Chromeの「ERR_CACHE_MISS」エラーの意味/原因と対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Google Chromeでブラウジングしていると、Webページにアクセスした際に「フォーム再送信の確認: ERR_CACHE_MISS」のエラーが表示されるケースがあります。エラーが発生するとページが正常に閲覧できない状態になります。

このエラーは特定のページでブラウザの「戻る」操作を行なった際に発生するケースが多いです。

本記事では、Chromeでページにアクセスする時に「ERR_CACHE_MISS」エラーが発生する原因と対処法について詳しく紹介します。対処の内容は、Windows10とMacを想定しています。

ERR_CACHE_MISSエラーの意味/原因

Chromeで「ERR_CACHE_MISS」エラーは、アクセスしたWebページのキャッシュコピーが正常に取得できなかった際に発生します。

Chromeでページのキャッシュを取得できない原因としては、主に次のことが考えられます。

  • ネットワークの一時的な通信エラー
  • ブラウザの戻る操作を許可していないページにアクセスしている
  • Chromeのアプリケーションの不具合
  • ブラウザのキャッシュに問題が起きている
  • 拡張機能に問題がある
  • PCのネットワーク情報に問題が起きている

上記のとおり、Chrome自体に問題があるケースとPCのネットワーク接続に問題があるケースが考えられます。

ERR_CACHE_MISSエラーを解決できる可能性の高い対処方法から順に紹介していくので、ページが正常に表示できないか確認してみてください。

対処1: ページを再読み込みする

ChromeでERR_CACHE_MISSのエラーが突然発生した場合は、ネットワーク接続に一時的な問題が発生したことが考えられます。

そのため、Webページを再読み込み(リロード)して、正常にページが表示されないか確認してください。ページを再読み込みするには、アドレスバーの左にある「更新アイコン」をクリックします。

ページの再読み込みを行なってもERR_CACHE_MISSのエラーが解決しない場合は、次の強制再読み込みを試してみてください。

ページを強制再読み込みする

強制再読み込み(スーパーリロード)は、ページキャッシュを使用せずにデータを再取得できるため、キャッシュに起因するエラーを解決することができます。

Chromeで強制再読み込みをするには、環境に合わせて次のショートカットキーを入力します。

  • Windowsの場合: Shift + F5
  • Macの場合: Command + Shift + r

ページを強制再読み込みしてもエラーが表示される場合は、次の対処法に進んでください。

対処2: トップページにアクセスし直す

アクセスしているWebページがブラウザの「戻る」操作を許可していないことが原因で、ChromeでERR_CACHE_MISSエラーが発生するケースがあります。

上記の問題は、金融機関などのログインが必要でセキュリティが強固なWebページで発生することが多いです。

通常であれば「戻る」操作を行うとページのトップページからやり直す案内メッセージが表示されますが、ページによってはERR_CACHE_MISSエラーが表示される場合があります。

そのため、Webページのトップからアクセスし直して、エラーが解決しないか確認してください。

対処3: Chromeを再起動する

Chromeのアプリケーションに一時的なエラーが発生していることが原因で、ERR_CACHE_MISSエラーが表示されるケースがあります。

そのため、Chromeを再起動してから再度ページにアクセスしてエラーが解決しないか確認してください。

Chromeは普通に閉じるだけではバックグラウンドで動作しているケースがあるため、次の手順で完全に終了してから再起動してください。

  • Windowsの場合:
    1. タスクバーを右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
    2. 「プロセス」タブで「Google Chrome」を選択して、「タスクの終了」をクリックします。
      • 簡易表示の場合は左下の「詳細」をクリックしてください。
    3. Chromeを再度起動します。
  • Macの場合:
    1. 「Appleマーク」→「強制終了」の順にクリックします。
    2. 「Google Chrome」を選択して「強制終了」をクリックします。
    3. Chromeを再度起動します。

Chromeを完全に終了してから再起動できたら、エラーの発生したWebページにアクセスして正常に表示されるか確認してください。

対処4: Chromeをアップデートする

Chromeのバージョンが古く不具合があることが原因で、ERR_CACHE_MISSエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、Chromeのアップデートを確認して、最新版に更新できる場合はアップデートを実行してください。

Chromeを最新版にアップデートする手順は次の通りです。

  1. Chromeを起動します。
  2. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックします。
  3. 「ヘルプ」→「Google Chromeについて」をクリックします。
  4. 最新版が公開されている場合は自動でアップデートされるので、終了するまで待ちます。
    • 「Google Chromeは最新版です」と表示されている場合は、既に最新版のため次の対処方法に進んでください。
  5. アップデートが完了したらChromeを再起動します。

Chromeを最新版にアップデートできたら、ページに再度アクセスしてERR_CACHE_MISSのエラーが解消したか確認してください。エラーが解決しない場合は、次の対処法に進んでください。

対処5: Chromeのキャッシュデータをクリアする

Chromeの使用しているキャッシュデータに問題が起きて、ERR_CACHE_MISSのエラーが表示されるケースがあります。

そのため、ChromeのキャッシュとCookieをクリアすることでエラーが解決できる可能性があります。キャッシュとCookieをクリアする手順は次の通りです。

  1. Chromeを起動します。
  2. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックします。
  3. 「その他のツール」→「閲覧履歴の消去」の順に選択します。
  4. 期間で「全期間」を選択して、「閲覧履歴」、「Cookieと他のサイトのデータ」、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
    • 注意: Cookieを削除すると保存しているログイン情報が消去されるため、ページに再度ログインする必要があります。
  5. 「データを削除」をクリックします。

