Windows10のPCでブルーレイ(BD)が再生できない/見れない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでブルーレイディスク(BD)を再生しようとしても見れないケースがあります。

Windows10でBDを再生する場合、Windows10に最初からインストールされているメディア再生アプリではブルーレイを再生することはできません。

また、ブルーレイには主にコピーガードが原因で、再生アプリをインストールしても問題が解決しない場合もあります。

本記事では、Windows10のパソコンでブルーレイ(Blue-ray Disc)が再生できない時の対処法について解説していきます。

対処1: PCがブルーレイディスクの再生に対応しているか確認する

パソコンにブルーレイディスク対応ドライブが搭載されていないとブルーレイディスクを再生することはできません。

パソコンの製品マニュアルまたはメーカーの公式サイト等でお使いのパソコンのスペック(製品仕様)を調べ、「ドライブ」の項目に「ブルーレイ対応」の記載があることを確認してください。

内蔵の光学ドライブがブルーレイに対応していない場合は、次のリンク先商品のようなブルーレイに対応した外付け光学ドライブを購入してください。

対処2: ブルーレイディスク対応の再生ソフトをインストールする

ブルーレイを再生するには、パソコンにブルーレイに対応した再生アプリをインストールする必要があります。

ただし、PCや光学ドライブがブルーレイに対応していれば、再生用のアプリが付属している場合が多いです。

  • ブルーレイ対応ドライブが搭載されているパソコンの場合
    • ブルーレイ再生用のアプリが最初からパソコンにインストールされているか、パソコン購入時の付属品にインストール用DVDが付いてくることが多いです。
    • パソコンの製品マニュアルを参照しながら、そのようなアプリが既にパソコンにイントールされていないか、インストールし忘れていないか、間違ってアプリを削除してしまっていないかをご確認ください。
  • 外付けタイプのブルーレイ対応ドライブの場合
    • 製品によってはブルーレイ再生用のアプリが付属することがあります。
    • 別途外付け光学ドライブを購入した場合も改めて製品の情報を確認してみてください。

再生アプリが付属していない場合は、ブルーレイ対応の再生アプリを手動でインストールする必要があります。

有料・無料含め様々なアプリがありますが、中にはコピーガードのかかったブルーレイに対応していないアプリ(特にフリーソフト)もあります。

おすすめのブルーレイ再生アプリを、有料と無料でそれぞれ紹介するので参考にしてください。

有料のブルーレイ再生アプリ

有料ソフトでは、CyberLinkの「PowerDVD」、ソースネクストの「WinDVD」が有名です。

無料のブルーレイ再生アプリ

フリーソフトでは「Leawo Blue-ray Player」と「VLC Media Player」の2つがおすすめです。この2つのソフトでは市販・レンタルのブルーレイも再生可能です。

Leawo Blue-ray PlayerとVLC Media Playerのインストール及び設定では、次の手順で操作してください。その他の再生アプリをご利用の場合は製品マニュアル及び公式サイトの情報をご参照ください。

Leawo Blu-ray Player

  1. 『Leawo Blu-ray Player』の公式配布ページへアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックしてインストーラをダウンロードします。
  2. ダウンロードが完了したらインストーラをダブルクリックで起動します。
  3. 「ライセンス契約に同意する」にチェックを入れ、「インストール」をクリックします。
  4. インストールが完了したら「完了」をクリックしてインストーラを終了します。
  5. パソコンに再生したいブルーレイディスクをセットします。
  6. Leawo Blue-ray Playerを起動し、タイトルをクリックするとコンテンツが再生されます。

VLC Media Player

  1. 『VLCの公式サイト』にアクセスして、「Download VLC」ボタンをクリックしてインストーラをダウンロードします。
  2. インストーラを起動してインストールを実行します。特にこだわりがなければ初期設定のままインストールを行えば問題ありません。
  3. AACSのキーデータベースと複合ライブラリを入手するため、『VLC Blu-Ray』のページを開きます。
    • 「このサイトへの接続は保護されていません」というような警告が表示される場合は、注意文の下部にある「詳細」をクリックした後、「Webページへ移動」をクリックすると警告を無視してページへアクセスできるようになります。

