[iPhone/iPadは使用できません]のエラーが出た時の対処法【解除/初期化】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneやiPadを利用している場合、「iPhone/iPadは使用できません」というエラーが発生してデバイスが使えなくなることがあります。

このエラーが発生するとiPhone/iPadがロックされ、緊急通報以外の操作ができない状態になります。

この記事では、「iPhone/iPadは使用できません」のエラーが発生する原因と対処法について詳しく紹介します。ロックの解除や初期化方法が分からない場合は参考にして下さい。

エラーが出る理由・原因

「iPhone/iPadは使用できません」のエラーは、主に次の2つの操作に失敗すると表示されます。

  • パスコードの入力を6回連続で失敗する
  • iOSのソフトウェアアップデートに失敗する

特にパスコードの入力ミスが原因で、iPhone/iPadがロックされるケースが多いです。

エラーが発生すると端末の利用がロックされた状態になり、正しいパスコードを入力しない限り端末を利用することができなくなります。

端末がロックされる理由は、第3者によってデバイス内の個人情報が盗難されるのを防止するためです。

パスコードを再入力できるようになる時間

パスコードの入力を6回連続で失敗して当該エラーが表示された場合、パスコードを再入力できる状態になるまで一定時間待つ必要があります。

再入力できるようになるまでの時間は失敗回数によって異なり、具体的には以下の通りです。

失敗回数再入力までの時間
6回1分
7回5分
8回15分
9回1時間
10回永久ロック

6回目の最初のエラーが表示されてから1分間はパスコードを再入力できません。そのため、1分待ってから正しいパスコードを入力して下さい。

失敗回数が増えると再入力できるまでの時間が長くなり、10回以上失敗すると永久に再入力できなくなります。

使用できなくなった時の対処法

続いて「iPhone/iPadは使用できません」のエラーが表示された時の対処方法を紹介します。

対処1: パスコードを再入力する

パスコードを10回間違えていない場合は、まずは設定したと思われるパスコードを順番に入力して下さい。

10回以内に正しいパスコードを入力できれば、バックアップを取っていない場合でデータを失わずにロックを解除することができます。

そのため、パスコードを忘れた場合でも10回は思いつくパスワードを試すことをおすすめします。

永久ロックが掛かってしまった場合は、次の端末のリセットを行います。*リセットをするとiPhone/iPad内に保存しているデータはすべて失われます。

対処2: リカバリモードを利用してiPhone/iPadをリセットする

10回以上パスコードを間違えて「iPhone/iPadは使用できません」のエラーが発生した場合、基本的にiPhone/iPadをリセットする必要があります。

PCとUSBケーブルがある場合は、リカバリモードを利用してiPhone/iPadをリセットできます。リセットする手順は次の通りです。

*リカバリモードを利用するためにはPCが必要です。PCがない場合は次の『対処3: 「探す」機能でリセットする』に進んで下さい。

  1. iPhone/iPadをリカバリモードで起動します。リカバリモードを起動する方法はデバイスによって異なるため、使っているデバイスに応じた手順で行います。
    • iPhoneの場合
      • iPhone X以降およびiPhone 8/8 Plus
        • サイドボタンを押しながらPCに接続し、リカバリモードが起動するまでサイドボタンを押し続けます。
      • iPhone 7/7Plus
        • ボリュームダウンボタンを押しながらPCに接続し、リカバリモードが起動するまで押し続けます。
      • iPhone 6s以前
        • ホームボタンを押しながらPCに接続し、リカバリモードが起動するまで押し続けます。
    • iPadの場合
      • FaceID搭載デバイス
        • トップボタンを押しながらPCに接続し、リカバリモードが起動するまで押し続けます。
      • ホームボタン搭載デバイス
        • ホームボタンを押しながらPCに接続し、リカバリモードが起動するまで押し続けます。
  2. PCでiTunesを起動します。
    • PCにiTunesがインストールできていない場合は、『iTunes公式ページ』からインストーラーをダウンロードしてインストールして下さい。
  3. リカバリモードで接続したデバイスをクリックします。
  4. ポップアップが表示されたら「復元」をクリックします。
  5. 復元が完了したら、iPhone/iPadを再設定します。

対処3: 「探す」機能でリセットする

PCがない場合でも「探す」機能を利用して、使用できなくなったデバイスをリセットすることができます。

「探す」機能は、アプリもしくはブラウザで操作するため、別のスマホやタブレットがあればリセットできます。ただし、利用できなくなったiPhone/iPadで設定していたApple IDとパスワードが必要です。

「探す」機能でリセットする具体的な手順は次のとおりです。

別のiOSデバイスを利用する場合

  1. デフォルトでインストールされている「iPhoneを探す(Find iPhone)」を起動します。
  2. リセットしたいiPhone/iPadで使用している「Apple ID」でサインインします。
  3. デバイスのリストから「リセットしたいiPhone/iPad」を選択します。
  4. 最下部に表示されている「アクション」をタップします。
  5. 「iPhoneを消去」をタップします。
  6. 確認画面が表示されたら再度「iPhone/iPadを消去」をタップします。

Android、もしくはPCを利用する場合

iOS以外のデバイスからiPhone/iPadをリセットするには、icloud.comのページ上で行います。

  1. ブラウザで『iCloud.com』にアクセスします。
  2. リセットしたいiPhone/iPadで使用している「Apple ID」でサインインします。
    • 2段階認証を求められる場合はコードを受信して入力します。
  3. 「iPhoneを探す」をタップします。
  4. マイデバイスに表示されているデバイスの中で「リセットしたいiPhone/iPad」を選択します。
  5. 表示されるメニューから「iPhone/iPadを消去」をタップします。
  6. 確認ページが表示されたら「続ける」をタップします。

以上の手順で、「探す」機能を使ってiPhone/iPadをリセットすることができます。リセットが完了したらiPhone/iPadを再度設定し直して下さい。

iPhone/iPadのバックアップを事前に取っている場合は、データを復元できるので必要に応じて復元を行って下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)