Windows10のメールでGmail/Yahooの同期の設定ができない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GmailやYahooメールは、ブラウザから利用するだけでなく、Windows10の標準メールアプリにアカウントを設定して利用することもできます。

しかしメールの同期や設定に問題があり、「メールアプリでメールを削除すると勝手に復活してしまう」「送信済みメールがブラウザやスマホから確認できない」というような状況に陥ることがあります。

本記事では、Windows10のメールでGmail/Yahooの同期の設定ができない時の対処法について紹介します。

対処1: メールアプリの同期設定を確認

まずはメールアプリの設定を確認します。

  1. メールアプリを起動します。
  2. 左下にある歯車アイコン(設定)をクリックします。
  3. 右にサイドバーが表示されます。「アカウントの管理」→「メールアカウント名(GmailまたはYahooメール)」をクリックします。
  4. 「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。
  5. 次の設定を確認し、必要に応じて変更します。
    • 新しいメールをダウンロードする頻度
      初期設定では同期の間隔が長いことがあります。メールを受信した際にすぐに確認できるようにするには「15分ごと」「アイテムの受信時」などの間隔の短いものを選択します。
    • ダウンロードするメールの期間
      古いメールがメールアプリに表示されないときは「すべて」を選択します。ただし保存されているメールの数によってはダウンロードに時間がかかることがあります。
    • この名前を使用してメッセージを送信
      空欄になっていれば送信者として表示する名前を指定します。かな・漢字も利用可能です。
    • 同期オプション
      「メール」のスイッチをオンにします。
  6. すべて設定し終えたら「完了」をクリックします。
  7. 前の画面に戻ったら、「保存」をクリックします。

設定が終わったらテストメールを送るなどし、メールの同期ができるようになったか確認します。

対処2: Googleアカウント/Yahooメールアカウントの設定を確認

メールアプリではなく、GmailやYahooメール側の設定が問題の原因になることがあります。次の手順でIMAPアクセス設定とセキュリティ設定をご確認ください。

Gmailの場合

「IMAP」を有効にする

次の手順でGmailのIMAP設定が有効になっているか確認します。

  1. ブラウザで『Gmailのサービスページ』にアクセスします。Googleにサインインしていなければサインインも行ってください。
  2. 画面右上にある歯車アイコンをクリックします。メニューが表示されたら「設定」をクリックします。
  3. 「設定」画面が表示されます。上部のメニュータブから「メール転送とPOP/IMAP」を選んでクリックします。
  4. 設定一覧を下へスクロールし、「IMAPアクセス」グループの「IMAPを有効にする」にチェックを入れます。
  5. 最後に「変更を保存」をクリックします。

「安全性の低いアプリからのアクセスの許可」を有効にする

Googleアカウントのセキュリティ設定で「安全性の低いアプリからのアクセスの許可」が無効になっているとメールアプリの利用中に問題が発生することがあります。この設定を有効化するには次の手順で操作します。

  1. 『Googleアカウントページ』にアクセスします。
    • Googleアカウントのページは、グーグルトップページの右上に表示されるタイルアイコンの中にある「Googleアカウント」からアクセスすることもできます。
  2. 「Googleアカウント」のページが開きます。上部メニューから「セキュリティ」タブをクリックします。
  3. ページを下へスクロールし、「安全性の低いアプリのアクセス」にあるスイッチをオンに切り替えて許可を有効にします。

Googleアカウントで2段階認証を有効にしている場合は「安全性の低いアプリからのアクセスの許可」設定を変更することはできません。その際は代わりにアプリパスワードを利用してください。アプリパスワードの概要と利用方法については次のリンク先を参照してください。

Yahooメールの場合

「IMAP」を有効にする

IMAPアクセスを有効にします。

  1. ブラウザでYahooメールの『サービスページ』にアクセスします。
  2. 画面右上にある「設定・利用規約」の文字をクリックします。メニューが表示されたら「メールの設定」を選択します。
  3. メールの設定画面が表示されます。左のメニューリストにある「IMAP/POP/SMTPアクセスとメール転送」をクリックします。
  4. IMAPアクセス設定画面が表示されます。「Yahoo! JAPAN公式サービス以外からのアクセスも有効にする」にチェックを入れます。
  5. すぐ下にあるIMAPの項目を「有効にする」に設定します。
  6. 最後に右上にある「保存」ボタンをクリックします。

