確認できない!iPhone,AndroidのTwitterパスワードをリセットする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スマホでTwitterを使っていて困るのがパスワードを忘れた時や、正しいパスワードを入力しているはずなのにパスワードが違うと表示されてしまうトラブルです。

Twitterのパスワードは、残念ながら自分でパスワードのメモを残していない限りパスワードを確認する方法はありません。そのため、パスワードがわからなくなってしまった時はパスワードのリセットを行います。

本記事では、iPhone・AndroidのTwitterパスワードをリセットする方法を紹介します。

パスワードのリセット方法

Twitterのパスワードをリセットする最も簡単な方法は、登録したメールアドレスを利用する方法です。

登録したメールアドレスを覚えているのであれば以下の手順で操作し、パスワードをリセットします。

  1. iPhoneまたはAndroidスマートフォンでTwitterアプリを起動します。
  2. もし既にログインしている状態になっている場合は1度ログアウトをします。画面左上にある自分のアイコンをタップし、「設定とプライバシー」→「アカウント」→「ログアウト」の順にタップしてログアウトを行います。確認メッセージが表示されたら「OK」をタップします。
  3. 「はじめる」という文字が表示されたらログアウトは完了です。次に画面下の方にある「ログイン」の文字をタップします。
  4. 「Twitterにログイン」画面が表示されます。画面の中央付近に「パスワードを忘れた場合はこちら」という文字があるのでここをタップします。
  5. Twitterに登録しているメールアドレスを入力し、「検索」をタップします。
  6. Twitterに登録しているメールアドレスが表示されます。複数登録している場合はメールを送信したいアドレスを選択し、「続ける」をタップします。メールアドレスを1つしか登録していない場合はそのまま何も変更せず「続ける」をタップします。
  7. 入力したメールアドレス宛にメールが届きます。メールの受信ボックスを確認し、届いたメールを開いたら「Twitterのパスワードをリセットします」と書かれたボタンをタップします。
  8. パスワードのリセット画面が表示されます。これから新しくTwitterのパスワードとして使いたいパスワードを決め、「新しいパスワードを入力」と「新しいパスワードを再入力してください」の2つの欄に同じパスワードを入力します。
  9. 「送信」ボタンをタップします。しばらく待ち、「パスワードを変更しました」と表示されればパスワードのリセットは完了です。「Twitterを続ける」をタップすればこれまで通りTwitterを利用できるようになります。

パスワードのリセット方法はTwitter公式のヘルプセンターでも解説されています。上記の変更手順でうまくリセットできない場合は、合わせて以下のページを参考にすると良いでしょう。

メールアドレスを忘れた時は?

登録したメールアドレスがわからない、または何らかの理由でメールが利用できないという場合は他の方法でリセットを行います。

電話番号(SMS)を利用する

携帯電話の番号をTwitterに登録している場合はSMSを利用してパスワードリセットを行うことができます。

  1. 「パスワードのリセット方法」にあるメールアドレスを使ったリセットと同様に、スマホでTwitterアプリを開いてログアウトを行います。その後「ログイン」の文字をタップし、次の画面で「パスワードを忘れた場合はこちら」をタップします。
  2. 「Twitterアカウントを探す」の画面で登録した自分の電話番号を入力し、「検索」ボタンをタップします。
  3. 確認画面が表示されたら「続ける」をタップします。
  4. SMSを受信するまでしばらく待ちます。受信したらメッセージを開き、6桁のコードを確認します。
  5. 再びTwitterアプリを開き、テキスト入力欄に先程確認した6桁のコードを入力して「送信」ボタンをタップします。
  6. パスワードのリセット画面が表示されるので、新しいパスワードを決めて入力し、「送信」をタップします。
  7. 「パスワードを変更しました」と表示されればパスワードリセットは完了です。「Twitterを続ける」をタップするとTwitterを利用できるようになります。

