「管理者として実行」ができない/表示されない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10でプログラムや実行ファイルを管理者として実行したい場合、右クリックのコンテキストメニューから「管理者として実行」を選択します。

しかし、コンテキストメニューに「管理者として実行」が表示されなかったり、「管理者として実行」を選択してもエラーでプログラムを実行できないケースがあります。

今回は、Windows10で「管理者として実行」ができない時の対処法について詳しく紹介します。

「管理者として実行」ができないときに考えられる原因

プログラムや実行ファイルを管理者として実行できない場合、アカウントの権限に関連する設定に問題があることが原因として考えられます。具体的には次のような原因が考えられます。

  • ユーザーアカウント制御が無効になっている
  • レジストリの値に問題があり、「管理者として実行」のコンテキストメニューが表示されない
  • アカウントに管理者権限がない
  • セキュリティソフトの機能によって管理者権限での実行がブロックされている
  • システムファイルの破損、Windowsの不具合

システムファイルに深刻な問題が起きているケースもありますが、ほとんどの場合は簡単な対処方法で解決することが多いです。

上記の原因ごとの対処方法を紹介していくので、順に管理者として実行できないか確認していってください。

対処1: PCを再起動する

今まで管理者として実行できていたプログラムが突然実行できなくなった場合は、システムに一時的なエラーが発生している可能性が考えられます。

システムの一時的なエラーは、PCを再起動することで直ることが多いです。そのため、一度PCの再起動を試してみてください。

PCを再起動してもプログラムを管理者として実行できない場合は、次の対処法に進んでください。

対処2: ユーザーアカウント制御を有効にする

Windowsのユーザーアカウント制御(UAC)が無効になっていることが原因で、「管理者として実行」を選択してもアプリケーションが動作しないケースがあります。

そのため、ユーザーアカウント制御の設定を確認して、無効になっている場合は有効に変更してください。ユーザーアカウント制御の設定を変更するには、次の手順で操作します。

  1. タスクバーの「検索ボックス」をクリックします。
  2. 「uac」と入力し、検索結果から「ユーザーアカウント制御設定の変更」を選択します。
  3. ユーザーアカウント制御設定のスライダーが「以下の場合でも通知しない」になっている場合は、上方向に調節して次のいずれかのレベルに変更します。
    • 次の場合は常に通知する
    • アプリがコンピュータに変更を加えようとする場合のみ通知する
    • アプリがコンピュータに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)
  4. 「OK」をクリックして完了です。

ユーザーアカウント制御の設定を有効にできたら、再度アプリケーションを管理者として実行してみてください。

対処3: レジストリの問題を修正する

インストールしたアプリケーションによってレジストリが書き換わり、右クリックのコンテキストメニューに「管理者として実行」が表示されないケースがあります。

「管理者として実行」のコンテキストメニューが表示されない場合は、レジストリを修正することで問題が解決する可能性があります。レジストリを修正するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックし、レジストリエディタを起動します。
  3. 左ペインのレジストリキーのツリーを以下の順に展開して「Explorer」キーを選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
  4. 右ペインの「HideRunAsVerb」の値をダブルクリックします。
    • 「HideRunAsVerb」が見つからない場合は、レジストリに問題はないため次の対処に進んでください。
  5. 値を「0」に書き換えて、「OK」をクリックします。
    • 値を0に書き換える代わりに、「HideRunAsVerb」の値を右クリックして「削除」でも問題ありません。
  6. PCを再起動してレジストリを反映します。

レジストリを修正してPCを再起動できたら、アプリケーションを右クリックしてコンテキストメニューに「管理者として実行」が表示されるか確認してください。

対処4: アカウントを管理者に変更する

サインインしているアカウントに管理者権限がないことが原因で、アプリケーションを管理者として実行できないケースが考えられます。

そのため、管理者アカウントにサインインすることで問題が解決する可能性があります。管理者アカウントにサインインするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」→「サインアウト」を選択します。
  2. サインイン画面が表示されたら、画面左下で「管理者アカウントのユーザー名」を選択してサインインします。

また、使用しているアカウントの種類を標準ユーザーから管理者に変更することでも問題を解決できます。

特定のアカウントでのみ管理者として実行ができない場合は、次の手順でアカウントの種類を管理者に変更してください。

  1. 管理者アカウントでサインインします。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  3. 「アカウント」をクリックします。
  4. 左ペインで「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  5. 右ペインの他のユーザーの一覧で、「標準ユーザーのアカウント」を選択して「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  6. アカウントの種類を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。

