Windows10で「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」エラーが出る原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCで突然ブルースクリーン(BSOD)が出て、停止コードに「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」が表示されるケースがあります。

このエラーは、OS・デバイスドライバ・ハードウェアなど様々な原因が考えられ、一度出ると頻発するケースがあります。

この記事では、Windows10で「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」のエラーが発生する原因と対処方法について紹介します。

「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」が発生する原因

ブルースクリーンに「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」の停止コードが表示される原因は、主に次のことが考えられます。

  • Windowsのシステムファイルの不具合や破損
  • デバイスドライバの不具合やエラー
  • CPUやRAMのハードウェアの物理的な問題
  • CPU温度の上昇、オーバークロック
  • マルウェアやウイルスへの感染

Windowsアップデート後に発生した場合は、システムやドライバの互換性に問題が起きていることが考えられます。

ハードウェアの交換や増設を行った場合は、新しいハードウェアやドライバが原因となっているケースが多いです。

原因の特定が難しいトラブルですので、順に紹介する対処方法を試して原因を探って下さい。

対処1: BlueScreenViewで原因を調べる

「Irql_not_less_or_equal」のBSODが発生した場合は、まずフリーソフトの「BlueScreenView」を利用して、エラーの原因になっているファイルを調べるのをおすすめします。

先にBSODの原因を特定することで、短い時間で解決できる可能性があります。

  1. 『公式サイト』から「BlueScreenView」をダウンロードします
  2. ダウンロードしたファイルを展開します。
  3. 展開したファイル内にある「BlueScreenView.exe」を起動します。
  4. 「チェックしたいダンプファイル」をクリックします。
  5. 表示される「赤くマークされているファイル名」をネットで検索して、原因として疑われるサービスを特定します。
    • 赤くマークされているファイルは、そのファイルの読み込み時にエラーが発生したことを示します。
    • 原因のファイル名でネットで検索して、どのサービスが使っているのか確認してください。
  6. 「バグチェックコード」もネットで検索して、原因を特定します。

原因が判明した場合は、対応する対処方法を試して下さい。原因が分からない場合は、紹介する対処方法を順に試してみて下さい。

対処2: システムファイルチェッカーツールを利用して修復を試みる

Windowsのシステムファイルに問題があり、IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALのBSODが表示されるケースがあります。

そのため、Windowsのシステムファイルチェッカーを使ってシステムファイルを修復することで問題が解決する可能性があります。

特にBSODの原因が「ntoskrnl.exe」など、OSに関連するプログラムの場合はこの方法が有効です。

システムファイルチェッカーツールを利用するときは、次の手順で操作してください。

  1. Windowsマークを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. プロセスが完了したら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  4. プロセス完了後に表示されるメッセージを確認します。

完了後に「問題なし」や「修復済み」との結果が表示された場合は、一度PCを再起動してBSODエラーが再発しないかをチェックしましょう。

エラーが再発する場合や直らない場合は、次の手順に進みます。

対処3: Windowsメモリ診断でRAMにエラーがないかを確認する

RAMになんらかのエラーが発生していることによって、BSODが起きることがあります。

Windows 10には標準で「Windowsメモリ診断」が実装されているため、これを使って確認してみましょう。以下の手順で実行してください。

  1. Windowsキーを押します
  2. 検索ウィンドウに「Windowsメモリ診断」と入力します
  3. 検索結果からWindowsメモリ診断をクリックして起動します。
  4. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします
  5. 自動的に再起動してWindowsメモリ診断ツールが実行される

Windowsメモリ診断ツールでチェックした結果、なんらかのエラーが表示されればRAMに問題があると判断できます。この場合は、PCに搭載しているRAMを交換することを検討してください。

RAMの交換や増設を行った後にエラーが発生している場合は、一度元通りの構成に戻すことをおすすめします。その状態でエラーが発生しない場合、増設/交換したRAMに問題があると判断できるでしょう。

対処4: Windowsのシステムを以前の状態に戻す

Windowsアップデートによって、BSODが表示されるようになった場合は、直近の更新プログラムに問題があることが考えられます。

そのため、Windowsのシステムを以前の状態に戻すことで、BSODのエラーが解決する可能性があります。

Windows 10の場合は、アップデート後10日以内であれば簡単にシステムを戻すことができます。Windowsのシステムを以前の状態に戻す手順は、次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」を選択します。
  3. 左ペインで「回復」をクリックします
  4. 「前のバージョンのWindows10に戻す」の「開始する」をクリックします。
  5. 案内に従って「次へ」をクリックして進めて、「以前のビルドに戻す」をクリックします。
    • 途中で表示される「更新プログラムをチェック」は、「チェックしない」を選択して下さい。
  6. Windowsのシステムがアップデート前のバージョンに戻ります。

Windowsを以前の状態に戻せたら、BSODのエラーが表示されなくなったか検証して下さい。

上記の方法で解決できた場合は、最新のWindowsアップデートに原因があると判断できます。

Windowsアップデートの問題は、新しい更新プログラムによって随時修正されます。そのため、さらに新しいアップデートが提供するまで更新プログラムの適用は保留して下さい。

