WiFi/Bluetoothのドライバーが消えた/見つからない時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Wi-FiやBluetoothなどの無線デバイスのドライバーは、デバイスマネージャー上から確認することができます。

しかし、デバイスマネージャーを開いても、本来あるはずのワイヤレスドライバーが見つからないケースがあります。また、今まで確認できていたドライバーが突然消えるケースもあります。

今回は、Windows10のPCでWiFi/Bluetoothのドライバーが消えて見つからない時の対処法を紹介します。

Wi-Fi/Bluetoothのドライバーが消える原因

Wi-FiやBluetoothのデバイスドライバーが突然消えて表示されない原因として、主に次のことが考えられます。

  • デバイスを接続していない・デバイスの電源が入っていない
  • ドライバーがインストールできていない
  • インストールしているドライバーに問題が起きている
  • Winsockのカタログに問題が起きている
  • Wi-FiやBluetoothのデバイスが故障している

Wi-FiやBluetoothのデバイス自体が故障しているケースも考えられますが、簡単な対処で正常にドライバーが表示できる場合も多いです。

故障していないことを想定した対処方法から紹介していくので、順に試してワイヤレスドライバーがデバイスマネージャー上に表示されないか確認して下さい。

対処1: 非表示デバイスを表示する設定にする

デバイスマネージャー上では、PCから取り外したデバイスや電源が切れているデバイスは表示されない仕様になっています。

そのため、Wi-FiやBluetoothドライバーの接続が一時的に切れてデバイスマネージャー上に表示されないケースが考えられます。

上記の場合は、デバイスマネージャーで非表示のデバイスを表示することで、ドライバーを確認できます。次の手順で操作して、デバイスドライバーが表示されないか確認して下さい。

  1. Windowsマークを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択して起動します。
  2. 上部メニューの「表示」→「非表示デバイスを表示」の順にクリックします。
    • 項目の左側にチェックマークがついている場合は表示する設定になっています。
  3. 非表示だったデバイスドライバーが表示されます。「ネットワークアダプター」のツリーを展開して、Wi-Fi、Bluetoothのドライバーが表示されたか確認します。
    • ドライバーが機能しているのに非表示になっていた場合は、「ドライバー名」を右クリックして「ハードウェア変更のスキャン」を選択すると正常に表示される場合があります。

この操作を行った結果、Wi-FiやBluetoothのドライバが一覧に表示された場合は問題ありません。

動作状況に問題がなければそのまま利用してOKです。

非表示デバイスを表示させても目的のデバイスドライバが表示されない場合は、次の手順に進みましょう。

対処2: 高速スタートアップを無効にして再起動する

デバイスドライバーやWindowsのシステムに一時的なエラーが起きており、Wi-Fi・Bluetoothのドライバーが正常に表示されないケースがあります。

また、Windows10の高速スタートアップの機能が原因で、デバイスの接続を正常に読み込めていないケースが考えられます。

そのため、次の手順で高速スタートアップを無効にしてPCを再起動してみてください。

  1. タスクバー右側の「電源アイコン」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 左ペインで「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  3. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  4. シャットダウン設定の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。
  5. 「変更の保存」をクリックしてPCを再起動します。

再起動後にデバイスマネージャーを確認し、正常にワイヤレスドライバーが表示されていれば問題ありません。

依然としてワイヤレスドライバーが表示されていない場合は次の対処に進みます。

対処3: Wi-Fi/Bluetoothのスイッチをオンにする

PCの機種によっては、Wi-FiやBluetoothのオン/オフを切り替える物理スイッチが搭載されている場合があります。

この物理スイッチがオフになっていることが原因で、デバイスマネージャー上でドライバーが表示されないケースが考えられます。

そのため、一度PCにWi-Fi/Bluetoothのスイッチがないか確認して、オフになっている場合は「オン」に切り替えて下さい。

特にノートパソコンの場合は切り替えスイッチが付いている場合が多いため確認して下さい。

対処4: トラブルシューティングツールを実行する

ワイヤレスデバイスがWindowsで正常に認識できていない場合、トラブルシューティングツールを実行すると正常に表示されるようになる可能性があります。

トラブルシューティングツールは、Windows10に標準で搭載されている機能で、問題を検出して自動で修復することができます。

Wi-Fi・Bluetoothのトラブルシューティングツールを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」を選択します。
  4. 右ペインで「ネットワークアダプター」、もしくは「Bluetooth」を選択します。
  5. 「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。
  6. ウィザードに従ってトラブルシューティングを進めます。
  7. 問題が見つかったらウィザードに従ってv修復を試みて下さい。

