Chrome「DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」の解決方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Google ChromeでWebサイトにアクセスした時に、「このウェブページにアクセスできません。DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」というエラーが発生して表示されないことがあります。

ページの再読み込みで解決する場合もありますが、エラーが解決しない場合はWebサイトが閲覧できなくなるため対処する必要があります。

この記事では、Windows10のChromeで「DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」エラーが発生した時の対処法を紹介します。

DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGエラーが発生する原因

Chromeで「DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG」のエラーが発生する場合、Chromeでインターネットの通信ができていないことが考えられます。

Chromeがインターネットに繋がらなくなる具体的な原因としては次のとおりです。

  • Chromeアプリに一時的なエラーが発生している
  • ネットワーク機器(ルータなど)に不具合やエラーが発生している
  • PCのネットワーク設定・ネットワークドライバーに問題がある
  • DNSサーバに障害が発生している
  • アドブロックなどの拡張機能が影響している
  • セキュリティソフトによって通信がブロックされている

Chromeの一時的なエラーであれば、ページの再読み込みやアプリの再起動で解決するケースが多いです。

解決しない場合は、PCのネットワーク接続に問題が起きていることが考えられます。

具体的な対処方法を紹介していくので、順に試してChromeのエラーが解決しないか検証してみて下さい。

対処1: PCのインターネット接続を確認する

PCやネットワーク機器がインターネットに接続できていないため、Chromeで正常にページにアクセスできないケースが考えられます。

まずは、PCのインターネット接続に問題がないか次の項目を確認して下さい。

  • タスクバー右側の「WiFi(もしくはLAN)アイコン」に「!」や「×」マークが出ている
  • 特定のページではなく他のページも同様のエラーが出る
  • Edgeなどの他のブラウザでもページにアクセスできない

上記の項目に該当する場合は、PCがインターネットに接続できていないことが考えられます。

まずは、ネットワーク関連の機器をすべて再起動してみて下さい。具体的には、次の機器を再起動します。

  • PC
  • ONU/ホームゲートウェイ(回線事業者から貸し出されている機器)
  • Wi-Fiルーター
  • ネットワークハブ

ONUやルーター、ハブなどを再起動するには、ネットワーク機器の電源スイッチを押すか、背面の電源コードを抜いて再度接続します。

全てのネットワーク機器が再起動できたら、タスクバーのWiFi(もしくはLAN)アイコンに異常がないか確認して下さい。

PCのインターネット接続の問題が解決しない場合は、次のページで対処方法を詳しく解説しているので合わせて参考にして下さい。

対処2: DHCPを利用してIPアドレスを再取得する

ネットワーク内でIPアドレス(ローカルIP)が競合していたり、DHCPサーバーから正常なIPアドレスが取得できていないとChromeで通信エラーが発生します。

そのため、ローカルIPを一度再取得してみて下さい。IPを再取得するには、次の手順でWindows PowerShellを起動してコマンドを入力します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御(UAC)が表示されたら「はい」を押します。
  3. 次のコマンドを順番に入力してEnterキーで実行します。
    ipconfig /release

    ipconfig /renew
  4. IPの再取得が完了します。次のコマンドを入力してローカルIPを確認します。
    ipconfig /all
    • 一般的な家庭のネットワーク環境では、正常なIPが取得できていれば「192.168.xxx.xxx」という形式のIPが表示されます。
    • ネットワーク環境によって正常なIPが異なる場合もあります。

対処3: DNSキャッシュをクリアする

DNSキャッシュが悪影響を及ぼしてエラーが発生していることも考えられます。そのため、一度DNSキャッシュをクリアすることをおすすめします。

DNSキャッシュをクリアするときは、Window PowerShellを起動して以下のコマンドを実行しましょう。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」を押します。
  3. 次のコマンドを順番に入力してEnterキーで実行します。
    ipconfig /flushdns

コマンドが正常に実行できたらDNSのキャッシュクリアは完了です。Chromeのリロードボタンを押してWebサイトが正常に開けるか確認して下さい。

対処4: ネットワークインターフェースをリセットする

ネットワークインターフェースのリセットもエラーを解消するために有効な方法のひとつです。この作業を行う場合は、Windows PowerShellを起動した後に次のコマンドを実行します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」を押します。
  3. 次のコマンドを順番に入力してEnterキーで実行します。
    netsh interface ip reset c:\old.log
    • 上記のコマンドは、ネットワークインターフェースをリセットし、変更内容をold.logというファイルに出力してCドライブ直下に保存するというコマンドです。
    • リセットするためには、ログファイルを指定する必要があります。

