Windows10 PCでMP4の動画ファイルが再生できない/見れない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

圧縮率の高いMP4形式の動画ファイルは様々な場面で用いられているため、WindowsのPCで再生する機会も多いと思います。

しかし、Windows 10 PCでMP4ファイルを再生しようとすると、エラーなどが出て再生できないケースがあります。また、音声だけ再生される場合や動画だけ再生される場合もあります。

この記事では、Windows10でMP4ファイルが再生できない時の対処法を紹介するので、参考にしてみてください。

MP4が再生できない原因

Windows10でMP4が再生できない場合は、主に次のような原因が考えられます。

  • 再生するプレイヤーがMP4のフォーマットに対応していない
  • MP4に対応するコーデックをインストールしていない
  • 再生するプレイヤーのバージョンが古い
  • Windowsのシステムに問題が起きている
  • コーデックが競合している
  • ビデオアクセレーター機能が影響している
  • MP4ファイルが破損している

上記の原因は、ほとんどの場合、再生プレイヤーを変更するか、コーデックをインストールすることで解決できる可能性が高いです。

それぞれ原因に対する対処法を紹介していくので、順にチェックすることをおすすめです。

対処1: 別のプレイヤーで再生を試す

Windows10では、標準でインストールされている「映画&テレビ」、「フォト」のアプリや「Windows Media Player」を使ってMP4の動画ファイルを再生することができます。

また、MP4を再生できるVLCプレイヤーなどのフリーソフトも存在するので、再生できない場合は試して下さい。

方法1: 「映画&テレビ」で再生する

Windows10では、動画再生アプリとして「映画&テレビ」がデフォルトで設定されているため、「MP4の動画ファイル」をダブルクリックすることで再生できます。

ファイルを再生しようとすると別アプリが起動する場合は、次の手順で操作すると「映画&テレビ」で再生することができます。

  • 「MP4の動画ファイル」を右クリックして「プログラムから開く」→「映画&テレビ」を選択します。

方法2: 「フォト」で再生する

MP4の動画は、フォトアプリを使って再生することもできます。MP4ファイルをフォトアプリで開くには、次の手順で操作します。

  • 「MP4の動画ファイル」を右クリックして「プログラムから開く」→「フォト」を選択します。
    • 「フォト」が見つからない場合は「別のプログラムを選択する」をクリックして下さい。

方法3: 「Windows Media Player」で再生する

Windows10で、従来のWindows Media Playerを使ってMP4を再生することもできます。

ただし、Windows Media Playerの機能がデフォルトで無効になっているため、機能を有効化してから再生します。次の手順で操作して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「オプション機能」をクリックします。
  4. 一覧に「Windows Media Player」が無いことを確認して「機能の追加」をクリックします。
    • 「Windows Media Player」がある場合は、インストールできているため最後の手順に進んで下さい。
  5. 一覧から「Windows Media Player」を選択して「インストール」をクリックします。
  6. Windows Media Playerのインストールが開始します。インストールが完了するまで待ちます。
    • インストールの進捗状況は、左上の「←ボタン」をクリックして前の画面に戻ると確認できます。
  7. 「MP4の動画ファイル」を右クリックして「プログラムから開く」→「Windows MediaPlayer」の順に選択します。
    • 「Windows MediaPlayer」が見つからない場合は「別のプログラムを選択する」をクリックして下さい。

方法4: サードパーティの動画プレイヤーで再生する

フォトやWindows Media PlayerでMP4が再生できない場合は、サードパーティの動画再生用ソフトを使用する方法があります。

サードパーティの動画再生ソフトはMP4を始めとする様々な動画フォーマットに対応している場合が多いです。

MP4を再生できるフリーソフトは、VLCプレイヤーが有名で動作も軽くおすすめです。

対処2: コーデックをインストールする

再生しようとしている動画ファイルに必要なコーデックがインストールできておらず、MP4ファイルを再生できないケースが考えられます。

特定のMP4のみ再生できない場合は、コーデックをインストールすることで解決できる可能性があります。

次のいずれかのコーデックをインストールしてMP4が再生できないか試してみて下さい。

MPEG-2 ビデオ拡張機能

「MPEG-2 ビデオ拡張機能」は、再生できないMP4を再生できるようにするためのMicrosoftから提供されている拡張機能です。

「MPEG-2ビデオ拡張機能」をインストールするには、次の手順で行います。

  1. 『Microsoft Store』にアクセスにします。
  2. 「入手」をクリックします。
  3. 「Microsoft Storeを開きますか?」の確認ポップアップが出たら「Microsoft Storeを開く」をクリックします。
  4. Microsoft Storeアプリが起動します。「入手」をクリックします。
  5. 「MPEG-2ビデオ拡張機能」のインストールが開始します。
  6. 「この製品はインストール済みです。」と表示されればインストール完了です。

K-Lite Codec Pack

「MPEG-2 ビデオ拡張機能」をインストールしても解決しない場合は、フリーのコーデックで知名度の高い「K-Lite Codec Pack」のインストールを試してみて下さい。

「K-Lite Codec Pack」のインストールは、次の手順で行います。

  1. 『Download K-Lite Codec Pack』のページにアクセスします。
  2. 「Download Basic」をクリックします。
  3. 「Download:」の下にある「Sever1」、もしくは「Sever2」をクリックします。
    • どちらでもダウンロードすることができます。
  4. エクスプローラーで「ダウンロード」フォルダを開いて「K-Lite_Codec_Pack_XXXX_Basic.exe」をダブルクリックします。
  5. セキュリティ警告が出たら「実行」をクリックします。
  6. ユーザーアカウント制御が出たら「はい」をクリックします。
  7. 以下のメッセージのSetupダイアログが出た場合は、競合するコーデックを避けるため「はい」をクリックします。
    • 「Setup has detected that you have the following codec package installed on your computer」
  8. 案内に従って「Next」をクリックしてインストールを進めます。
  9. 最後に「Install」をクリックするとコーデックのインストールが開始します。

