Hao123の危険性と完全にアンインストールして削除する方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いつの間に勝手にインストールされるHao123。ブラウザを起動すると突然スタート画面がGoogleやYahoo、BingではなくHao123が出てくるケースがあります。

「hao123をスタートページに設定しませんか?」のメッセージが表示され、誤って「はい」を押してしまった方も多いと思います。

Hao123にウイルスなどの危険性はないのでしょうか。また完全に削除するにはどうすればいいのでしょうか。

本記事では、Windows10におけるHao123の危険性と、完全にアンインストールして削除する方法を紹介します。Hao123の削除・アンインストールができない方も参考にしてみて下さい。

Hao123とは

「Hao123(ハオ イーアルサン)」は、中国のBaidu社が提供しているナビゲーションサイトです。

日本で言うところのYahoo!に近いサービスを展開しています。Hao123のWebサイト自体に脅威はありませんが、問題となるのはHao123のプログラムです。

Hao123のプログラムがPCにインストールされると、バックグラウンドで動作し、スパムやウィルスのような挙動を見せます。

Hao123の危険性

危険性1: 使用ブラウザの設定を自動的に変更される

Hao123をインストールすると、Google ChromeやMicrosoftEdgeなど、それまで使用していたブラウザの設定が変更されて、Hao123がパソコンのスタートページになってしまいます。

既存のショートカットアイコンからブラウザを開き直しても、Hao123が自動的に表示されるという事態を引き起こします。

Hao123を積極的に使用したという場合は便利な機能ですが、ブラウザの表示がHao123の表示に変更されてしまう点が厄介です。

特にパソコンを使い始めたばかりの方は、この変化に戸惑い、設定を元に戻す方法も分からない状態に陥ってしまいます。

危険性2: 不必要な広告が配信される・検索結果が操作される

Hao123がインストールされていると、本来表示されない場所に広告が表示されたり、検索する度に商用ページにリダイレクトされるケースがあります。

また、インターネットの検索結果が操作され、広告に誘導されるケースも起きています。

Hao123がインストールされることで快適なブラウジングができなくなります。

危険性3: 検索内容が勝手に収集される

Hao123をインストールしてしまうと、検索エンジンはHao123の開発会社であるBaidu社のものに変えられ、日本語入力ソフトも「Baidu IME」に変更されます。

そのためHao123を使用していると、検索したテキストの内容がいつの間にか収集され、検索内容に関連したスパム系の広告が表示される頻度も高くなる傾向にあります。

特に日本語入力ソフトのBaidu IMEは、パソコンの固有IDや利用しているソフト名、パソコンに入力されたテキスト情報などを、無断で外部に送信していたことが2013年に発覚しています。

キーロガーと呼ばれるキーボード監視システムプログラムを利用したもので、現在情報収集は行っていないという声明も出されましたが、心配な方はアンインストールを行うことを検討しましょう。

危険性4: フリーソフトのインストール時に付属してくる

一部のフリーソフトをインストールしようとした際に、Hao123が付属されているケースもあります。

インストール時に表示される案内をしっかり確認しておらず、Hao123のインストール案内を見落とすことで、結果としてPCにHao123がインストールされます。

またインストール案内時には「Hao123をインストールしないと、目的のソフトがインストールできません」という文章が表示される場合もあるようです。

危険性5: 簡単にアンイストールできない

一度インストールしたHao123をアンインストールしようとしても、簡単にアンインストールができません。

ブラウザやパソコンの設定を元の状態に戻すには、アプリのアンインストール以外にも操作が必要です。

完全にアンイストールしないと、いつの間にかHao123が復活するという事態も起こります。

Hao123を完全にアンインストールする方法

Hao123は、単純なアンインストールで削除できません。

Hao123を確実にアンインストールするには、次の手順でアンインストールを行ってください。

手順1: スタートアップに登録されているHao123を無効にする

まずWindowsのスタートアップに、「Hao123」のプログラムが登録されていないか確認します。

「Hao123」のプログラムが起動している場合、正常にアンインストールができないケースがあるため、先にプログラムを無効化します。

  1. 「スタート」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. タスクマネージャーが起動します。「スタートアップ」タブをクリックします。
    • タブが表示されていない場合は、「詳細」をクリックして下さい。
  3. 「名前」、「発行元」にHao123が含まれているプログラムがあれば、右クリック→「無効化」を選択します。
  4. PCを再起動します。

