iPhone「接続できませんでした」と出て電話できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneで電話を掛けようとすると、「接続できませんでした」というエラーが表示されて電話が掛けれないケースがあります。

上記のエラーが表示された画面で「かけ直す」をタップすると正常に電話できる場合もありますが、何度かけ直しても同様のエラーが出て電話できないケースもあります。また、発信だけでなく着信が来なくなってしまう場合もあります。

本記事では、iPhoneで「接続できませんでした」と出て電話できない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: 発信者番号を通知する

iPhoneの発信者番号を非通知にする設定になっていると、相手によっては着信拒否されて「接続できませんでした」のメッセージが表示されるケースがあります。

そのため、iPhoneの発信者番号の設定を確認して、非通知になっている場合は通知する設定に変更してください。発信者番号の通知設定を変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「電話」をタップします。
  3. 「発信者番号通知」
  4. 「発信者番号通知」のスイッチを「オン」に切り替えます。

以上の手順で、iPhoneの発信者番号を通知する設定に変更できます。設定を変更できたら、正常に電話ができるようになったか確認してください。

対処2: 機内モードのオン/オフを切り替える

iPhoneのネットワーク接続に一時的な問題が起きていることが原因で、「接続できませんでした」と表示されて電話ができないケースが考えられます。

そのため、機内モードのオン/オフを切り替えて、ネットワークに再接続することで問題が解決する可能性があります。

機内モードのオン/オフを切り替えるには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上隅を下方向にスワイプし、コントロールセンターを開きます。
    • iPhone 8以前の機種の場合は、画面の下中央を上方向にスワイプしてください
  2. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  3. 数秒待ってから、「機内モード(飛行機アイコン)」を再度タップして「オフ」に戻します。
    • アイコンがグレーになっていれば、機内モードがオフの状態です。
  4. 画面を下から上にスワイプしてホーム画面に戻ります。
    • iPhone8以前の機種の場合は、ホームボタンを押すとホーム画面に戻ります。

以上の手順で、機内モードを切り替えることができます。機内モードを切り替えれたら、電話が正常に掛けれるようになったか確認してください。

対処3: iPhoneを再起動する

iPhoneのシステムに一時的な問題が発生していることが原因で、電話の発信時に「接続できませんでした」のエラーが表示されるケースが考えられます。

システムの一時的なトラブルはデバイスを再起動すると解決できることが多いです。

そのため、iPhoneを一度再起動してから問題が解決しないか確認してください。iPhoneを再起動するには、以下の手順で操作します。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。

iPhoneを再起動できたら、正常に電話ができるようになったか確認してください。再起動しても解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処4: SIMカードを再装着する

iPhoneのSIMカードに接触不良などの問題が起きていることが原因で、「接続できませんでした」エラーで電話ができないケースが考えられます。

そのため、SIMカードを一度取り出してから再装着して、エラーが改善しないか確認してください。SIMカードを取り出すには、以下の手順で行ってください。

  1. iPhoneの電源を切ります。
  2. iPhoneの側面のSIMトレイの穴にクリップなどを差し込んでトレイを開けます。
  3. SIMトレイ内のSIMカードを取り外して、SIMカードの位置と向きをしっかり確認してからトレイにセットし直します。
  4. SIMトレイを奥まで差し込んで閉じます。

SIMカードを再装着できたら、iPhoneの電源を入れて正常に電話ができるようになったか確認してください。

対処5: ソフトウェアアップデートを実行する

iOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、「接続できませんでした」が表示されて電話できないケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行してiOSを最新バージョンにアップデートしてみてください。ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして進みます。
  3. 利用可能なアップデートが表示されたら、「ダウンロードとインストール」をタップします。
    • 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示される場合は、既に最新版にアップデートされています。
  4. アップデートを実行したら、画面の指示に従ってダウンロードとインストールを行ってください。

iOSを最新バージョンにアップデートできたら、iPhoneから正常に電話ができるようになったか確認してください。

対処6: ネットワーク設定をリセットする

iPhoneのネットワーク設定に問題があることが原因で、「接続できませんでした」と出て電話できないケースが考えられます。

そのため、iPhoneのネットワーク設定を一度リセットして問題が解決しないか確認してみてください。ただし、ネットワーク設定をリセットすると、Wi-FiやBluetooth、APNなどの接続を再設定する必要がある点に注意してください。

ネットワーク設定をリセットするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

ネットワーク設定をリセットできたら、必要に応じてWi-FiやBluetooth、APNなどの設定を行って、正常に電話できるようになったか確認してください。

対処7: 着信拒否設定を解除する

間違って相手を着信拒否リストに追加していることが原因で、特定の相手との通話時に「接続できませんでした」が表示されるケースが考えられます。

そのため、着信拒否の設定に電話ができない相手が追加されていないか確認し、追加されている場合は解除してください。

着信拒否の設定を確認して解除するには、以下の手順で行います。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「電話」をタップします。
  3. 「着信拒否した連絡先」をタップします。
  4. 着信拒否リストが表示されます。「電話ができない相手」が追加されている場合は、左にスワイプしてブロックを解除します。

着信拒否設定を解除できたら、iPhoneで電話ができるようになったか確認してください。

自分の着信拒否設定に問題がない場合は、通話相手側にも自分を間違って着信拒否リストに入れてしまっていないか同じ手順で確認してもらってください。

対処8: 着信転送設定を無効にする

iPhoneの着信の転送機能が原因で、「接続できませんでした」が出て電話ができないケースが考えられます。

そのため、着信の転送機能を設定している場合は、無効にした状態で電話ができないか確認してください。

転送機能の設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「電話」をタップします。
  3. 「自動電話転送」をタップします。
  4. 「自動電話転送」のスイッチが「オン」になっている場合は「オフ」に切り替えます。

着信の転送設定を無効にできたら、iPhoneで正常に電話ができるようになったか確認してください。

特定の相手のみ電話が掛けれない場合は、相手に同様の手順で着信転送設定を無効にしてもらってください。

対処9: キャリアの障害情報を確認する

キャリア側に何らかの通信障害が発生していることが原因で、「接続できませんでした」と出て電話できないケースが少なからず考えられます。

そのため、契約先のキャリアの公式ページにアクセスして、通信障害に関する情報が掲載されていないか調べてみてください。

キャリアに通信障害が発生している場合はユーザー側で対処できないため、復旧するまでしばらく待ってから電話を掛け直してみてください。

対処10: キャリアに問い合わせる

全ての対処方法を試してもiPhoneで電話ができない場合は、ネットワークの初期設定や契約状況に問題があることが考えられます。

そのため、契約しているキャリアのヘルプセンターに設定や契約状況に問題がないか一度相談してみることをおすすめします。

コメントを残す

*