無効にできる?Windowsシェルエクスペリエンスホストが重い時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10を搭載したPCを使っていると突然重くなり、タスクマネージャーで原因を調べると「Windowsシェルエクスペリエンスホスト(ShellExperienceHost.exe)」がCPUリソースを専有していることがあります。

この記事では、Windowsシェルエクスペリエンスホストのプロセスが重い時の対処法を紹介します。

プロセスの正体や無効化できるかについても解説するので、重い場合は参考にしてみて下さい。

Windowsシェルエクスペリエンスホストとは

Windowsシェルエクスペリエンスホストは、ユニバーサルアプリを利用するために必要不可欠なWindows Shellのプロセスの1つです。コンポーネント名は「ShellExperienceHost.exe」です。

ユニバーサルアプリ以外にも、スタートメニューやタスクバー、通知領域、デスクトップ背景、スライドショーなどのグラフィック関連でも使用されます。

主に上記のグラフィック関連の設定変更によって、WindowsシェルエクスペリエンスホストのCPUの使用率が上がります。また、通常であれば100~200MB程度のメモリがを使用されます。

プロセスは無効化できる?

Windowsシェルエクスペリエンスホストは、Windowsに必要不可欠なプロセスのため、重いからといって無効化することができません。

また、タスクマネージャーで停止を行ってもWindowsによって自動的に起動されます。

無効化するとWindowsのインターフェイスやCortana、Microsoft Edgeなどの機能が使えなくなったり、ファイルを開けなくなる不具合が発生します。

そのため、WindowsシェルエクスペリエンスホストがPCのリソースを専有してパフォーマンスに影響を及ぼしている場合は、これから紹介する対処法を1つずつ試してみて下さい。

対処1: プロセスを再起動する

Windowsシェルエクスペリエンスホストのプロセスの一時的な不具合によって、CPU使用率が高くなるケースがあります。

そのため、最初にShellExperienceHostのプロセスを再起動してみて下さい。プロセスを再起動するための手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 簡易表示の場合は「詳細」をクリックします。
  3. バックグラウンドプロセスのツリーを展開します。
  4. 「Windowsシェルエクスペリエンスホスト」を選択して「タスクの終了」をクリックします。
  5. しばらく待つと自動的に「Windowsシェルエクスペリエンスホスト」が起動されます

以上で、WindowsShellExperienceHostのプロセスが再起動できます。再起動が完了したら、タスクマネージャでCPU使用率が改善したかを確認して下さい。

対処2: PCを再起動する

ShellExperienceHostのプロセスの再起動で改善されない場合は、PCの再起動を試して下さい。

一度PCを再起動し、CPU使用率が改善されたかを確認してください。

PCの再起動で改善しない場合は次の対処法に進みます。

対処3: Windows Updateを適用して最新の状態にする

Windowsに何らかの不具合があり、それが原因になってプロセスの負担が高いケースがあります。

Windowsの不具合は、アップデートの配信で修正されるため、Windows Updateを適用してWindowsを最新の状態にして下さい。

Windows Updateを実行するための手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 左ビューから「Windows Update」を選択します。
  3. 「更新プログラムの確認」をクリックします
  4. メッセージにしたがってダウンロードとインストールを行います。
  5. インストールが終わったら完了です。
    • 更新プログラムの内容によってはインストール後に再起動を要求される場合は、指示にしたがってPCを再起動してください。再起動が終了するとインストール完了です。

Windows Updateを適用後に症状が改善した場合は、Windowsのエラーが原因だった可能性が高いので再発しないか様子を見ましょう。

対処4: ユニバーサルアプリを全て更新する

Windowsのユニバーサルアプリに問題があり、WindowsShellExperienceの負担が高くなるケースがあります。

そのため、ユニバーサルアプリを全て更新することで問題が解決する可能性があります。

次の手順で、ユニバーサルアプリの更新を試して下さい。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「Microsoft Store」を起動します。
  2. 右上の「…(三点マーク)」→「ダウンロードと更新」をクリックします。
  3. 「すべて更新」をクリックします。

