iPhoneを買い替えた時の一番簡単なデータ移行の方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
iphone_kaikae

iPhoneを買い替えした時に、意外にこのデータ移行について悩むことが多いんですよね。

なぜならiPhoneの場合は、連絡先や写真、音楽、映像などは自力でデータ移行する必要があるからです。

そこで今回は、iPhoneを新しい機種に買い換えたときのデータの移行方法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneのデータ移行の前にすること!

check
新しいiPhoneでのデータ復元前に、いくつかやるべきことがあります。

それはバックアップを取っておくこととiOSやアプリのバージョンを最新のものにすることです。

最新のものにしておかないとアプリが消えたり、メールやLINEの履歴も消えてしまう場合があります。

1.iOSを最新にする

iphone_soft
やり方は【設定】から【一般】を開いて【ソフトウェアアップデート】をタップするだけです。

ここで「お使いのソフトウェアは最新です」とでれば問題なしなのですが、「ダウンロードとインストール」という表示が出ているなら最新ではありません。

Wi-Fiかパソコンに繋いでiOSを最新にしてください。

2.アプリを最新にする

iphone_update
こちらも簡単で【App Store】を開いて右上の【すべてのアップデート】を選択するだけです。

インストールしているアプリが最新かどうかをチェックしましょう。

これでデータ移行の下準備は完了となります。

データ移行したいiPhoneをバックアップしましょう!

iphone-itunes
iPhoneのデータをバックアップをするためには、パソコンでiTunesを使う方法と、Wifi環境でiCloudを使う方法があります。

今回は、初心者でも簡単にできるiTunesを使ったバックアップ方法について説明していきます。(*iTunesを使った方法ではパソコンが必要です)

iTunesは、Appleの公式サイトよりダウンロードできます。まずは、パソコンにiTunesをインストールしてください。

■Apple公式「iTunesダウンロードページ」

iTunesを使ったバックアップ手順

itunes_1
まずiPhoneとパソコンを接続してiTunesを起動します。

初めてiTunesを使う場合は、【新しいiPhoneへようこそ】の画面が表示されるので、【新しいiPhoneとして設定】を選択して【続ける】→【同期】と進んでください。

iTunesが開いたら上部のアップルマークの下にある【iPhone】をクリック。その後左メニューより【概要】をクリックします。

すると右側に【バックアップ】という項目が出てくるので、そこの【このコンピュータにバックアップを作成】にチェックをいれてください。

チェックしたところの下に、【iPhoneのバックアップを暗号化】という項目があるのでそこもチェックをしてください。

暗号化をオンにしていると【パスワードの設定画面】がでてくるので任意のパスワードを入力しましょう。

そうするとバックアップが開始されるので、あとは終了まで待ちます。

新しいiPhoneでバックアップを復元しましょう!

backup
バックアップが終わったら、新しいiPhoneをパソコンとつないだ状態で電源を入れて、同じようにiTUnesを起動してバックアップからの復元を行います。

新しいiPhoneをパソコンに接続し、キーボードの選択までいったら次へを選択してパソコンの操作に移ります。

するとiTunesの画面が切り替わるので【このバックアップから復元】に選択して【続ける】をクリックしてください。

この時、パスワードが設定されているので先ほど設定したパスワードを入力しましょう。

そのあとは復元が開始されるのであとは終わるまで待つだけです。以上で、移行作業はおわりです。お疲れさまでした!

iPhoneの移行はiTunesが一番簡単

iPhoneのデータ移行の方法は、他にもありますが、iTunesを使った方法が一番簡単だと思います。

これからiPhoneを買い替えたり、買い替えたいけど移行が心配という方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)