ネットワークインターフェースのリセットができたら、再度ChromeでWebサイトにアクセスしてDNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGのエラーが出ないか確認して下さい。

対処5: ネットワークドライバーをアップデートする

ネットワークアダプタのドライバーのバージョンが古いことが原因で、通信に問題が起きてDNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGのエラーが表示されるケースがあります。

そのため、ネットワークドライバーを最新の状態にすることで問題が解決する可能性があります。ドライバーのアップデートを行うには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプタ」のツリーを展開します。
  3. 「使用中のネットワークアダプタ名」を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックします。
    • ネットワークアダプタ名は、無線の場合:WirelessやWi-Fi、有線の場合:EthernetやNetwork Contollerなどの表記があることが多いです。
  4. 「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します。
  5. 自動的に新バージョンのドライバーが検索されインストールが実行します。
  6. 完了したらウィザードを閉じます。

ネットワークドライバーが更新できた場合は、再度Chromeでエラーが出るか確認して下さい。

対処6: ネットワークドライバーを再インストールする

誤ったネットワークドライバーがインストールされていると、通信に問題が起きてChromeでDNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGのエラーが出る原因になります。

ネットワークドライバーの更新でエラーが解決しない場合は、ドライバーを再インストールすることで、エラーが解決する可能性があります。

ネットワークドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプタ」のツリーを展開します。
  3. ドライバーを再インストールする「ネットワークアダプタ名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
    • ネットワークアダプタ名は、無線の場合:WirelessやWi-Fi、有線の場合:EthernetやNetwork Contollerなどの表記があることが多いです。
  4. アンインストールの確認が出るので「アンインストール」をクリックします。
  5. ネットワークドライバーが削除できたら、PCを再起動します。
  6. 再起動が完了するとネットワークアダプタが自動でインストールされます。

以上でネットワークドライバーを再インストールすることができます。ChromeでWebサイトが正常に表示されるかを確認して下さい。

対処7: 利用するDNSサーバを変更する

DNSサーバに何らかの不具合が発生している可能性が考えられる場合は、以下の手順にしたがって利用するDNSサーバを変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. ネットワーク設定の変更に表示される「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。
  3. ネットワークアダプターの一覧が表示されるので、利用中のネットワークを右クリックして「プロパティ」を開きます。
    • 無線の場合はワイヤレスネットワーク接続、有線の場合はローカルエリア接続を選択して下さい。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP IPv4)」を選択します。
  5. 右下の「プロパティ」をクリックします。
  6. 「次のDNSサーバのアドレスを使う」にチェックを入れて、以下のGoogle DNSのIPアドレスを入力します。
    • 優先DNSサーバ: 8.8.8.8
    • 代替DNSサーバ: 8.8.4.4
  7. *すでにGoogle DNSを利用していてエラーが発生した場合は、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れてISPが提供するDNSサーバを利用してみて下さい。

  8. 「OK」をクリックします。

DNSの設定変更後、正常にWebサイトにアクセスできか確認して下さい。

エラーが解決した場合は、DNSサーバーに問題が起きていることが考えられるため、復旧するまで変更後のDNSサーバを利用して下さい。

対処8: セキュリティソフトを一時的に停止にする

セキュリティソフトがChromeの通信を遮断していおり、DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGのエラーが発生することがあります。

サードパーティーの製のセキュリティソフトを使用している場合は、一旦機能を停止した状態でWebサイトにアクセスできるかを確認してみて下さい。

停止する方法はセキュリティソフトによって異なるため、マニュアルで確認してください。セキュリティソフトが原因の場合は、Chromeアプリをブロックしないよう除外設定を行うか、別のセキュリティソフトの使用を検討して下さい。

対処9: Chromeの拡張機能を無効にする

Chromeにアドブロックなどの広告をブロックする拡張機能がインストールされていると、ページにアクセスできずDNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGが出るケースがあります。

そのため、拡張機能をインストールしている場合は、一旦全ての拡張機能を無効にして、ページに正常にアクセスできないか試してみて下さい。

Chrome拡張機能は、次の手順で無効にすることができます。

  1. Chromeの右上の「メニューアイコン(3点マーク)」をクリックします。
  2. 「その他ツール」→「拡張機能」を選択します。
  3. インストールされている拡張機能の一覧が表示されます。
  4. 全ての拡張機能のスイッチを「オフ」に切り替えます。

全ての拡張機能が無効にできたら、再度Chromeでページを読み込み直して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)