以上で、全てのユニバーサルアプリを更新することができます。更新が完了したらプロセスの負担が解決したか確認して下さい。

対処5: 背景のスライドショーとカラーの自動変更を無効にする

Windows 10に標準搭載されている背景のスライドショーとカラーの自動変更の機能が原因で、ShellExperienceHostのプロセスの負担が大きくなる場合があります。

そのため、背景の自動変更を有効にしている場合は、機能を無効化することで動作状況の改善が見込めます。

次の手順で、背景のスライドショーとカラーの自動変更を無効化してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「個人用設定」をクリックします。
  3. 左ペインから「背景」を選択します。
  4. 右ペインの「背景」にあるプルダウンから「スライドショー」以外の項目を選択してクリックします。
  5. 再び左ペインに戻り、「色」をクリックします。
  6. 右ペインにある「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」のチェックを外します。
  7. 設定アプリを終了して完了です。

上記の設定を行い、CPUの使用率が改善されたか確認して下さい。改善できた場合は、背景の自動変更設定が負荷の上昇の原因になっていた判断できます。

対処6: CPUの使用を制限する

Windowsシェルエクスペリエンスが使用するCPUのコア数を制限することでCPU負担が低減できる可能性があります。

プロセスのCPUのコア数を制限するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「詳細」タブをクリックします。
  3. 「ShellExperienceHost.exe」を右クリックして「関係の設定」を選択します。
  4. 使用するプロセッサのチェックをいくつか外して「OK」をクリックします。

以上の手順で、プロセスが使用するCPUを制限することができます。

ただし、上記の設定によってWindowsの動作が不安定になる場合も考えられます。動作が改善しない場合は、設定を元に戻して下さい。

対処7: システムファイルチェッカーを実行する

システムファイルの破損が原因で、WindowsシェルエクスペリエンスホストのCPU使用率が高くなるケースが考えられます。

そのため、システムファイルチェッカーでシステムファイルの破損の修復を試して下さい。システムファイルチェッカーは、次の手順で実行できます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして実行します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. プロセスが完了したら、続いて以下のコマンドを入力してEnterを押します。
    sfc /scannow
  5. 完了したら表示されたメッセージを確認します。

破損したファイルを修復したとのメッセージが表示された場合は、動作状況が改善したかどうかを確認します。破損したファイルがない場合は次の対処に進んで下さい。

対処8: フルスキャンしてウイルスやマルウェアを駆除する

ここまでの対処で改善しない場合は、稀なケースですが、Windowsのプロセスを装った同名のウイルス/マルウェアがインストールされている恐れも考えられます。

そのため、念のためセキュリティソフトでPCをフルスキャンしてウイルスやマルウェアの駆除を試して下さい。

Windowsに標準搭載されているWindows Defenderでフルスキャンする手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ビューから「Windows セキュリティ」をクリックします。
  4. 右ビューから「Windowsセキュリティを開く」を選択します。
  5. 「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  6. 「スキャンのオプション」をクリックし、「フルスキャン」を選択します。
  7. 「今すぐスキャン」をクリックします。
  8. スキャンの結果が出るまで待ち、ウイルスやマルウェアが見つかった場合は駆除を行って下さい。

対処9: PCの買い替えを検討する

全ての対処法を試しても改善しない場合は、単純にPCのスペックが足りていないことが考えられます。

特に5年以上前の古いモデルのPCの場合、CPUの性能不足でWindowsShellExperienceのプロセスの処理が高負担になるケースもあります。

そのため、PCが古い場合は新しいモデルへの買い替えを検討することをおすすめします。

PCの性能に問題がない場合は

PCの性能に問題はないのにプロセスの負担が大きい場合は、Windowsに原因不明の問題が発生していることが考えられます。

そのため、Windows10の再インストールを検討して下さい。

Windowsの再インストールは、「このPCを初期状態に戻す」の機能を使う方法が簡単です。詳しい手順については、次のページで紹介しているので合わせて参考にしてみて下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)