ウィンドウのサイズが変更できない・元に戻る時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCではアプリケーションのウィンドウのサイズを自由に変更したり、最大化・最小化することができます。

しかし、ウィンドウのサイズを変更しようとしても変更できないケースがあります。また、ウィンドウのサイズを変更できても、ウィンドウを開き直すとサイズが記憶されず元に戻ってしまうケースもあります。

本記事では、Windows10でウィンドウのサイズが変更できない・元に戻る時の対処法について詳しく紹介します。

ウィンドウサイズが変更できない時の対処法

Windowsのウィンドウのサイズは、ウィンドウの端をドラッグすることで変更することができます。また、ウィンドウ右上のアイコンをクリックして最大化、最小化することができます。

しかし、ウィンドウの端をドラッグしてもサイズが変更できない場合や、最大化、最小化が機能しないケースがあります。

ウィンドウサイズが変更できない場合は、以下の対処方法を試してみてください。

対処1: タブレットモードを解除する

Windows10がタブレットモードに設定されている場合、ウィンドウのサイズを自由に変更できません。タブレットモードは、タッチパネルのみでWindowsを操作できるモードです。

タブレットモードは、アクションセンターの誤操作やキーボードの脱着などによって有効になっている場合があります。

そのため、次の手順でタブレットモードの設定を確認して、タブレットモードが有効になっている場合は解除してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、「システム」をクリックします。
  3. 左ペインから「タブレット」をクリックします。
  4. 右ペインの「タブレットの追加設定を変更する」をクリックします。
  5. タブレットモードのスイッチを「オフ」にします。
    • 自動的にタブレットモードになることを防ぎたい場合は、続けて以下の設定を行ってください。
      1. 左上の「←」をクリックして前の設定画面に戻ります。
      2. 「サインイン時の動作」のセレクトボックスを「タブレットモードを使用しない」に変更します。
      3. 「このデバイスをタブレットとして使用するとき」のセレクトボックスを「タブレットモードに切り替えない」に変更します。

以上の手順でタブレットモードを解除することができます。タブレットモードを解除できたら、ウィンドウサイズが変更できるようになったか確認してください。

対処2: ウィンドウの最大化を解除する

単純にウィンドウを最大化していることが原因で、ウィンドウサイズを変更できないケースが考えられます。ウィンドウを最大化した状態では、サイズを変更することはできません。

そのため、ウィンドウが画面いっぱいのサイズになっている場合は、最大化を解除してからウィンドウサイズの変更を試してください。

ウィンドウの最大化を解除するには、以下のいずれかの操作を行ってください。

  • 方法1: ウィンドウ右上の「元に戻す(四角が重なったアイコン)」をクリックします。
  • 方法2: ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックします。
  • 方法3: ウィンドウのタイトルバーを右クリックして「元のサイズに戻す」を選択します。
  • 方法4:: ウィンドウをクリックしてアクティブにしてから、「F11」キーを押すか、「Windows」キーを押しながら「下矢印」キーを押します。

ウィンドウの最大化を解除できたら、ウィンドウサイズを変更できるようになったか確認してください。

対処3: ディスプレイの設定を推奨設定にする

ディスプレイの拡大縮小率や解像度の設定に問題があることが原因で、ウィンドウサイズを変更できないケースがあります。

そのため、ディスプレイの設定を推奨設定に変更することで、ウィンドウサイズを変更できる可能性があります。

ディスプレイの設定を推奨設定に変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. デスクトップの何もない場所で右クリックして「ディスプレイ設定」を選択します。
    • 補足: 同じ操作は、「Windowsマーク」→「設定」→「システム」→「ディスプレイ」の順にクリックして行うこともできます。
  2. 右ペインで「拡大縮小とレイアウト」のセレクトボックスをクリックして「100%(推奨)」に変更します。
  3. 「ディスプレイの解像度」のセレクトボックスをクリックして「横サイズ × 縦サイズ(推奨)」に変更します。
    • 適切な解像度サイズはディスプレイによって異なります。(推奨)が表示されているサイズを選択してください。
  4. 「ディスプレイの設定を維持しますか?」」のメッセージが表示されたら「変更の維持」をクリックします。

