グループポリシーgpedit.mscが見つからない時の対処 – Windows10 Home

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCでローカルグループポリシーエディタを実行しようとすると、「gpedit.mscが見つかりません。」というエラーが表示されることがあります。

上記のエラーは使用しているWindowsのエディションがWindows 10 Homeであることが原因です。

グループポリシーエディタはWindows10 Pro以上のエディション向けの機能であり、Homeでエディタを起動しようとするとエラーになってしまいます。

しかし設定を変更すればWindows10 Homeでもグループポリシーエディタを利用できるようになります。

本記事では、Windows10 Homeでgpedit.mscが見つからない時の対処方法について紹介します。

方法1: PowerShellスクリプトを実行する

Windows10 Homeでグループポリシーエディタを利用できるようにするには、いくつかのPowerShellコマンドを実行する必要があります。

簡単に追加できるようPowerShellのスクリプトファイルを用意したので、次の手順でスクリプトファイルの実行を試してみて下さい。

注意: ただし、この操作ではシステムに変更を加えます。操作を行う前に念の為、システムの復元ポイントを作成しておくことをおすすめします。
  1. 次のリンクからPowerShellのスクリプトファイルをダウンロードします。

    スクリプトの内容は、『方法2: PowerShellスクリプトを作成して実行する』と同じです。

  2. ダウンロードした「gpedit.bat」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. ユーザーアカウント制御が出たら、「はい」をクリックします。
  4. コマンドプロンプトが起動し、パッケージのインストールが開始します。
    • しばらく待ち、「操作は正常に完了しました」と表示されたらコマンドプロンプトを閉じます。

グループポリシーエディタが起動するようになったか確認します。「ファイル名を指定して実行(Win + R)」ウィンドウを開き、gpedit.mscと入力します。

成功するとグループポリシーエディタが起動します。

方法2: PowerShellスクリプトを作成して実行する

グループポリシーエディタを追加するPowerShellスクリプトは、自分で作成することもできます。

自分でスクリプトを作成してグループポリシーエディタを追加したい場合は、次の手順で操作します。

注意: 方法1と同じでシステムに変更を加えるため、システムの復元ポイントを作成しておくことをおすすめします。
  1. 「メモ帳」を起動します。
  2. メモ帳に次のスクリプトをそのままコピーしてください。(*改行も含めてそのままコピーしてください)
    @echo off
    pushd "%~dp0"
    

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt
    dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt
    for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"
    
pause
  3. 「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択します。
  4. ファイル名に「gpedit.txt」と入力して「保存」をクリックします。
  5. 作成したファイル「gpedit.txt」を右クリックして「名前の変更」を選択します。
    • ファイル名で「.txt」が省略されている場合は、エクスプローラーの「表示」→「ファイル拡張子」にチェックを入れて下さい。
  6. ファイルの拡張子部分を「.txt」から「.bat」に書き換えて「gpedit.bat」にしてEnterキーを押します。
  7. 拡張子の変更の確認が出るので「はい」をクリックします。
  8. 「gpedit.bat」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  9. コマンドプロンプトが起動し、パッケージのインストールが開始します。しばらく待ち、「操作は正常に完了しました」と表示されたらコマンドプロンプトを閉じます。

「ファイル名を指定して実行」から、gpedit.mscが実行できるか確認して下さい。

gpedit.mscが有効にならない場合

上記の方法で、PowerShellスクリプトを実行してもgpedit.mscが有効にならない場合は、次の項目について確認して下さい。

  • スクリプト実行後、パソコンを再起動してから「gpedit.msc」を起動してみてください。
  • 管理者権限のあるユーザーでログインしてからgpedit.batを実行してみてください。
  • セキュリティソフトの動作を停止させてからgpedit.batを実行してみてください。
  • スクリプトを保存する際の文字コードを「UTF-8」に指定してみてください。

上記の項目を確認しても解決しない場合は、コマンドプロンプトを管理者権限で実行してから、コマンドプロンプト上でgpedit.batを起動してみてください。具体的には、次のように操作します。

  1. 「スタート」ボタンをクリックしてアプリ一覧から「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」を探します。そして「コマンドプロンプト」を右クリックし、「その他」→「管理者として実行」を選択します。
  2. cdコマンドを使ってgpedit.batのあるフォルダに移動します。
    • ドキュメントフォルダに保存した場合は、コマンドプロンプトに次のように入力してエンターキーを押します。
      cd C:\Users\(ユーザー名)\Documents

      (ユーザー名)の部分は実際のWindowsのログインユーザー名に置き換えてください。
  3. コマンドプロンプトに「gpedit.bat」と入力してエンターキーを押すとスクリプトが実行されます。

方法3: Policy Plusを使用する

グループポリシーエディタの代用としてオープンソースのフリーソフト「Policy Plus」を使う方法もあります。

Policy Plusは、サードパーティ製のアプリですが、ビルトインのグループポリシーエディタとほとんど同じ機能と見た目を持つため、グループポリシーエディタとほとんど同じ操作感で使用することができます。

また、オープンソースのため、信頼性の高いことも特徴の1つです。

Windows10にPolicy Plusをインストールするには次の手順で操作します。

  1. 『Policy Plusの配布ページ』にアクセスします。
  2. ページを下へスクロールしてREADME.mdを読み進めます。Downloadの下の「Download a Release Build」のリンクをクリックします。
  3. Policy Plus.exeがダウンロードされます。ダウンロード完了後、Policy Plus.exeをダブルクリックするとアプリが起動します。インストールは不要です。

以上の手順でPolicy Plusのインストールは完了です。

基本的な使い方はビルトインのグループポリシーエディタと同じです。Policy Plusでは設定変更後に「File」→「Save Policies」を実行しないと設定が保存されないという点にご注意ください。設定を変更したら忘れずに「Save Policies」を実行しましょう。

ポリシーが表示されない場合

設定を変更したいポリシーが表示されない、またはポリシーの表示がおかしい場合は、次の手順でWindows10の最新の管理用テンプレートをPolicy Plusにインストールしてください。

  1. Microsoft公式の『最新版の管理用テンプレートのダウンロードページ』を開きます。
  2. 「ダウンロード」ボタンをクリックしてテンプレートのインストーラをダウンロードします。
  3. インストーラを起動してインストールを行います。基本的にはデフォルト設定のままインストールすれば問題ありませんが、インストール先のフォルダ名は後程Policy Plusにインストールする際に必要になるので忘れないようにしてください。
  4. インストールが完了したらPolicy Plusを起動します。
  5. メニューバーより「File」→「Open ADMX Folder」を選択します。
  6. 「Open ADMX Folder」ウィンドウが表示されます。「This folder」を選択し、右にある「Browse」ボタンをクリックします。
  7. 「フォルダの参照」ウィンドウが開いたら、テンプレートのインストールフォルダ(PolicyDefinitionsフォルダ)を指定します。デフォルト設定でインストールを行った場合は、次の場所にあるはずです(の部分はテンプレートのバージョンにより変わります)。
    C:\Program Files (x86)\Microsoft Group Policy\\Policy Definitions
  8. フォルダを指定した後、「OK」をクリックしたらインストールは完了です。

以上の手順で、Windowsの最新版の管理用テンプレートをPolicy Plusに追加することができます。希望のポリシーを変更できるようになったか確認して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)