「LogiLDA.dllを開始中にエラーが発生しました」が出る時の対処方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンを起動した直後に、「C:\windows\system32\logilda.dllを開始中にエラーが発生しました。指定されたモジュールが見つかりませんのエラーが発生するケースがあります。

エラーメッセージが表示されること以外に特に実害はありませんが、起動時に出るエラーを消すには対処が必要です。

今回は、Windows10で「LogiLDA.dllを開始中にエラーが発生しました」が出る時の対処方法について紹介します。簡単な対処で直ることがほとんどですので、紹介する方法を試してみてください。

LogiLDA.dllとは

LogiLDA.dllは、Logicool Download Assistantに関連するライブラリの一部です。

Logicool Download Assistantは、主にロジクール製デバイスのドライバーやファームウェアを自動更新するためのソフトで、ロジクール製のデバイスを使用しているとデバイスドライバと一緒にパソコンにインストールされることがあります。

LogiLDA.dllのエラーは、ロジクール製のマウスなどを接続したPCで起動時に発生することがあります。特にWindowsUpdateを行った際に発生するケースが多いです。

エラーが発生した場合は、Logicool Download Assistantの関連ファイルを修復してエラーの根本的原因を解決するか、Logicool Download Assistantの機能そのものを停止させることでエラーの発生を防ぐことができます。

対処1: ロジクール製デバイスのドライバを再インストールする

ロジクール製のマウスのドライバーに問題が起きていることが考えられます。

そのため、ロジクール製のデバイスドライバーを一旦アンインストールしてから、最新のドライバをインストールし直してみてください。

デバイスドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが表示されたら、各ツリーを展開して(アイコン左の矢印ボタンをクリック)、ロジクール製デバイスに関連するドライバを探します。
    • ロジクール製USBマウスを使用している場合は、「マウスとそのほかのポインティングデバイス」と「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」のツリー内を調べてください。
    • どのドライバがロジクール製デバイスのものかわからない場合は、「ドライバ名」を右クリックして「プロパティ」を選択して、製造元や場所、「ドライバ」タブ内にある「プロバイダー」の情報を調べてください。
  3. ドライバが見つかったら「ドライバ名」を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. アンインストールの確認画面が表示されたら、「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れてから「アンインストール」をクリックして、アンインストールを実行します。
  5. アンインストールが完了したらパソコンを再起動します。
  6. 最新版のドライバを入手し、再インストールします。『Logicoolのサポートページ』にアクセスし、「製品を検索」メニューからデバイスを探します。
  7. 製品ページを開いたら「ダウンロード」タブをクリックし、ページにお使いのOSに合ったバージョンのドライバ更新ツールがあればダウンロードします。
  8. ダウンロードが完了したら更新ツールを起動し、画面の指示に従ってドライバのインストールを行います。

以上で、最新のドライバーの再インストールは完了です。PCを再起動してLogiLDA.dllのエラーが解決した確認して下さい。

対処2: LogiLDAをスタートアップから除外する

起動時のLogiLDA.dllのエラーを回避するには、Logicool Download Assistantの機能(自動更新)を単純に無効化することで対処できます。

ただし、停止後はデバイスドライバの自動更新が行われなくなってしまうため、定期的に手動でアップデートを確認する必要があります。

Logicool Download Assistantの機能を無効化するには、次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「タスクマネージャー」を選択します。
  2. タスクマネージャーウィンドウが開いたら、左下にある「詳細」をクリックして詳細表示に切り替えます。
    • 既に詳細表示になっていればこの手順は飛ばしてください
  3. 「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. リストの中から「LogiLDA」の項目をを右クリックして、「無効化」を選択します。
  5. タスクマネージャーを閉じて、PCを再起動します。

PCが再起動すると、Logicool Download Assistantの機能が無効になり、LogiLDAのエラーが解決します。

対処3: SetPointソフトウェアをアンインストールする

LogiLDAのスタートアップを無効にしてもエラーが解決しない場合は、『ロジクールSetPointソフトウェア』に問題があることが考えられます。

SetPointソフトウェアは、マウスやキーボード入力の操作をカスタマイズできるアプリです。利用していない場合は、アンインストールしても問題ありません。

SetPointソフトウェアは、次の手順でアンインストールすることができます。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「アプリと機能」を選択します。
  2. 「アプリと機能」のリスト内で「ロジクールSetPointソフトウェア」を選択して、「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  3. アンインストールウィザードに従って、アンインストールを完了します。

SetPointをアンインストールできたら、PCを再起動してLogiLDAのエラーが解決したか確認して下さい。

対処4: LogiLDA.dllを削除する

LogiLDA.dllファイル本体を直接パソコンから削除することでもエラーを回避できます。

LogiLDAを削除すると、Logitech Download Assistantが起動しなくなります。そのため、自動更新は行われなくなってしまいますが、エラーを回避することだけが目的であればこの方法でも良いでしょう。

LogiLDAを削除するには、次の手順で操作します。

  1. ファイルエクスプローラを開き、「ローカルディスク(C:)」→「Windows」→「System32」の順にフォルダを開きます。
  2. 「System32」フォルダを開いたら、ファイル「LogiLDA.dll」を右クリックして「削除」を選択します。
  3. PCを再起動します。

対処5: レジストリエディタでLogitech Download Assistantキーを削除する

ここまでの対処方法でLogiLDA.dllのエラー表示を解決できない場合は、レジストリを編集してLogicool Download Assistantを停止する方法を試してください。

注意: ただし、レジストリ編集は設定を誤るとWindowsの動作に影響が出る場合があるため、事前にバックアップを取っておくことをおすすめします。

Logitech Download Assistantの自動起動を停止するには、次の手順でレジストリを操作します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されたら、「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが開きます。ウィンドウ左のフォルダツリーを辿るか、アドレスバーにパスを直接コピーアンドペーストして次の階層を開きます。
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  4. 「CurrentVersion」ツリー内の「Run」をクリックします。
  5. ウィンドウ右側のリストを確認して、「Logitech Download Assistant」を右クリックし、「削除」を選択します。
  6. レジストリエディタを閉じ、パソコンを再起動します。

以上で、Logicool Download Assistantを停止することができます。LogiLDA.dllのエラーが解決したか確認して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)