LINEで「復号しています」と出てメッセージが読めない原因と直し方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

機種変更をしてLINEでトークを引き継いでみると表示される「復号しています」のメッセージ。肝心のトーク内容が読めず、困っていしまう方も多いと思います。

このメッセージは、機種変更による引き継ぎに限らず、iOSやAndroidのソフトウェアアップデートでも引き起こされるケースがあるようです。

今回は、LINEでメッセージに「復号しています…」や「メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。」 と表示され、メッセージを読めない原因と直し方をご紹介いたします。

「復号しています」が出る原因

LINEのセキュリティ機能である「Letter Sealing」というメッセージ暗号化機能が原因として考えられます。

「復号しています…」や「メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。」 の表示は、「Letter Sealing」の機能によって暗号化されたメッセージを元のメッセージに復元している状態です。

ただし、復号のメッセージは、暗号化を戻すのに時間がかかっているか、暗号化を戻せない状態で処理が止まっているケースが考えらえます。

Letter Sealingとは?

2015年11月から導入されている LINE のセキュリティ機能で、LINE公式ブログでは以下のように説明されています。

「Letter Sealing」 とは、発信者の端末からLINEのサーバーを経由した受信者の端末までユーザー間のメッセージ内容を暗号化し、送信者と受信者以外にはメッセージ内容を解読できないように設計された暗号化方式(End-to-end encryption, E2EE)です。

要約すると、LINEでメッセージのやり取りをしている相手と自分のメッセージが暗号化されているということです。

現在では、ほぼ全てのトークルームで、Letter Sealing 機能が有効の状態です。

Letter Sealingが導入された理由

Letter Sealingが導入された背景として、LINEの乗っ取り行為があります。

乗っ取られるとどうなるかというと悪意のあるユーザーにアカウントを乗っ取られ、意図しないメッセージが登録されている友達に送信されるということが発生します。

そのため、悪意のあるユーザーから乗っ取られないようにLetter Sealing 機能を導入し、セキュリティを強化したという背景があります。

「複合しています」が出たメッセージの直し方

対処1: LINEを最新バージョンにアップデートする

まずは、LINEが最新の状態かどうかを確認します。

  • iOSの場合・・・
    AppStoreを起動して右上の「自分のアイコン」をタップ。スクロールして「LINE」に「アップデート」が表示されている場合はタップする。
  • Androidの場合・・・
    GooglePlayを起動して左上の「3本線」をタップ。「マイアプリ&ゲーム」をタップして「LINE」に「更新」が表示されている場合はタップする・

アップデートがあった場合は、LINEを再度起動して「復号しています」のメッセージが消えていないか確認します。

対処2: Letter Sealing 機能の無効にする

最新の状態でも発生する場合は、自分の LINE で Letter Sealing 機能を無効にします。

Letter Sealing 機能の無効手順は次のとおりです。 (*iPhone と Android 共通)

  1. LINE を起動します。
  2. 「歯車」のマークをタップします。
  3. [プライバシー管理] をタップします。
  4. [Letter Sealing] をタップし、オフにします。
  5. LINEを再起動します。

[Letter Sealing] がオフにできたら、再度メッセージを見て「復号しています」のメッセージが消えていないか確認しましょう。

対処3: Letter Sealing 機能を有効にし直す

Letter Sealing 機能を無効にしても、メッセージが見れない場合は、[Letter Sealing] の機能を何回かオフ→オンを切り替えることで改善する可能性があります。

  1. LINE を起動して「歯車」マーク→[プライバシー管理]をタップします。
  2. [Letter Sealing] をタップし、オフ→オンに何度か切り替えます。
  3. LINEを再起動します。

対処4: トーク相手にLetter Sealingのオン/オフを試しもらう

ここまでの対処で改善がなければ、Letter Sealing 機能をトークをしている相手にも無効→再度有効にしてもらいます。

できれば、その後LINEをお互いに一度再起動することをおすすめします。

しかしながら、すべての相手に行えるかというとそうではないので、最終的な手段と考えてください。

「復号しています」を出さないトークの引き継ぎ方法

「復号しています」が出る原因として、「Letter Sealing」の機能が原因となっていることが分かりました。

しかし実は、このメッセージは[Letter Sealing]機能を無効にしてからトークのバックアップを取れば表示されません。

最後に、今後「復号しています」のメッセージを出さないトークの引き継ぎ手順を紹介します。

iPhoneの場合

  1. LINE を起動します。
  2. 歯車のマークをタップします。
  3. [プライバシーの管理] から [Letter Sealing] をオフにします。
  4. [アカウント] 画面でメールアドレスとパスワードが設定されていることを確認します。
    • メールアドレスとパスワードを設定していなければ設定してください。
  5. [トーク] をタップし、[トークのバックアップ] をタップしバックアップします。
  6. アカウントを引き継ぐ場合は [アカウント引き継ぎ] をタップし、[アカウントを引き継ぐ] をオンにしてください。

Androidの場合

  1. LINE を起動します。
  2. 友達を開き、歯車のマークをタップします。
  3. [プライバシー管理] から [Letter Sealing] をオフにします。
  4. [アカウント] 画面でメールアドレスとパスワードが設定されていることを確認します。
    • メールアドレスとパスワードを設定していなければ設定してください。
  5. [トーク] – [トーク履歴のバックアップ・復元] の順でタップし、バックアップします。
  6. [Google ドライブにバックアップする] をタップします。
  7. アカウントの引き継ぐ場合は [アカウントの引き継ぎ] をタップし、[アカウントを引き継ぐ] をオンにしてください。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)