アカウントの種類が変更できたら、アカウントにサインインして管理者として実行ができるか確認してください。

対処5: 実行ファイルのプロパティを変更する

実行ファイルのプロパティで「管理者として実行する」のオプションを有効にすることで、管理者として実行できる可能性があります。

そのため、次の手順でプログラムの実行ファイルのプロパティを変更してみてください。

  1. 「実行ファイル(.exe)」、もしくは「実行ファイルのショートカット」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  2. 「互換性」タブを開いて「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  3. 「実行ファイルのショートカット」の場合は、続けて「ショートカット」タブの「詳細設定」→「管理者として実行」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  4. 「OK」をクリックしてプロパティを閉じます。

実行ファイルのプロパティを変更できたら、そのまま実行ファイルをダブルクリックして実行できるか確認してください。

対処6: 他の方法で管理者として実行する

別の操作方法で管理者として実行することで、プログラムを実行できるケースがあります。

根本的な解決方法とはなりませんが、一部のプログラムだけが管理者として実行できない場合は、次の方法で実行してみてください。

方法1: タスクバーから管理者として実行する

通常の手順で管理者として実行できない場合は、タスクマネージャーを使ってアプリケーションを管理者として実行できないか試してみてください。

タスクマネージャーから管理者としてアプリケーションを起動するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「ファイル」→「新しいタスクの実行」を選択します。
  3. 「参照」ボタンをクリックして、アプリケーションの実行ファイルを選択して「開く」を選択します。
    • Windowsの標準プログラムを実行したい場合は、対応するコマンドを入力してください。
      • 例: コマンドプロンプトを管理者として実行したい場合は「cmd」と入力します。
  4. 「このタスクに管理者特権を付与して作成します。」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. 管理者としてアプリケーションが実行されます。

方法2: コマンドを使って管理者として実行する

  1. 「アプリケーションの実行ファイル」をShiftキーを押しながら右クリックして「パスをコピー」を選択します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    Start-process "実行ファイルのパス" -Verb runas
    • 実行ファイルのパスには、右クリックを押すか「Ctrl+V」キーを入力してコピーしたパスを貼り付けてください。

対処7: システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行する

Windowsにシステムファイルが破損していることが原因で、アプリケーションを管理者として実行する際にエラーが出るケースがあります。

そのため、システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行して、システムファイルを修復することで問題が解決する可能性があります。具体的には、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. コマンドの実行が完了したら、続けて以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  4. システムファイルに破損があって自動で修復された場合は「Windowsリソース保護は、破損したファイルを検出し、正常に修復しました。」と表示されます。コマンドの実行が完了したらWindows PowerShellを閉じます。

システムファイルを正常に修復できたら、アプリケーションを管理者として実行できるか確認してください。

対処8: セキュリティソフトを停止する

PCにインストールしているサードパーティのセキュリティソフトが原因で、管理者として実行ができないケースがあります。

そのため、一旦セキュリティソフトの機能を停止した状態で、管理者として実行できないか確認してみてください。セキュリティソフトを停止する方法は、メーカーによって異なるためマニュアルを参考にしてください。

セキュリティソフトが原因の場合は、セキュリティの設定で対象の実行ファイルをセキュリティ対象から外すか、セキュリティソフトのアンインストールを検討してください。

また、セキュリティソフト以外のアプリケーションが原因となっている場合もあります。解決しない場合は、セーフモードの状態で管理者として実行できるか確認してください。

セーフモードで解決した場合は、原因として疑われるアプリケーションのアンインストールを検討してください。

対処9: 新しい管理者アカウントを作成する

管理者アカウントのユーザープロファイルやレジストリが破損していることが原因で、アプリケーションを管理者として実行できないケースが考えられます。

そのため、新しい管理者アカウントを作成して、作成したアカウントにサインインすることで問題が解決する可能性があります。

管理者アカウント作成してサインインするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「Windowsの設定」が開いたら「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインから「家族とその他のユーザー」を選択します。
  4. 右ペインから「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択します。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  7. 「ユーザー名」と「パスワード」を入力してアカウントを作成します。
  8. 家族とその他のユーザーのウィンドウに戻り、右ペインで「作成したアカウント」を選択します。
  9. 「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  10. 「管理者」を選択して「OK」をクリックします。
  11. 「Windowsマーク」を右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」→「サインアウト」を選択します。
  12. サインイン画面の左下で「新しい管理者アカウント」を選択してサインインし直します。

新しい管理者アカウントでサインインしたら、プログラムを管理者権限で実行できるか試してみてください。

問題なく実行できた場合は、古いアカウントから必要なデータを移行してください。詳しい手順は以下のページの「ユーザープロファイルを再作成する」の内容を参考にしてください。

対処10: Windowsを初期化する

ここまでの全ての対処を試しても管理者として実行できない場合は、システムに修復できない問題が起きていることが考えられます。

そのため、Windowsを初期化するかクリーンインストールすることを検討してください。Windowsを初期化する方法については、次のページを参考にしてください。

個人ファイルを引き継がない初期化やクリーンインストールを行う場合は、ハードディスク内のファイルが全て消えてしまうため、事前にバックアップを取ってから行なってください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)