iCloudでバックアップした写真データを見る・確認する方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPhoneの写真などのデータを手軽にクラウド上にバックアップできるiCloud。同期さえできていれば、万が一の時に残しておきたい写真をすぐに復元できるので安心ですよね。

でもiCloudにバックアップした写真ってどうやって見るの?と疑問に思う方も多いと思います。

そんな方のために、iCloudでバックアップした写真を見る・確認する方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iCloudにバックアップされる写真は2種類ある


iCloudにバックアップされる写真は実は2種類あります。

  • マイフォトストリーム・・・容量制限はないが、1000枚が上限。保存期間は30日間
  • iCloud写真(フォトライブラリ)・・・iCloudの容量まで保存できる(無料は5GB)。保存期間はない

iCloudフォトライブラリは、iOS8.3以降に新しく搭載された機能でiCloudの容量(5GB)を使用します。(*iOS12.0より設定アプリ上の名称がiCloud写真に変更されています。)

iCloud写真(フォトライブラリ)を利用する場合は、最低でも50GB以上のストレージプランにしないとすぐに容量が一杯になってしまいます。

逆にマイフォトストリームは、容量にカウントされませんが保存制限があります。

iPhoneのiCloud設定によって、写真のバックアップのとり方が違うので、マイフォトストリーム・iCloudフォトライブラリがオンになっているかまず確認して見て下さい。

写真のバックアップ設定を確認するには?

お使いのiPhone/iPadが、マイフォトストリーム・iCloud写真(フォトライブラリ)の機能を使っているかを確認するには、次の操作を行ってください。

[確認手順]

  • ホーム画面から【設定アプリ】を開きます。
  • 一番上の[AppleID(自分の名前)]をタップします。
  • 【iCloud】→【写真】をタップして【iCloud写真】と【マイフォトストリーム】がオンになっているか確認します。

*iOS12.0以降の名称が【iCloudフォトライブラリ】→【iCloud写真】に変更になっています。

オンになっている項目が、バックアップをしている設定になります。両方オンになっている場合は、どちらともバックアップを残している状態です。

どちらともオフになっている場合は、iCloud上に写真のバックアップをアップロードできていませんので、用途に合わせてどちらかの設定をオンにしてください。

iCloudにバックアップされた写真を見る4つの方法

iCloudに保存されている写真を見るには、次の4つの方法があります。

スマホがiPhoneの場合は、写真アプリを見る方法が一番手軽だと思います。Androidのスマホ、WindowsやMacのパソコンからでもiCloudの写真を確認することができます。

それでは、4つの写真の確認方法について見ていきましょう。

1.iPhoneからiCloud上の写真を見る


iPhoneからiCloud上の写真を確認するには【写真】アプリを使います。

iCloudフォトライブラリ、マイフォトストリーム両方の写真を簡単に確認することができます。

iCloudフォトライブラリの写真を確認

iCloudフォトライブラリがオンになっている場合は、【写真】タブ内の全ての写真は自動でバックアップされます。

そのため、写真アプリを開いて表示される写真は全てバックアップされた写真です。

また、iCloudフォトライブラリがオンの状態で【写真アプリ】内の写真を消すとiCloud上からも同時に削除されます。

マイフォトストリームの写真を確認

マイフォトストリーム内の写真を確認するには、同じように【写真アプリ】を起動します。下部に表示されているメニューの【アルバム】を選択してください。

アルバム一覧の中の【マイフォトストリーム】から、マイフォトストリームでバックアップされた写真を見ることができます。

マイフォトストリームが表示されない場合は?

マイフォトストリームがアルバムの一覧に表示されない場合は、マイフォトストリームの機能がオンになっていないことが考えられます。

もし、マイフォトストリームを使ったバックアップを行いたい場合は、iPhoneの【設定】から【AppleID】→【iCloud】→【写真】→【マイフォトストリームにアップロード】がオンになっているか確認してください。

2.ブラウザからiCloud.comにアクセスする


iCloud写真(フォトライブラリ)の機能でバックアップした写真は、Apple公式のiCloud.comにアクセスして確認することができます。

*マイフォトストリームの写真はiCloud.comからは見ることはできないので、他の方法を参考にしてください。

ブラウザで確認できるので、WindowsやMacのパソコンでも特別なソフトをインストールする必要がありません。また、Androidの場合ひと手間必要ですが、同様にブラウザから確認することができます。

iCloud.comで写真を確認する手順

[確認手順]

  1. Apple公式の【iCloud.com】にアクセスします。
    (*Androidの場合は、ページを開いてから3点メニューより「PC版サイトを見る」を選択してください。)
  2. ログイン画面が表示されるので、iCloudのIDとパスワードを入力してログインします。
  3. 初めてログインする場合は、【iCloudを使って開始】をクリックしてください。
  4. ログイン後、【写真】を選択します。

モーメント内に表示される写真は、iCloud写真(フォトライブラリ)でバックアップされた写真になります。

以上の手順で、ブラウザからiCloudにバックアップされた写真を確認することができます。

iCloud写真(フォトライブラリ)を有効にした状態で、iCloud.com上で写真を削除をするとiPhone内の写真も同時に削除されます。

3.Windows用iCloudを使う


Windowsの場合、iCloud.comにアクセスする以外の方法で、Appleから提供されている【iCloudコントロールパネル】をインストールして写真を見ることができます。