ユーザー名検索を行う

登録したメールアドレスを忘れてしまったがメールが使えないわけではない、という場合、自分のユーザー名さえわかればアカウント情報を検索し、登録したメールアドレスにパスワードリセットのメールを送信することができます。

  1. 「パスワードのリセット方法」と同様に、Twitterアプリを起動し、ログインしていればログアウトを行います。その後「ログイン」の文字をタップし、次の画面で「パスワードを忘れた場合はこちら」をタップします。
  2. 「Twitterアカウントを探す」の画面で自分のユーザー名を入力し、「検索」ボタンをタップします。
  3. ユーザーの検索結果が表示されます。自分のアカウントが表示されていることを確認します。
  4. メールを送信するメールアドレスを選択します。登録したメールアドレスの情報の一部が画面に表示されているので、それを参考に送信先のメールアドレスを選択します。メールアドレスを1つしか登録していない場合は表示されているメールアドレスの一部を参考に登録しているメールアドレスを思い出し、「続ける」をタップします。
  5. 選択したメールアドレスにパスワードリセットのメールが送られます。
  6. あとは「パスワードのリセット方法」と同様に送られたメールを開いてリンクをタップし、画面の指示に従ってパスワードリセットを行います。

パスワードのリセット手順がわからない場合は、『パスワードのリセット方法』を参考にしてください。

パスワードリセットができない時は?

「パスワードを正しく入力しているはずなのになぜかパスワードが違うと言われる」「パスワードを変更しようとするとエラーになる」という場合であれば、1度Twitterからログアウトしてからログインし直してみてください。

また、Twitterアプリを使用しているのであれば以下のリンクからブラウザ版Twitterにアクセスし、ブラウザ版からパスワードのリセットができないか試してみてください。

それでも解決しない場合はヘルプセンターの「ログインに関する問題」から公式サポートに問題を報告してください。

お問い合わせ後、数日以内にTwitterサポートセンターから回答がメールで届きます。

パスワードを要求する確認画面が何度も出る時は?

Twitterの公式アプリを利用していると、問題なく利用できているにもかかわらずパスワードを要求する画面やパスワードの確認画面が表示されることがあります。

もしこの画面が表示された場合、必ずパスワードは入力せずに画面を閉じ、Twitterアプリを再インストールしてください。入力してしまうとアカウントの乗っ取りやアカウントの凍結被害に遭ってしまう可能性があります。

Twitterアプリを再インストールしたら念の為不審なログインがないか、怪しいアプリを連携させていないか確認することをおすすめします。

アクセス履歴の確認方法

不正なログインがないかは、Twitterのアクセス履歴を確認します。

  1. Twitterアプリを起動し、ログインします。
  2. 左上にある自分のアイコンをタップし、メニューから「設定とプライバシー」を選択します。
  3. 「アカウント」→「Twitterデータ」と進みます。
  4. 続いて「アカウント履歴」→「アカウントアクセス履歴」と進みます。
  5. パスワードを入力します。ここでのパスワード入力は自分のアカウントの情報を閲覧するために必要なものであるためパスワードを入力して問題ありません。
  6. 過去のアクセス履歴が表示されます。

自分以外のデバイスからのアクセスと思われるものがあればパスワードの変更を必ず行って下さい。

連携アプリの確認方法

履歴に怪しいアクセスがあった場合は、合わせて怪しい連携アプリを解除することをおすすめします。

  1. Twitterアプリを起動し、ログインします。
  2. 左上にある自分のアイコンをタップし、メニューから「設定とプライバシー」を選択します。
  3. 「アカウント」→「アプリとセッション」へと進みます。
  4. 連携しているアプリ一覧が表示されます。
  5. もし怪しいアプリや、連携した覚えのないアプリがあればタップし、「アクセス権を取り消す」をタップして連携を解除します。

    また、アカウントが乗っ取られるような事態が起きた場合は、Twitterのヘルプセンターに連絡しましょう。

    上記のヘルプセンターのページへアクセスして、「アカウントを乗っ取られた場合」を選択してお問い合わせをして下さい。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)