対処5: チェックディスクを実行する

HDD/SSDの不良セクタやファイルシステムに異常があり、BSODエラーの原因になっているケースがあります。

そのため、一度チェックディスクを実行して不良セクタの修復を試して下さい。

チェックディスクには相当の時間がかかるので注意してください。しばらくPCを使わないときなど、時間に余裕があるときに実行しましょう。

Windows10でチェックディスクを実行する方法は次の通りです。

  1. Windowsマークを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. 「chkdsk c: /r」と入力してEnterキーを押します。
  3. ウィザードの指示にしたがって再起動します。
  4. 再起動時に自動でチェックディスクが実行します。

上記の手順でチェックディスクを実行すると、不良セクタやファイルシステムのエラーを検出して自動で修復が実行されます。

チェックディスクが完了したら、BSODエラーが解決していないか確認して下さい。

対処6: セキュリティソフトでフルスキャンする

マルウェアやウイルスに感染していることによって「Irql_not_less_or_equal」エラーが発生する場合があります。

そのため、一度セキュリティソフトでPCをフルスキャンして下さい。Windows標準のWindowsセキュリティでフルスキャンする方法は、次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」を選択します。
  3. 左ペインで「Windowsセキュリティ」をクリックします。
  4. 右ペインで「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
  5. 「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  6. 「スキャンのオプション」をクリックします。
  7. 「フルスキャン」オプションを選択して「今すぐスキャン」をクリックします。

その他のサードパーティ製のセキュリティソフトでフルスキャンする手順については、利用しているセキュリティソフトによって異なります。セキュリティソフトのマニュアルで確認して実行してください。

対処7: デバイスドライバーをアップデートする

特定のデバイスをPCに接続し始めてからBSODエラーが発生するようになった場合は、デバイスドライバーが古いことが原因として考えられます。

次の手順で対象のデバイスドライバーのアップデートを試して下さい。

  1. Windowsマークを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して「対象のデバイスドライバー」を探します
    • 一覧に黄色い「!」マークが表示されたドライバーがある場合は、そのドライバーのアップデートも行って下さい。
  3. デバイスドライバを右クリックして「ドライバの更新」をクリックします
  4. 「自動検索」をクリックして進めます
  5. アップデートプロセスが終了したら完了です

無事にアップデートが完了したら、PCを再起動してエラーが発生しないかを確認してください。

デバイスドライバーがすでに最新版であるとのメッセージが表示されている場合は、ドライバーは最新の状態です。

対処8: デバイスドライバーを再インストールする

インストールしているデバイスドライバーに問題があり、BSODエラーが発生するケースもあります。

特定のデバイスが原因でBSODが発生しており、デバイスドライバーが更新できない場合は、デバイスドライバーを再インストールすると問題が解決する場合があります。

次の手順で、対象のデバイスドライバーの再インストールを試して下さい。

  1. Windowsマークを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して「対象のデバイスドライバー」を探します。
    • 一覧に黄色い「!」マークが表示されたドライバーがある場合は、そのドライバーの再インストールも行って下さい。
  3. デバイスドライバーを右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 確認画面が表示されるので「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れて、「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動すると対象デバイスのドライバーが自動で再インストールされます。

デバイスドライバーが再インストールできたら、「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」のBSODが表示されなくなったか動作を確認して下さい。

対処9: デバイスを使用しない

特定のデバイスを接続時にBSODが発生しており、デバイスドライバーの更新・再インストールを行っても問題が解決しないケースがあります。

上記の場合は、デバイス自体に不具合があるか、PCとドライバーの相性に問題があるケースが考えられます。

そのため、エラーの原因となっているデバイスを使用しないようにして下さい。デバイスを利用する必要がある場合は、別のデバイスに買い換えることを検討して下さい。

対処10: CPU/RAMのオーバークロックを無効にする

CPUやRAMをオーバークロックして利用している場合は、オーバークロックによってPCの動作が不安定になりBSODが表示されていることが考えられます。

そのため、一度クロック周波数を定格に戻してBSODエラーが表示されるか確認して下さい。

クロック周波数を定格に戻すと正常に動く場合は、オーバークロックの設定がPCの許容範囲を超えていることが考えられます。

クロック周波数を定格で利用するか、エラーの出ない範囲まで下げてるようにして下さい。

対処11: CPUの温度を確認する

オーバークロックしていない場合でも、CPUが過熱しているとBSODが表示されるケースがあります。

そのため、一度PCのCPUの温度を確認してみることをおすすめします。

CPUの温度をチェックするには、フリーソフトの『Core Temp』がおすすめです。インストールして起動するだけで簡単にCPUの温度をチェックできます。

PCの動作が安定するCPUの適切な温度の条件は次のとおりです。

  • 低負荷時: 50℃未満
  • 高負荷時: 80℃未満

CPUの温度が高い場合は、CPUグリスの塗り直しやCPUクーラーの交換を検討して下さい。

また、ヒートシンクが目詰まりしている場合もあるので、エアダスターなどを使ってPC内のホコリを取り除いて下さい。

その他の停止コードのブルースクリーンエラー(BSOD)の対処方法については、次のページを参考にしてください。
自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    コメント

    1. 高木 浩 より:

       PC歴だけ長い八十過ぎのシニアです。MS DOSの時代を経験してきましたが すっかり何もかも忘れてしまい、多少のトラブルにも対処できなくなってしまいました。

      只今ブルースクリーンエラーを検索していましたところ 貴サイトにヒット、同県人の親近感もあり これからもご教授頂きたくコメント欄をお借りしてご挨拶いたします。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)