手順2: コントロールパネルからプログラムを削除する

Hao123のプログラムが起動していないことを確認できたら、続いてアンインストールを行います。

Hao123のをアンインストールするには、通常のプログラムの削除と同じく「コントロールパネル」から行います。手順は以下の通りです。

  1. 開いているブラウザを全て閉じます。
  2. 「スタート」をクリックして「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリックします。
  3. 「プログラム」の項目にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。
  4. 表示された画面の右上にある検索バーで「Hao」と検索して、「Hao」や「Hao123」という名前のあるプログラムをダブルクリックして削除します。

手順3: ブラウザからHao123の設定を完全に削除する

Hao123のプログラムをアンインストールしても、ブラウザの設定やアドオンによって再びHao123のページが開いてしまいます。

それを防ぐためにも、使用しているブラウザの設定からHao123を完全に削除します。

ブラウザからHao123を完全削除する手順は上記のページを参考にして下さい。複数のブラウザを使用している場合は、全てのブラウザからhao123を削除して下さい。

手順4: AppData内の「Hao123」のフォルダを削除する

Hao123の設定やキャッシュファイルが残っている場合があります。

次の手順で「AppData」フォルダ内に「Hao123」のファイルが残っていないか確認します。

  1. エクスプローラを開きます。
  2. エクスプローラのアドレスバー次のアドレスを入力してEnterキーを押します。
    %USERPROFILE%\AppData\Roaming
  3. 「Baidu」ファイルを「hao123」のフォルダを右クリック→「削除」を選択します。
    • Baidu関連のプログラムを使用しない場合は、「Baidu」フォルダごと消してしまっても問題ありません。

アンインストールできない時の対処法

紹介したアンインストール手順を踏んでも、Hao123が表示される場合は、次の対処法をお試し下さい。

対処1: 「Baidu」名義のファイルも削除する

「プログラムのアンインストール」にHao123の項目が無く、アンインストールできないことがあります。

この場合、Hao123の開発会社である「Baidu」の名義でプログラムが登録されていないか確認して下さい。Hao123以外にもBaiduというプログラムがインストールされていたら、そのプログラムを削除しましょう。

またBaidu社の日本語入力ソフトであるBaidu IMEも同時にアンインストールすることをおすすめします。

対処2: エクスプローラでファイルを検索して直接削除する

PC内にHao123の関連ファイルが残っていないか検索します。ファイルが残っている場合は削除を行って下さい。

この手順でファイルを直接削除する場合は、必ず『手順1: コントロールパネルからプログラムを削除する』で、Hao123に関連するプログラムを全てアンインストールしてから行って下さい。

  1. 「エクスプローラ」を起動します。
  2. 左ペインで「ローカルディスク(C:)」を選択します。
  3. 右上の検索フォームに「hao123」を入力します。
  4. 検索結果に出た「hao123」の関連ファイルを右クリックして「削除」を選択します。
  5. 同様に「baido」で検索して関連ファイルを削除します。

対処3: セーフモードで起動してアンインストールを行う

Hao123のプログラムのアンインストール時や関連ファイルの削除時にエラーが出てしまう場合は、セーフモードでWindowsを起動して操作を行って下さい。

Windows10をセーフモードで起動する方法は、次のページを参考にしてください。

対処4: レジストリから削除する

これまで記載した方法を実行することでHao123はアンインストールできますが、OSであるWindows10のプログラムに関わる「レジストリ」にも、Hao123関連のプログラムが残っている場合があります。

Hao123のレジストリ値だけが残っていることで、影響が出ることは考えづらいですが、気になる場合はレジストリエディタから削除することもできます。

ただし、誤ったレジストリを削除するとWindowsの動作に影響するため推奨しません。

Hao123を一度インストールしてしまったPCを完全に綺麗にしたい場合は、『対処3:パソコンをリカバリーする』をおすすめします。

  1. 「スタート」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  4. レジストリエディタが起動します。
  5. 「編集」→「検索」をクリックします。
  6. 「検索する値」に「Hao123」、もしくは「Baido」を入力して検索します。
  7. 疑わしいレジストリが見つかるまで「次を検索」を繰り返します。
  8. 疑わしいレジストリあった場合は、リポジトリを選択して「削除」をクリックします。

対処5: パソコンをリカバリーする

Hao123を一度インストールしたPCから完全に関連ファイルやレジストリを削除したい場合は、Windowsのリカバリをおすすめします。

Windows10のリカバリーの手順については次のページをご参照ください。

リカバリーを行うことでパソコンが初期化され、Hao123は完全に削除されます。ただし、PC内のファイルも全て消えてしまうため、リカバリーをする場合は、ファイルのバックアップを必ず取ってから行って下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)