Androidのキャッシュとは?削除できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sumaho_katte

スマホユーザーでおそらく一度は耳にしたことがある「キャッシュ」という単語。

大抵の人の認識は、削除するとスマホの動作が軽くなるとか動きがよくなるといったものだと思います。

そこで今回はAndroidの「キャッシュ」と削除できない時の対処法について解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュって何?

Androidスマホにおけるキャッシュとは読み込みを早くするために便利なデータのことです。

これがあると二回目以降にプラウザでページを開くと一回目よりも開くための時間が早くなります。

つまり、プラウザを使うにあたって待ち時間が短くなる便利な物ということですね。

そんなに便利ならなんで消すの?

プラウザをよく使う人には便利なキャッシュですが落とし穴があります。

つまり、いろんなページを見る人はキャッシュによるデータが大量にできてしまうのでキャッシュ容量が増加してしまい、スマホの動作が悪くなることがあるのです。

そのため、キャッシュは頻繁にではなくても一定期間ごとに削除するべきものになります。

大抵のスマホの不調はアプリの入れすぎやキャッシュ容量の増えすぎにあるので、動作がおかしい・重い・鈍いと思ったら思い切ってキャッシュの削除を行ってみてください。

どうやってキャッシュを消すの?

一昔前のandroidではアプリを使って一括削除するのが基本でしたが、Androidバージョンが4.2以降では本体設定から一括削除ができるようになっているためアプリは不要になりました。

やり方は非常に簡単ですので、是非とも覚えてくださいね。

キャッシュの削除手順

まずは【本体設定】を開いて、その中にある項目から【ストレージ】を選択してください。

その中に空き容量やアプリなどのデータ容量が記載してあるので、そこにある【キャッシュデータ】を選択しましょう。

そうするとキャッシュデータを削除しますか?という旨を聞かれるので【OK】を押してください。

Andoridのキャッシュが削除できない時の対処法

Andoridのキャッシュは、バージョン4.2以前と以降で削除の方法が異なります。

そのため、Androidでも同じ方法で削除できないケースがあります。

Android4.2より前のスマホの場合

Android4.2より前のスマホの場合は本体設定から一括削除ができないので、アプリによる一括削除を行ってください。

キャッシュ削除アプリなどをダウンロードして一括削除を行いましょう。

キャッシュ削除アプリなら、比較的簡単にキャッシュの削除ができるので、操作に自信のない人にもおすすめです。

※Google Play以外からダウンロードしたアプリには、悪質なアプリなどもあるので、アプリはGoogle Playからダウンロードするようにしましょう。

Android6.0の場合

Android6.0の場合、メモリ解放やキャッシュ削除系アプリでキャッシュの削除ができないケースがあります。

理由はサードパーティ製アプリにその権限が無くなってしまったからです。

ですので、Android6.0ユーザーは本体設定からの削除を行うようにしてください。

Androidのキャッシュが削除できない時のまとめ

Andoridのキャッシュは、スマホの動作を快適にするための仕組みですが、あまりにキャッシュが増えてしまうとスマホの動作が不安定になってしまう場合があります。

そんな時にはキャッシュの削除をすることが大切です。

Androidのキャッシュの削除方法は、

  • Android4.2以前:アプリを使って削除
  • Android6.0以降:本体設定より削除

になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

*