コーデックのインストールが完了すると、全てのメディアプレイヤーにコーデックが反映されます。再度MP4のファイルを開いて正常に再生されるか確認して下さい。

対処3: 動画再生のトラブルシューティングツールを実行する

対応するコーデックがインストールされているのにMP4が再生されない場合など、動画再生に関して何らかの不具合がある場合はトラブルシューティングツールを実行するのがおすすめです。

トラブルシューティングツールを実行する方法は以下の通りなので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 右ペインのリストで「ビデオの再生」をクリックして「トラブルシューティングの実行」を選択します。
  5. エラーが検出された場合は修復を試みます。

修復まですべて完了したら、MP4が再生できるようになったかどうかを確認してください。問題が改善されていない場合は次に進みます。

対処4: 不要なプレイヤー・コーデックをアンインストールする

サードパーティ製の複数の動画プレイヤーやコーデックがインストールされていると、競合が起きて正常にMP4が再生できない原因になります。

そのため、不要な動画プレイヤーとコーデックを確認して全てアンインストールして下さい。できれば一旦全ての動画プレイヤーとコーデックをアンインストールすることをおすすめします。

動画プレイヤーとコーデックのアンインストールは、次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「動画プレイヤー」、もしくは「コーデック」のアプリケーションを選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. アンインストールウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  5. 不要な動画プレイヤーとコーデックがアンインストールできるまで繰り返します。

不要な動画プレイヤーとコーデックをアンインストールできたら、フォト、もしくはWindows Media PlayerでMP4が再生できないか確認して下さい。

対処5: 別の形式の動画ファイルにコンバートする

特定のMP4の動画ファイルのみを再生できればいい場合は、別の動画フォーマットにコンバートすることで再生できる可能性があります。

ただし、この方法は根本的な解決にはならないため、毎回MP4ファイルの変換が必要です。そのため、他の対処法も合わせて試してみることをおすすめします。

MP4を変換できるツールは数多くあります。例として「Any Video Converter Free(無料)」を使った変換方法を紹介します。

  1. 『Any Video Converter』のページにアクセスします。
  2. 「ダウンロード」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。
  3. エクスプローラーで「ダウンロード」フォルダを開いて「avc-free.exe」をダブルクリックします。
  4. インストーラーが起動するので、案内に従ってインストールを完了します。
  5. 「Any Video Converter」を起動します。
    • アップデートが表示された場合は「キャンセル」を押します。
  6. 「ファイルの追加」をクリックして、変換したいMP4ファイルを選択します。
  7. 右上の出力形式を選択するプルダウンをクリックして、Windowsの動画形式「Customized WMV Movie(*.wmv)」を選択します。
  8. 「変換」をクリックするとコンバートが開始します。

変換が完了したら、変換したファイルを開いて視聴できないか確認して下さい。

対処6: Windows Media Playerをアップデートする

Windows Media PlayerでMP4を再生できない場合、バージョン11以前の古いプレイヤーを使用していることが考えられます。

MP4をサポートしているのは、Windows Media Player12以降です。

Windows Media Playerのバージョンが古い場合は、次の手順で最新のWindows Media Playerを再インストールして下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「オプション機能」をクリックします。
  4. 「Windows Media Player」を選択して「アンインストール」をクリックします。
  5. アンインストールが完了したら『方法2: Windows Media Playerで再生する』と同様の手順でインストールを行います。

Windows Media Playerを再インストールできたら、再度MP4が再生できないか試して下さい。

対処7: ビデオアクセレーター機能を無効化する

動画の再生プレイヤーのビデオアクセレーター機能が原因で、MP4の再生ができないケースがあります。

ビデオアクセレーター機能は動画のレンダリング処理をGPUにオフロードして再生を支援するAPIです。これが有効になっていると再生に支障が出る場合があります。

そのため、再生プレイヤーのビデオアクセレーター機能の設定を確認して、無効にすることで正常に再生できる可能性があります。

Windows Media Playerの場合

Windows Media Playerの場合は、次の手順で機能を無効化することができます。

  1. Windows Media Playerを開きます。
  2. 左上にある「整理」プルダウンをクリックします。
  3. 表示されるメニューから「オプション」を選択します。
  4. 「パフォーマンス」タブをクリックします。
  5. ビデオ再生の項目にある「WMVファイルの再生にDirect X Video Accelerationを使用する」のチェックを外します。
  6. OKをクリックして完了です。

再生プレイヤーによってはビデオアクセレーター機能を搭載していない場合もあるため、マニュアルページで確認して下さい。

解決しない場合は

ここまでの全ての対処方法を試してもMP4が再生できない場合は、MP4のファイル自体が破損していることが考えられます。

MP4ファイルの破損は、ファイルのダウンロードを中断したり、レンダリングや変換処理が正常にできていない場合に発生します。

ファイルが破損しているか判断するには、他のデバイスでも同じMP4のファイルが再生できないか確認して見て下さい。

ファイルの破損が疑われる場合は、再度ダウンロードするか、ファイル提供元に再生できないことを伝えて下さい。

関連するページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)