上記の手順でディスプレイの設定を変更できたら、ウィンドウサイズが正常に変更できるようになったか確認してください。

対処4: グラフィックドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーに問題が起きていることが原因で、ウィンドウサイズが変更できないケースがあります。

そのため、グラフィックドライバーを再インストールして修復し、ウィンドウサイズの問題が解決されないか確認してください。

グラフィックドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ディスプレイアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「グラフィックドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 確認ダイアログが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
  5. ドライバーをアンインストールできたら、PCを再起動します。
  6. PCを再起動すると、グラフィックドライバーが自動で再インストールされます。

上記の手順でグラフィックドライバーを再インストールできたら、ウィンドウサイズが変更できるようになったか確認してください。

対処5: Windowsを最新版にアップデートする

Windowsのシステムまたはドライバーに不具合があることが原因で、ウィンドウサイズが変更できないケースが考えられます。

そのため、WindowsUpdateを実行してWindowsを最新の状態にすることで、問題が解決する可能性があります。

WindowsUpdateを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

Windowsを最新の状態にできたら、ウィンドウサイズが変更できるようになったか確認してください。

対処6: Windowsのシステムファイルを修復する

Windowsのシステムファイルの破損が原因で、ウィンドウサイズの変更ができないケースが考えられます。

そのため、ここまでの対処法を試してもウィンドウのサイズが変更できない場合は、システムファイルの修復を試してみてください。

Windowsにはシステムファイルの破損を自動的に検出して修正するツールが実装されています。修復ツールを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  4. コマンドの処理が完了したら、そのまま次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  5. コマンドの処理が完了したら、PowerShellウィンドウを閉じます。

システムファイルの修復が完了したら、念のためPCを再起動してからウィンドウサイズが変更できるようになったか確認してください。

ウィンドウサイズが記憶されず元に戻る時の対処法

Windowsではアプリケーション単位で最後に閉じたウィンドウのサイズと位置が記憶されます。

しかし、何らかの問題でウィンドウサイズが記憶されず、ウィンドウサイズが元に戻ってしまうケースがあります。

ウィンドウサイズが記憶されず変更できない場合は、以下の対処方法を試してみてください。

対処1: Shiftキーを押しながらウィンドウを閉じる

Shiftキーを使って最後に閉じたウィンドウサイズを手動で記憶させると問題が解決する可能性があります。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. サイズを変更して記憶したいウィンドウを開きます。
  2. ウィンドウサイズを調整します。
  3. 「Shift」キーを押しながら、ウィンドウ右上の「閉じる(×アイコン)」をクリックします。

Shiftキーを使ってウィンドウを閉じたら、再度ウィンドウを開いてサイズが変更されたか確認してください。

対処2: ウィンドウを重ねて表示してからサイズを変更する

ウィンドウを重ねて表示する整列機能を使用することで、ウィンドウサイズが元に戻る問題を解決できる場合があります。

そのため、次の手順でウィンドウを重ねて表示し、ウィンドウサイズを調整してみてください。

Windowsには複数のウィンドウを整列して重ねて表示するため機能があります。

  1. サイズを変更して記憶したいウィンドウを開きます。
  2. タスクバーの何もない場所を右クリックして「重ねて表示」を選択します。
  3. ウィンドウが整列されたら、サイズを調整してから閉じます。

上記の手順でウィンドウサイズを変更できたら、ウィンドウを開いてサイズが元に戻らなくなったか確認してください。

対処3: エクスプローラーのフォルダーオプションを変更する

エクスプローラーのフォルダーオプションに問題があることが原因で、ウィンドウサイズの変更が記憶されず元に戻るケースが考えられます。

そのため、ウィンドウに関連するフォルダーオプションの設定を確認してみてください。フォルダーオプションを確認するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を起動します。
  2. 「表示」タブを開いて、一番右の「オプション」をクリックします。
  3. フォルダオプション内の「表示」タブをクリックします。
  4. 「別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く」のチェックを外します。
  5. PCの再起動してもウィンドウの位置・サイズを保持したい場合は、「ログオン時に以前のフォルダウィンドウを表示する」にチェックを入れます。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

フォルダーオプションを変更できたら、ウィンドウを開き直してサイズの変更が記憶されるようになったか確認してください。

コメントを残す

*