  4. ページを開いたら「KEYS DATABASE」の下にある「get the file」、「AACS DYNAMIC LIBRARY」の下にある「that file」をそれぞれクリックして「KEYDB.cfg」と「libaacs.dll」の2つのファイルを入手します。
    • AACS Dynamic Library(libaacs.dll)には32ビット用と64ビット用があるため、インストールされているVLCのバージョンに合わせて選択してください。
  5. ダウンロードしたKEYDB.cfgファイルをディレクトリC:\ProgramData\aacsに保存します。
aacsフォルダが存在しない場合は手動で作成してください。
    • 具体的には、C:\ProgramDataフォルダを開き、「aacs」という名前で空のフォルダを新規作成します。作成したaacsフォルダに「KEYDB.cfg」ファイルを保存します。

    • ProgramDataフォルダは隠しフォルダになっているため、見つからない場合は、エクスプローラの表示オプションより「隠しフォルダの表示」を有効にしてください。
  6. libaacs.dllをVLCのインストールフォルダ(vlc.exeのあるフォルダ)に保存します。
    • 32ビット版VLの場合は、「C:\Program Files (x86)\VideoLAN\VLC」が初期のインストールフォルダになります。
    • 64ビット版VLの場合は、「C:\Program Files\VideoLAN\VLC」が初期のインストールフォルダになります。
  7. パソコンにブルーレイディスクをセットし、VLCを起動します。
  8. VLCのメニューより「メディア」→「ディスクを開く」を選択します。
  9. 「ディスク」タブにて「ブルーレイ」を選択し、「再生」をクリックします。

対処3: 再生アプリ上でAACSキーを更新する

AACSキーとはブルーレイディスクにかかっているコピーガードを解読するためのものです。このAACSキーが古いままになっているとブルーレイの再生ができなくなることがあります。

そのため、AACSキー関連のメッセージが表示された場合は、画面に指示に従ってキーの更新を行ってください。

AACSキーの更新方法は再生アプリごとに異なりますが、キーが古くなるとAACSキーの更新を促すメッセージが自動で表示されるようになっている事が多いです。

メッセージが表示されない場合はアプリ本体のアップデートを試してください。それでも解決しない場合はアプリの再インストールを試すか、アプリの公式サイトやサポートで詳しい情報を調べてください。

対処4: グラフィックカード/ディスプレイのHDCP対応を確認する

パソコンでブルーレイを再生するにはHDCPと呼ばれる暗号化技術に対応したパソコン本体(グラフィックカード)とディスプレイが必要です。

お使いのパソコン及びディスプレイがHDCPに対応しているかどうかを調べるには、CyberLinkが提供する診断ツール(無料)を使うと簡単です。(ただし、名前・メールアドレス・国の情報を入力する必要があります。)

CyberLinkの診断ツールを利用するには、次のように操作してください。

  1. 『CyberLink Ultra HD Blu-ray Advisor』の配布ページにアクセスします。

  2. 「名前・メールアドレス・国」を入力します。入力後、「今すぐダウンロード」ボタンをクリックするとインストーラのダウンロードが開始します。
    • メルマガを希望しない場合は「CyberLinkのメルマガを購読する」のチェックは外しておきましょう。
  3. ダウンロードしたインストーラを起動して診断ツールをインストールします。
    • 特にこだわりがなければインストール設定を変更する必要はありません。
  4. インストールが完了したら診断ツールを起動します。再生したいブルーレイの種類を「Ultra HDブルーレイ」「ブルーレイ3D」「ブルーレイ」の中から選択します。
  5. 診断結果が表示されます。「HDCP(GPU/ディスプレイ)」の結果が「対応」になっていればパソコンとディスプレイに問題はありません。

なお、ディスプレイを外部接続する場合は必ず「DisplayPort」 「HDMI」「DVI」いずれかの規格のケーブルで接続してください。

D-Sub接続等のアナログ接続ではブルーレイ映像をモニターに出力することはできないためご注意ください。

解決しない時は

  • グラフィックドライバーを最新版にアップデートしてください。
  • 他のブルーレイディスクやCD/DVDの再生を試し、ディスク本体や光学ドライブ本体に問題がないか確認してください。
  • 再生アプリによってはコピーガードへの対応が完璧ではなく、一部のブルーレイが再生できないことがあります。アプリの製作者に問い合わせるか、他の再生アプリを試してみてください。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)