対処3: プライバシー設定を確認

Windows10のプライバシー設定を変更すると改善することがあります。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。その後、歯車アイコンをクリックします。
  2. 設定ウィンドウが開きます。「プライバシー」をクリックします。
  3. 続いて左のメニューリストにある「メール」をクリックします。
  4. メールのプライバシー設定画面が表示されます。「アプリが電子メールにアクセスできるようにする」の設定をオンに切り替えます。
  5. その下にある「電子メールにアクセスできるアプリを選ぶ」を確認し、「メール/カレンダー」の項目をオンに切り替えます。

対処4: アカウントを再設定する

1度設定したアカウントを削除してから再度アカウント設定をします。その際、自動設定でうまくいかなければ、次の手順でサーバー情報などを手動設定してみてください。

Windows10のメールアプリに設定されているメールアカウントを再設定するには、次の手順で操作して下さい。

1.メールアカウントの削除

まず、メールアプリに設定されているメールアカウントを削除します。

  1. メールアプリに設定済みのGmailアカウント/Yahooメールアカウントを一旦削除します。
    • メールアカウントを削除するには、「メールアプリの左下にある歯車アイコンをクリック」→「アカウントの管理」と進み、削除したいメールアカウント名をクリックします。その後、「アカウントの削除」をクリックします。
    • この操作はメールアプリに設定されているメールアカウントを解除するものであり、GmailアカウントやYahooメールアカウントそのものがなくなってしまうわけではありません
  2. アカウントを削除したらアカウントを再設定します。

メールアカウントを新しく追加する

メールアカウントの削除が終わったら、新しくGmail(もしくはYahoo!メール)を設定します。

  1. 削除するときと同じく「左下の歯車アイコン」→「アカウントの管理」とクリックして進み、ここで今度は「アカウントの追加」を選択します。
  2. 「アカウントの追加」ウィンドウが表示されます。各種設定を手動で行うには「詳細設定」をクリックします。
  3. 今回はGmailまたはYahooメールを設定するので、「インターネットメール」をクリックします。
  4. 設定情報を入力します。次の内容を各項目に入力してください。
    • Gmailの設定情報…
      メールアドレスGmailのメールアドレスを入力します。(例:test1234@gmail.com)
      入力の際は@gmail.comまで含むようにしてください。
      ユーザー名・アカウント名
      パスワードGoogleアカウントのパスワードを入力します。
      2段階認証を有効にしている場合はアプリパスワードを入力します。
      この名前を使用してメッセージを送信送信者として表示される名前です。自由に名前を設定できます。
      受信メールサーバーimap.gmail.com
      アカウントの種類IMAP4
      メールの送信(SMTP)サーバーsmtp.gmail.com
      送信サーバーには、認証が必要ですチェックする
      送信メールには同じユーザー名とパスワードを使用するチェックする
      受信メールにはSSLが必要チェックする
      送信メールにはSSLが必要チェックする
    • Yahooメールの設定情報…
      メールアドレスYahooメールのメールアドレスを入力します。(例:test1234@yahoo.co.jp)
      ユーザー名・アカウント名Yahooメールアドレスの@より前を入力します。例えばメールアドレスがtest1234@yahoo.co.jpであれば、この項目にはtest1234と入力します。
      パスワードYahooアカウントのパスワードを入力します。
      2段階認証を有効にしている場合はアプリパスワードを入力します。
      この名前を使用してメッセージを送信送信者として表示されます。自由に名前を設定できます。
      受信メールサーバーimap.mail.yahoo.co.jp
      アカウントの種類IMAP4
      メールの送信(SMTP)サーバーsmtp.mail.yahoo.co.jp
      送信サーバーには、認証が必要ですチェックする
      送信メールには同じユーザー名とパスワードを使用するチェックする
      受信メールにはSSLが必要チェックする
      送信メールにはSSLが必要チェックする
  5. すべての項目を入力したら「サインイン」をクリックします。
  6. しばらく待ち、「すべて完了しました」と表示されれば設定は完了です。

アカウント設定を行ったら再度『対処1:メールアプリの同期設定を確認』の手順を参考に、同期に関する設定を行ってください。この後正しくメールが同期できているかテストメールを送るなどして確認します。

解決しない時は

上記の方法をすべて試しても解決しなければ、次の方法も試してみてください。

  • パソコンをセーフブートで起動した状態で同期ができるか確認する
  • パソコンを有線でインターネット接続する、または高速なインターネット回線に接続する
  • Windowsを最新版にアップデートする
  • Windows標準のメールアプリにこだわりがなければ、「Thunderbird」「Outlook」などの別のメールクライアントアプリを試してみる

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)