トラブルシューティングツールによって問題が解決した場合は、再度デバイスマネージャーを開いて、ワイヤレスドライバーが表示されるか確認してください。

問題を修復しても改善しない場合や、結果が「問題なし」と表示される場合は次に進みましょう。

対処5: ドライバーを手動でインストールする

ワイヤレスドライバーがそもそもインストールされていなかったり、何らかの操作でアンインストールしてしまっていることが考えられます。

そのため、ワイヤレスデバイスのメーカーページから、最新のドライバーをダウンロードしてインストールして下さい。

PC内蔵のWi-Fi・Bluetoothアダプターを使用している場合は、PCメーカーの公式サイトでドライバーを配布していることが多いです。

また、マザーボード上にBluetoothやWi-Fi関連のチップが搭載されている場合は、マザーボードのメーカーサイトよりドライバーを入手して下さい。

対処6: ワイヤレスデバイスを再接続する

USBタイプのワイヤレスデバイスは、通常であればPCに接続するとプラグアンドプレイ機能によってデバイスドライバーが自動でインストールされます。

しかし、接続しているUSBポートに問題が起きていると正常にデバイスドライバーがインストールされず、ドライバーが見つからないケースがあります。

そのため、PCの別のUSBポートにワイヤレスデバイスを再接続すると問題が解決する可能性があります。

また、USBハブに接続している場合は、電源供給の問題で認識しないケースがあるため、直接PCのUSBポートに接続するようにして下さい。

対処7: デバイスドライバーを再インストールする

ワイヤレスデバイスを接続しても、デバイスマネージャー上に非表示デバイスの表示になってしまう場合は、デバイスドライバーを再インストールすると問題が解決する可能性があります。

デバイスドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. PCからワイヤレスデバイスを取り外します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  3. ツリーを展開して非表示デバイスになっている「ドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 確認画面が出るので「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動します。
  6. ワイヤレスデバイスをPCに接続します。ドライバーが自動でインストールされます。

上記の手順で、ドライバーがインストールできたら、再度デバイスマネージャーを開いて、有効なドライバーとして表示されているか確認して下さい。

対処8: Winsockカタログをリセットする

Winsockのカタログに問題が起きており、ワイヤレスドライバーが正常に表示されないケースあります。

Winsockは、PCがネットワークに接続する方法を定義するプログラムで、定義データに問題があると、ドライバーが正常に動作しない場合があります。

上記の問題は、Winsockカタログをリセットすることで解決できる可能性があります。そのため、次の手順でWindockカタログのリセットを試してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行します。
    netsh winsock reset
  3. リセット成功のメッセージを確認したらPCを再起動します。

PCの再起動まで終わるとWinsockカタログのリセットは完了です。完了したらデバイスマネージャをチェックし、問題なければ様子を見てください。

対処9: Wi-FiやBluetooth関連のハードウェアを交換する

ここまでのすべて対処法を試してもデバイスドライバーが見つからない場合は、Wi-FiやBluetoothのデバイスが物理的に故障していることが考えられます。

PC内蔵のワイヤレスデバイスの場合は、PCのメーカーサイトで搭載しているワイヤレスデバイスを調べて、交換ができないか検討して下さい。

ただし、ワイヤレスデバイスの交換はPCの知識がある程度ないと難しいです。自分での交換が難しい場合は、メーカーや修理業者に修理を依頼することをおすすめします。

USB接続のワイヤレスデバイスを利用している場合は、新しいデバイスの買い替え・交換を検討して下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)