Sedlauncher.exeが重い/ディスク使用率が高い時の対処法【停止/無効方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンの動作が重いと思って原因を調べると、「sedsvc(SedLauncher.exe)」というプログラムがディスク使用率を占有していることがあります。

場合によっては、SedLauncherのディスクアクセスが100%近くにまで上昇し、フリーズ寸前の状況に追い込まれるケースもあります。

本記事では、Windows10で動作するSedLauncher.exeの正体と、負担が高い時の対処・停止方法について紹介します。

SedLauncher.exeとは

SedLauncherは、Windows Remediation Serviceの一部で、Windows Updateに関するトラブルを自動修復するためのプログラムです。

例えば、Windowsのレジストリが破損している等のトラブルが起きると、Windows Updateを適用できない状態に陥ってしまうことがあります。

Windows Remediation Serviceが有効になっていれば、このようなトラブルの原因の調査と修復を自動で行ってくれるようになります。

よって、ユーザーは自分でエラーに対処したり、修理サポートに持ち込んだりする手間や費用を省くことができます。

Microsoftが公式に配布しているプログラムのため、なりすましプログラムでない限り危険性もありません。

SedLauncherは必要?停止できる?

SedLauncherは、Windowsの標準機能を動作させるプログラムではないため停止させることできます。また、停止させてもWindowsの基本的な機能に影響はありません。

Windows Updateに関連しているプログラムではありますが、トラブルが起きた時に修復を行うことが目的のプログラムであるため、停止させてもWindows Updateは問題なく実行することができます。

ただし、基本的には有用なプログラムであり、そもそも本来大量のディスク使用率を占有するようなサービスではありません。

プログラムの負担が重い場合やディスク使用率が高い場合であれば、まずは次の対処方法で参考に原因を調査してみることをおすすめします。

SedLauncherが重い時の対処法

SedLauncherが重い場合は、WindowsUpdateの動作が影響していることが考えられます。

まず次の対処方法を順にためしてSedLauncherの負担が改善しないか確認して下さい。

対処1: 保留中のWindowsUpdateを適用する

WindowsUpdateに保留中の更新プログラムがあると、SedLauncherの負担が増えるケースがあります。

まずWindows Updateを確認して、保留中の更新プログラムがないか確認しましょう。

WindowsUpdateの更新プログラムを確認するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 「更新ブログラムのチェック」をクリックすると最新の更新プログラムがないかチェックが始まります。
  4. 更新プログラムがあった場合は、「インストール」をクリックしてアップデートを完了します。

Windows Updateでアップデートができたら、再度プロセスの負担が改善していないか確認して下さい。

対処2: WindowsUpdateの問題を解決する

アップデート中にエラーが発生した場合は、SedLauncherが重い問題と関係しているケースがあります。

次のページの対処方法を参考にしてWindowsUpdateの問題を解決して下さい。

対処3: 一定時間待ってPCを再起動する

Windowsが最新の状態にも関わらずSedLauncherが重い場合は、バックグラウンドで必要な処理を行っていることが考えられます。

そのため、プロセスの負担が落ち着くまでPCをしばらく放置してみて下さい。(数時間前後)

数時間PCを放置しても負担が改善しない場合は、パソコンを再起動することで改善することがあります。

SedLauncherの停止方法

SedLauncherの対処を行っても、負担が重くなる問題が頻発するようであれば、SedLauncherの停止を検討して下さい。

SedLauncherを停止する方法としては、次の3つの方法があります。

方法1: タスクマネージャから停止させる

SedLauncherはタスクマネージャから停止することができます。停止させるには、次の手順で操作します。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックし、「タスクマネージャー」を選択します。
  2. タスクマネージャウィンドウ左下にある「詳細」をクリックし、詳細表示に切り替えます。
    • 既に詳細表示になっている場合はこの手順はスキップしてください
  3. 「プロセス」タブのリストから「Windows Remediation Service」の項目を探します。
    • 見つからない場合は「sedsvc」というツリーに格納されていることがあるので、「sedsvc」という項目を探してダブルクリックしてください。
  4. 「Windows Remediation Service」を右クリックし、「タスクの終了」を選択します。

ただし上記の方法では、パソコンを再起動したり、しばらく時間が経ったりすると再びSedLauncherが自動で立ち上がってしまうことがあります。

もし同じ問題が何度も繰り返し起こるようであれば、次の方法で自動起動を無効にしてください。

方法2: Windows Remediation Serviceを停止させる

パソコン起動時等にSedLauncherが自動起動してしまうのを防ぐには、サービス管理ツールから設定します。

SedLauncherの自動起動を無効化するには、次のように設定を行ってください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。アプリ一覧にある「Windows管理ツール」フォルダを開き、フォルダ内にある「サービス」をクリックして起動します。
  2. 「サービス」ウィンドウが開きます。中央のリストから「Windows Remediation Service」の項目を探し、該当項目をダブルクリックします。
  3. プロパティウィンドウが表示されます。「全般」タブ内にある「スタートアップの種類」を「無効」に変更します。
  4. 「サービスの状態」の下にある「停止」ボタンをクリックしてWindows Remediation Serviceを停止させます。
    • 既に停止している場合はこの手順はスキップしてください
  5. ウィンドウ右下にある「適用」ボタンをクリックして設定を保存します。全て設定したら、プロパティウィンドウとサービス管理ツールウィンドウを閉じます。

方法3: タスクスケジューラの設定を変更する

上記の自動起動を無効する設定を行っても、SedLauncherが起動してしまう場合があります。

自動起動が無効にできない場合は、次のようにタスクスケジューラを設定してください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。アプリ一覧にて「Windows管理ツール」フォルダを開いた後、「タスクスケジューラ」をクリックします。
  2. タスクスケジューラウィンドウが開きます。ウィンドウ左側にあるツリーを使い、「タスクスケジューラライブラリ」→「Microsoft」→「Windows」とフォルダを展開して辿ります。フォルダを展開するにはアイコン左にある矢印アイコンをクリックするか、項目名をダブルクリックしてください。
  3. 「Windows」フォルダを展開したら、「Windows」フォルダ内にある「rempl」フォルダをクリックして選択します。
  4. ウィンドウ中央上部のリストにある「shell」という項目を右クリックし、「無効」を選択します。
  5. タスクスケジューラを閉じてからパソコンを再起動します。

解決しない時は

システムファイルに異常があることが疑われるため、システムの修復を試してみてください。

システムファイルの修復の具体的な手順については、次のページを参考にして実行して下さい。

システムファイルの修復を実行しても解決しない場合は、次の対処を試してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)