以上の手順でChromeのキャッシュとCookieを削除することができます。新しいタブでページにアクセスしてエラーが解決したか確認してください。

対処6: Chromeの拡張機能を無効化する

Chromeにインストールしている拡張機能が原因で、ERR_CACHE_MISSのエラーが発生することがあります。

特にWebページの広告をブロックする拡張機能が原因になっているケースが多いです。また、新しい拡張機能をインストールした直後にエラーが発生した場合は、インストールした拡張機能に問題があることが考えられます。

拡張機能に問題があることが疑われる場合は、次の手順で機能を無効化してください。

  1. Chromeを起動します。
  2. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックします。
  3. 「その他のツール」から「拡張機能」をクリックします。
  4. すべての拡張機能の右下のスイッチをクリックして「オフ」にします。
  5. Chromeを再起動します。

全ての拡張機能を無効にできたら、再度ページにアクセスしてエラーが解決したか確認してください。エラーが解決した場合は、拡張機能が原因だと判断できます。

拡張機能が原因だった場合は、上記と同じ手順で1つずつ拡張機能を有効化して、問題の拡張機能を特定してください。問題のある拡張機能が見つかったら、機能を無効化した状態にするか、削除を行なってください。

対処7: ネットワーク情報をリセットする

PCのネットワーク情報に問題があることが原因で、ChromeでERR_CACHE_MISSのエラーが発生するケースがあります。

そのため、ネットワーク情報を一旦リセットしてエラーが解決しないか確認してみてください。ネットワーク情報をリセットするには、次の手順で操作します。

  • Windowsの場合:
    1. 「Windowsマーク」をクリックして「cmd」と入力します。
    2. 検索結果の一覧で「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
    3. 次のコマンドを一行ごと入力して順にEnterキーで実行します。
      ipconfig /release
      ipconfig /all
      ipconfig /flushdns
      ipconfig /renew
      netsh int ip set dns
      netsh winsock reset
    4. 全てのコマンドが実行できたら、コマンドプロンプトを閉じます。
  • Macの場合:
    1. Finderで「アプリケーション」→「ユーティリティ」の順に開きます。
    2. 「ターミナル」をダブルクリックして起動します。
    3. 次のコマンドを一行ごと入力して順にEnterキーで実行します。
      dscacheutil -flushcache
      sudo killall -HUP mDNSResponder
    4. 全てのコマンドが実行できたら、ターミナルを閉じます。

以上でPCのネットワーク情報をリセットすることができます。リセットが完了したら、念の為 Chromeを再起動してからページが正常に開けるか確認してください。

対処8: Chromeの設定をリセットする

Chromeのブラウザ設定に問題があることが原因で、ERR_CACHE_MISSのエラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、Chromeの設定を一度リセットしてエラーが解決しないか確認してみてください。Chromeの設定をリセットするには、次の手順で操作します。

  1. Chromeを起動します。
  2. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックします。
  3. 「設定」をクリックします。
  4. 「詳細設定」をクリックして展開します。
  5. 「リセットとクリーンアップ」内にある「設定を元の既定値に戻す」をクリックします。
  6. 確認ポップアップが表示されたら「設定のリセット」をクリックします。

以上でChromeの設定をリセットすることができます。リセットが完了したらページにアクセスしてエラーが解決したか確認してください。

対処9: キャッシュ機能を無効化する

Chromeのキャッシュ機能自体を無効化することで、ERR_CACHE_MISSのエラーを回避できる可能性があります。

そのため、次の手順でChromeのキャッシュ機能を一時的に無効化して、

  1. Chromeでエラーが表示されるページにアクセスします。
  2. エラーページが表示されたら、右上の「メニュー(3点アイコン)」をクリックします。
  3. 「その他のツール」→「デベロッパーツール」の順に選択します。
  4. デベロッパーツールが起動したら、ツール内上部の「Network」をクリックします。
    • 項目が表示されていない場合は「>>」をクリックしてください。
  5. 「Disable cache」にチェックを入れます。
  6. アドレスバーの左にある「更新アイコン」をクリックして、ページを再読み込みします。

以上の手順で、Chromeのキャッシュ機能を無効化した状態でページにアクセスすることができます。エラーが解決できたか確認してください。

対処10: Chromeを再インストールする

ここまでの対処方法を試してもERR_CACHE_MISSのエラーが解決しない場合は、Chromeのアプリケーションと関連ファイルに問題があることが考えられます。

そのため、Chromeを一旦アンインストールしてから再インストールしてみてください。Chromeを再インストールするには、次の手順で操作します。

  • Windowsの場合:
    1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
    2. 右ペインのアプリ一覧で「GoogleChrome」をクリックします。
    3. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
    4. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。
    5. 『GoogleChrome公式ページ』にアクセスして最新のインストーラーをダウンロードします。
    6. インストーラーを起動して、通常の手順でインストールを行います。
  • Macの場合:
    1. 「Finder」を起動して「アプリケーション」フォルダを開きます。
    2. 一覧で「Google Chrome」を右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択します。
    3. 『GoogleChrome公式ページ』にアクセスして最新のインストーラーをダウンロードします。
    4. インストーラーを起動して、通常の手順でインストールを行います。

Chromeの再インストールが完了したら、再度ページにアクセスしてERR_CACHE_MISSのエラーが解決したか確認してください。

コメントを残す

*