iPhone/iPadのDCIMフォルダがPCで表示されない時の対処法【一部も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneの画像を取り込むためにPCに接続した場合、DCIMフォルダにアクセスすることによって画像を確認できます。しかし、場合によってはこのDCIMフォルダが表示されないことがあります。

DCIMフォルダ自体が表示されない場合もあれば、DCIMフォルダの中身が全く表示されないこともあります。また、場合によってはDCIMフォルダの中身の一部だけが表示されない場合もあります。

そこで今回は、iPhone/iPadをPCに接続したのにDCIMフォルダが表示されない、表示がおかしい場合の対処法を紹介します。

*なお紹介する対処法はiPhone/iPadを接続するPCがWindows 10を利用している場合を想定しています。

iPhone/iPadのDCIMフォルダが表示されない原因

  • PCがiPhone/iPadを認識していない
  • 接続したiPhone/iPadにロックが掛けられている、PCの信頼ができていない
  • iCloud設定に問題がある
  • iPhone/iPad関連のドライバにエラーが発生している
  • USBポートが故障している
  • 充電専用ケーブルで接続している

このように、DCIMフォルダが表示されないときに考えられる原因はさまざまです。どこに原因があるのかを切り分けて対処する必要があるため、これから紹介する対処法を1つずつ試してみてください。

DCIMフォルダがない場合の対処法

最初に、iPhone/iPadをPCに接続してもDCIMフォルダ自体が表示されない場合の対処方法を順に紹介していきます。

対処1: ケーブルを交換する

iPhone/iPadをPCに接続しても全く認識されない場合や、充電はされるのにデータ通信ができない場合は充電専用ケーブルで接続している可能性があります。

サードパーティ製のケーブルを利用している場合にあり得るので、一度確認してみましょう。

ケーブルにCHARGE ONLYの記載がある場合や、リバーシブルタイプのケーブルでない場合は充電専用ケーブルの可能性が高いといえます。この場合は純正ケーブルなど、データ通信に対応しているケーブルに交換して再度接続してみてください。

また、データ通信もできるケーブルを使っている場合でもケーブル自体が破損している可能性があるので、一度交換することをオススメします。

対処2: iPhone/iPadのロックを解除してからPCに接続する

iPhone/iPadにロックが掛けられている場合、PCに接続してもDCIMフォルダが表示されません。そのため、iPhone/iPadのロックを解除してから接続しましょう。

すでに接続している場合は一度PCから外し、ロックを解除してホーム画面を表示させてください。ホーム画面が表示された状態で再度PCに接続すれば、正常に表示されるでしょう。

対処3: 接続するPCを信頼する

当該iPhone/iPadを初めて接続するPCの場合、接続時に「このコンピュータを信頼しますか?」というポップアップが表示されます。このときに「信頼」をタップしないとデータ通信が利用できないので、必ず「信頼」をタップしてください。

もし、この作業を行った覚えがない場合は一度iPhone/iPadをPCから外し、再度接続します。接続時にポップアップが表示されたら上記の操作を行い、正常にDCIMフォルダが表示されるか確認してみてください。

対処4: iTunesを再インストールする

iTunesに何らかのエラーや不具合が発生していることによって、iPhone/iPad間の通信が正常に行われないことがあります。

もし、iTunesの動作がおかしいと感じる場合や他に目立った不具合が無いのにDCIMフォルダが表示されない場合は、一度iTunesを再インストールしてみてください。

なお、Windows用のiTunesはWindows Storeからダウンロードできるので、以下のリンクをチェックしましょう。

対処5: ドライバを再インストールする

「このデバイスに到達できません」などのエラーが発生する場合はPCにインストールされているドライバにエラーが発生している場合があります。

ドライバをリインストールする手順は以下の通りです。

  1. iPhone/iPadをPCから外す
  2. スタートボタンを右クリックしてデバイスマネージャを起動する
  3. ポータブルデバイス・ユニバーサル シリアル バス コントローラ・ユニバーサル シリアル バス デバイスを展開する
  4. 中にあるApple Mobile Device USB Driverを右クリックする
  5. デバイスのアンインストールをクリック
  6. 表示に従ってアンインストールを完了する
  7. PCを再起動する
  8. 再起動後にiPhone/iPadを接続すると自動でドライバがインストールされる

再インストールが完了したらDCIMフォルダとその中身が表示されるかどうかを確認してください。

対処6: 接続するUSBポートを変更する

PC側のUSBポートが故障している場合、iPhone/iPadを接続しても全く反応しません。

そのため、データ通信もできるケーブルで接続していて、iTunesの動作状況にも特に問題がない場合は一度接続するUSBポートを変更してみてください。

特にPCケースの前面についているUSBポートは故障しやすいので、マザーボードに直結している背面のポートを利用することをオススメします。

iPhoneの認識自体ができない時は

ここまでの対処で、DISMフォルダ以前にiPhone自体がPC上で認識できない場合は、次のページも合わせて参考にして下さい。

DCIMフォルダの一部の画像が表示されない場合

DCIMフォルダ自体や中身が全て表示されないという現象だけでなく、DCIMフォルダの中身の一部が表示されないという現象が発生することがあります。

続いてはフォルダは表示されても中身が一切表示されなかったりする場合の対処法を紹介します。

対処1: iCloudフォトライブラリをOFFにする

iCloudフォトライブラリとiPhoneストレージ最適化がONになっている場合、iPhone/iPadのストレージ容量を節約するために、容量の大きい画像を自動でiCloudにアップロードし、サムネイルのみを表示させるという処理が行われます。

実際にiPhone/iPad内に画像が存在しないため、これらの画像はPCに接続した際にDCIMフォルダには表示されません。この機能を無効にするためには以下の設定を行ってください。

  1. iPhone/iPadで「設定アプリ」を開く
  2. 最上部のユーザーアイコンをタップする
  3. 「iCloud」をタップする
  4. 「写真」をタップする
  5. 最上部にあるの「iCloudフォトライブラリ」をOFFにする

この作業をしておけば勝手にiCloudにアップロードしてiPhone/iPad内から削除されることがないので、PC接続時に正常に表示されるでしょう。詳細については以下のリンクもあわせて参考にしてください。

対処2: 「オリジナルをダウンロード」を有効化する

iCloudフォトライブラリを有効にしたまま、PC接続時にDCIMフォルダ内に画像を表示させる方法は以下の通りです。

  1. iPhone/iPadで設定アプリを開く
  2. 最上部のユーザーアイコンをタップする
  3. 「iCloud」をタップする
  4. 「写真」をタップする
  5. 「オリジナルをダウンロード」にチェックを入れる

この作業が終わったらiCloudから画像がダウンロードされます。

そのため、しばらく時間をおいてからPCに接続し、正常に表示されるか確認してください。もし、表示されない場合はiCloudから手動で画像をダウンロードしましょう。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)