スマホでメールやWebサイトが文字化けする原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
mojibake

スマートフォンでインターネットサイトを見ている時や、メールのやり取りで生じることがある文字化け。

文字化けが発生すると、何が書いてあるのかさっぱりわからなくなって非常に迷惑ですよね。

普段はそんな現象をまったく気にしない人でも急になった場合は、間違いなく混乱することになるでしょう。

そこで今回は、スマホでメールやWebサイトが文字化けする原因について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

届いたメールが文字化けする場合の原因と解決策

スマホに届いたメールが文字化けする時の原因は、文字コードにあることがほとんどです。

おそらく文字化けで最も多いケースなのではないでしょうか。

Androidは基本的に「UTF-8」を用いていて、iPhoneでも文字に関してはこのコードを用いることが多いです。

しかし、Windowsの日本語を含むテキストファイルでは「シフトJISコード」を使うのが一般的であるため、パソコンで作ったメモ帳やメールをスマホで確認しようとした際に、全く読めないことがあるのです。

androidでの解決方法

androidの場合の解決方法は、文字コードを自動で判別してくれるアプリを使いましょう。

具体的には「Jota+」や「ESファイルエクスプローラー」などです。

これらを用いれば文字化けを解消できる可能性が高いでしょう。

androidアプリには、文字化けを正しく表示させるアプリがいくつかありますが、その全てが必ず文字を正しく表示するとは限りません。

そのため、アプリをダウンロードする際は、レビューなどにしっかり目を通すようにしましょう。

iOSでの解決方法

iOSの場合の解決法は、文字化けを起こしたメールをパソコンのメールアプリケーションや、別のiPhone用メールアプリケーションを使って閲覧することです。

常に使うメールアプリで文字コード判定が失敗したとしても、他のソフトなら成功する可能性があります。

iPhoneなら、SafariからGmailやOutlook.comメール等のメールを閲覧することができるので、Safariを使うのも有効です。

Webサイトが文字化けする場合の原因と解決策

AndroidでWebサイトが文字化けする場合は、エンコードが原因となっていることがほとんどですのでそこを解決すれば治ります。

iPhoneでWebサイトが文字化けする場合も同じですが、iOS9ではSafariが文字化けする確率が上がったという報告も目立っています。

それでは別々に解決方法を記載していきましょう。

androidでの解決方法

androidの場合は、文字化けしている画面でメニューキーをタップして、その他の設定からエンコードを変更すれば治ることがほとんどです。

文字化けをした場合は、まずエンコードを疑いましょう。

iOSでの解決方法

iOSでSafariを使うと文字化けしてしまうなら、Chromeを使うと解決する方法があります。

具体的な方法を箇条書きにしますので参考にしてください。

  1. Safariで文字化けしたサイトのURLをコピーする
  2. Chromeの「設定」を開く
  3. 設定にある「コンテンツの設定」をタップする
  4. コンテンツの設定から「エンコード自動検出」をオンにする
  5. コピーしたURLをchromeで開いて確認する

スマホでメールやWebサイトが文字化けする原因のまとめ

スマホで文字化けする原因は、文字のエンコードの違いによるものがほとんどです。

文字化けは突然起きると焦りますが、スマホに大きなトラブルが発生しているわけではありません。

現在は、文字コードはUTF-8が一般的ですので、文字化けの原因はメールの送信側、Webサイトにあります。

メールやWebで文字化けが起きて内容を確認したい場合は、開いているブラウザの設定変更や、外部アプリを使用することで、解決できる可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*