスプローラー」を探して右クリックして「再起動」をクリックします。
  4. 再起動をクリックするとデスクトップが一旦真っ黒になり、エクスプローラーが再起動して復旧します。

正常にエクスプローラーが復旧したら、Alt + Tabを入力してウィンドウの切り替えが動作するか確認してください。

対処4: Alt + Tabキーの対象設定を変更する

PCがデュアルディスプレイ、もしくはマルチディスプレイの環境の場合は、Windowsのマルチタスクの設定に問題があり、Alt + Tabが機能していないケースが考えられます。

複数のディスプレイを使用している場合は、マルチタスクの設定を変更する必要があります。次の手順でマルチタスク設定を確認してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「システム」を選択します。
  3. 左ペインから「マルチタスク」を選択します。
  4. 右ペインにある「Alt + Tabキーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する」のプルダウンから「すべてのデスクトップ」を選択します。
    • 既に「すべてのデスクトップ」が選択されている場合は、「使用中のデスクトップのみ」に切り替えてから再度「すべてのデスクトップ」に変更してみてください。

マルチタスクの設定が変更できたら、Alt + Tabが正常に動作するようになったか確認してください。

対処5: レジストリキーを追加する

ここまでの対処法を試しても直らない場合は、Alt + Tab機能に関連するレジストリキーを追加することで、ウィンドウの切り替えが正常に動作する可能性があります。

そのため、次の手順でレジストリエディタを開いてレジストリキーを追加してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を起動します。
  2. 「regedit」と入力してEnterを押し、レジストリエディタを起動します。
  3. 次のレジストリキーにアクセスします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer
  4. 右ペインの空白部分を右クリックし、表示されるメニューから「新規」>「DWORD(32ビット)値」の順に選択します。
  5. 名前を「AltTabSetting」に変更します。
  6. 作成した「AltTabSetting」をダブルクリックして、編集画面を開きます。
  7. 値のデータを「1」に変更し、「16進数」を選択します。
  8. 「OK」をクリックして完了です。
  9. PCを再起動してレジストリの設定を反映します。

PCが再起動できたら、Alt + Tabを入力してウィンドウが切り替わるか確認してください。動作が改善しない場合は、作成した「AltTabSetting」キーを削除して元に戻してください。

対処6: 視覚効果のプレビューを有効化する

PCによってはパフォーマンスオプションの視覚効果でプレビュー機能を有効化すると、Alt + Tabが動作するようになるケースがあります。

視覚効果のプレビュー機能を有効にするには、次の手順で設定します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 右ペインの関連設定で「システム情報」をクリックします。
  3. 左ペインで「システムの詳細設定」をクリックします。
  4. パフォーマンスの「設定」をクリックします。
  5. 「カスタム」オプションを選択して、リストから「プレビューを有効にする」の項目にチェックを付けます。
  6. 「OK」をクリックして完了です。

以上で、視覚効果のプレビュー機能を有効化することができます。Alt + Tabが正常に動作するようになったか確認してください。

改善しない場合は、設定を元に戻して次の対処方法を試してください。

対処7: ホットキーの有効/無効を切り替える

Windowsのホットキーの機能が原因で、Alt + Tabを入力してもウィンドウが切り替わらないケースがあります。

そのため、ホットキーの有効/無効の設定を切り替えることで、Alt + Tabが正常に動作する可能性があります。

ホットキーの設定を変更するには、グループポリシーエディタで
具体的な手順は以下のとおりなので、一度試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. ツリーを展開して「ユーザーの構成 → 管理用テンプレート → Windows コンポーネント → エクスプローラ」の順に開きます。
  4. 右ペインのリストから「Windowsキー ホットキーをオフにする」のポリシーをダブルクリックします。
  5. 「無効」を切り替えて「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してポリシーを反映します。
  7. PCが再起動したら、再度同じ手順で「Windowsキー ホットキーをオフにする」のポリシー設定を開いて「未構成」に戻して「OK」をクリックします。
  8. PCを再起動してポリシーを反映します。

有効/無効を切り替えてからPCが再起動したら、再度Alt + Tabが動作するようになるか確認してください。

対処8: キーボードのドライバーを再インストールする

キーボードのデバイスドライバーに問題が起きており、Alt + Tabが正常に動作しないケースが考えられます。

ここまでの手順でAlt + Tabが機能しない場合は、次の手順でキーボードドライバーの再インストールを試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックします。
  2. 「キーボード」のツリーを展開します。
  3. 「キーボードのドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 確認画面が表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動するとキーボードドライバーが自動でインストールされます。

キーボードのドライバーが再インストールできたら、再度Alt + Tabを入力してウィンドウが切り替わるようになったか確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)