Windowパソコンで写真を整理したり、他のデバイスに写真を移したい時などは、こちらの方法がおすすめです。

Windows用iCloudを使って写真を確認する手順

まず、Apple公式サイトから【Windows用iCloud】をダウンロードして、パソコンにインストールしてください。インストール後、再起動の確認が出るので「はい」をクリックしてパソコンを再起動します。

インストールが完了したら、以下の手順でiCloudの設定を行います。

[手順]

  1. スタート→「iCloud」を起動します。
  2. 初回起動時にアカウントの設定が表示されるので、iCloudのIDとパスワードを入力してサインインします。
  3. iCloudと同期する一覧が表示されるので【写真】にチェックをつけて【オプション】をクリックします。
  4. 【iCloudフォトライブラリ】、または【自分のフォトストリーム】のチェックをオンにして【終了】をクリックします。
  5. 最後に【適用】→【閉じる】の順でクリックします。

以上の設定でiPoneで新しく追加される写真がパソコンへ自動でダウンロードされます。

iCloudフォトライブラリをオンにした場合は、次に過去の写真のダウンロードを行います。

[手順]

  1. タスクバーの右側に表示されている【iCloud】アイコンを開きます。
    (*ない場合は、上矢印マークをクリックしてください。)
  2. 【写真をダウンロード】をクリックします。
  3. 「すべて」のチェックボックスをオンにして【ダウンロード】をクリックします。
  4. iCloud上の写真のダウンロードが始まるので完了するまで待ちます。

    設定が完了すると、パソコンのピクチャフォルダ内に「iCloud Photos」というフォルダができます。

    この中の「ダウンロード」フォルダ内にiCloudフォトライブラリで保存されたiCloud上の写真がダウンロードされます。

    マイフォトストリームを見たい場合は、【スタート】→【iCloud】→【iCloudフォト】を開いて【自分のフォトストリーム】をクリックすると確認できます。

    Windows用iCloudは同期ではなくダウンロード

    Windows用iCloudは、写真データを一度だけダウンロードするだけで同期はしません。

    そのため、Windowsでダウンロードした写真を削除や編集をしてもiCloud上の写真には反映されません。

    Windowsで編集した写真をiCloud上に保存したい場合は、【スタート】→【iCloud】→【iCloudフォト】を開いて、上部メニューの【写真およびビデオをアップロード】からアップロードしてください。

    DropboxやGoogleドライブなど同期型のクラウドアプリと同じような使い方はできないのでご注意ください。

    4.Macの写真アプリから写真を見る


    Macをお持ちの場合は、標準アプリの【写真】からバックアップした写真を簡単に確認できます。

    事前にMacのiCloudが設定されているか確認するようにしてください。

    MacのiCloudを有効にするには、【Appleマーク】→【システム環境設定】→【iCloud】を開いて、使用しているApple IDでサインインしてください。

    Macの【写真アプリ】から写真を確認する手順

    [確認手順]

    1. Macの【写真アプリ】を開きます。
    2. 上部メニューの【写真】から【環境設定】を選択します。
    3. 【iCloudタブ】を選択して、【マイフォトストリーム】もしくは【iCloudフォトライブラリ】にチェックが入っているか確認してください。
    4. 【写真アプリ】の左メニューの【マイフォトストリーム】もしくは【iCloudフォトライブラリ】を開くと写真を確認できます。

    なお、写真アプリの起動がはじめての場合はライブラリを新規で作成する必要があります。

    写真アプリの起動時にライブラリの作成を行い、【写真】→【環境設定】→【システムフォトライブラリとして使用】のボタンを押してから上記の手順で操作してください。

    まとめ

    新しくiCloudフォトライブラリの機能が追加されたことで、iCloud上の写真の取り扱いに混乱してしまうかもしれません。

    お金を掛けずに写真のバックアップをしたい場合は、フォトストリーム機能のみ利用するようにした方が良いです。

    ただしフォトストリームには保存制限があるので、今回紹介した方法で残したい写真を確認して、定期的にパソコンに移すようにしましょう。

    スポンサーリンク

    コメント

    1. ジャラスドゥアン より:

      iCloudに保存するを今回初めて、間違えて、OS更新の際選んでしまった様で、iPhoneから直接PCに保存できず戸惑ってしまいましたが、ITおじさんのおかげで混乱がほぼ解消されました。どうもありがとうございました。もし良ければ更に踏み込んだiCloudで写真を扱う際の注意事項を教えていただきたいです。もう以上が完結な内容だと思われますが他にファイルをデバイス間で行き来させる際の注意事項等もございましたらどうぞよろしくお願いいたします。

    2. ITおじさん より:

      ジャラスドゥアンさま

      お困りな点が解決されたようで何よりです。新機能の追加は嬉しいですが、使う側としては混乱しますよね。

      iCloudの写真の取り扱いでトラブルがあるとすると、iCloudフォトライブラリの削除時だと思います。

      以下に詳しく記事を書いておりますので、参考にしてみてください。

      ■消す前に確認!iCloudフォトライブラリを削除する方法と注意点は?
      http://itojisan.xyz/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%AD%98/iCloud%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%92%E5%89%8A%E9%99%A4%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)