PCなしでできる!iPhoneストレージの消えない「その他」の消し方・削除方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneストレージの内訳で問題になる謎の「その他」。いつの間にか「その他」が占める割合が大きくなっていることも珍しくありません。

そんな「その他」を削除するために、PCのiTunesを使った方法が紹介されていますが、PCが無い方も多いと思います。

そこで今回は、PCなしでiPhoneのストレージにある「その他」を消しての空き容量を確保する方法を解説していきます。

「その他」とは一体何のデータなのか?

先に「その他」がどのようなデータをさせていたのか知っておきましょう。「その他」には以下のようなデータが含まれています。

  • iOS本体などのシステムファイル
  • システムファイルのキャッシュ
  • ブラウザキャッシュ
  • アプリのキャッシュ
  • 削除したはずの写真や動画

「その他」に割り当てられるデータのほとんどはキャッシュファイルです。

iPhoneを使えば使うほどキャッシュファイルが蓄積されていき、次第に無視できないレベルにまで「その他」の割合が増えていきます。

この「その他」を削除する方法は複数あるので順番に紹介していきます。

方法1:iPhoneを再起動する

最も効果的な方法はiPhoneを再起動することです。「その他」に蓄積され続けているキャッシュファイルのほとんどは、iPhoneを再起動したり電源落とすと自動的に削除されます。

iPhoneを再起動する方法を忘れた方は以下の手順でおこなってください。

  1. 電源ボタンを数秒押し続けます。
  2. [スライドで電源オフ]が表示されたら電源アイコンを右にスライドします。
  3. 完全に電源が切れるまではローディングアイコンが回転しているので、電源が切れるのを待ちます。
  4. 電源が落ちたのを確認できたら、アップルロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しします。
  5. しばらくすると再起動が完了します。
  6. ロック解除のパスワードを設定してる場合は、パスワード認証が必要になるので、入力してホーム画面に入ります。
  7. 「その他」の割合が変化しているか確認してください。

再起動しただけでその他の割合が減っていたら、キャッシュファイルが溜まっていたということになります。

ただし「その他」を占めるデータはすべてはキャッシュファイルというわけではなく、iOSのシステムファイルなども含まれているので、再起動しただけで「その他」の割合がゼロになることはありません。

方法2:Safariのキャッシュを削除する

Safariを頻繁に使用するのであればブラウザキャッシュがかなり溜まっていることが考えられます。

ブラウザキャッシュはiPhoneを再起動しても削除されないため、手動で削除する必要があります。

Safariのブラウザキャッシュを削除する手順は以下の通りです。

  1. [設定]アプリを開きます。
  2. 少しスクロールしたら[Safari]があるので、それをタップ
  3. [履歴とWebサイトデータを消去]をタップしてキャッシュの削除を実行します。
  4. Safariで保存されていたブラウザキャッシュが無くなり、「その他」の割合がある程度解消されます。

上記の操作を行うと、Safariのブラウザキャッシュを削除するとログイン状態もリセットされるため、SafariからTwitterなどのログインが必要なサービスを利用する際は再ログインが必要になります。

方法3:使用していないアプリを削除する

インストールしているアプリのデータは書類とデータを含めて「App」として計算されますが、アプリ使用時に発生するキャッシュファイルは別です。そのキャッシュファイルは「その他」に割り当てられるので、使用するアプリが多ければ多いほどキャッシュファイルが作成される機会が多くなります。

その場合は、アプリをアンインストールすることで「その他」に蓄積されたキャッシュファイルを削除することができます。

アプリをアンインストールする手段は大きく分けて次の2通りあるので、それぞれの手順を紹介します。

手順1:ホーム画面からアンインストールする方法

  1. ホーム画面でアプリをタップしてホールドし、アプリアイコンにバツボタンが表示されたら離します。
  2. 削除したいアプリの右上にあるバツボタンをタップすると、アンインストールが行われます。

ホーム画面からアンインストールする場合は以上で完了です。アンインストール後、「その他」の割合が変化しているか確認してください。

手順2:設定アプリからアンインストールする方法

  1. iPhoneの設定アプリを開きます。
  2. [一般]をタップします。
  3. [iPhoneストレージ]をタップします。
  4. アンインストールしたアプリをタップします。
  5. [Appを削除]をタップし、アンインストールを実行します。
  6. アンインストールが完了します。

アンインストールが完了したら、iPhoneストレージの画面に戻って「その他」の割合が変化しているか確認してみてください。

ちなみに「その他」の割合を減らしたい場合は「Appを取り除く」ではなく「Appを削除」を選ぶようにしてください。

「Appを取り除く」の場合、「App」の割合を減らすことができますが、その際にキャッシュデータが生成されるため、わずかながら「その他」の割合が増加します。覚えておくといいでしょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)