Windows10 – パソコンのBluetooth機能を有効にできない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Bluetooth機能を搭載しているWindowsパソコンであれば簡単なペアリング設定を行うだけでBluetoothデバイスを接続することができます。

しかし、状況によっては有効にするためのボタンが表示されなかったり、有効になっているはずなのにBluetoothデバイスが使用できないトラブルが発生したりすることがあります。

本記事では、Windwos10のPCでBluetooth機能を有効にできない時の対処法について紹介します。

対処1: Bluetoothアダプターを再インストールする

ドライバーの不具合が考えられます。まずはデバイスマネージャーでBluetoothアダプターを再インストールしてみてください。

デバイスマネージャーの開き方及び再インストールの手順については次のリンク先の「デバイスドライバーの再インストール」の内容をご参照ください。

対処2: トラブルシューティングツールを利用する

軽度なトラブルであれば自動修復できるケースがあります。次の手順でトラブルシューティングツールを実行してみてください。

  1. タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。
  2. スタートメニューが表示されます。「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
  3. 「Windowsの設定」画面が表示されます。「更新とセキュリティ」をクリックします。
  4. 画面左側のリストから「トラブルシューティング」をクリックします。
  5. 画面右側を少し下へスクロールし、「Bluetooth」をクリックします。
  6. メニューが展開されます。「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックします。
  7. ツールが実行され、診断と修復が開始されます。処理が完了するまでしばらく待ちます。
  8. 自動修復が可能な場合は終了時点で修復が完了しています。

もし「修復できませんでした」等のエラーメッセージが表示された場合は、表示された結果を参考に問題の特定と対処を行ってください。

対処3: Bluetoothサポートサービスを起動する

Bluetooth機能を使うためのサービスプログラムが起動しているかどうか、次の手順で確認します。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、右クリックメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウにservices.mscと入力し、「OK」をクリックします。
  3. Windowsのサービス一覧ウィンドウが表示されます。ウィンドウのリストから「Bluetoothサポートサービス」の項目を探し、ダブルクリックします。
  4. 「サービスのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、「全般」タブ内にある「スタートアップの種類」の設定を確認します。
    • 「自動」以外の設定が指定されている場合は「自動」に変更してから、右下の「適用」ボタンをクリックします。
  5. 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じ、パソコンを再起動します。

対処4: 高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップが原因でBluetooth機能が正常に動作しなかったり、ドライバーが正しくインストールされなかったりすることがあります。

次の手順で高速スタートアップを無効にしてみてください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. アプリ一覧から「Windowsシステムツール」フォルダを探します。フォルダを開き、中にある「コントロールパネル」をクリックします。
  3. コントロールパネルが開きます。右上の「表示方法」の設定を確認し、「カテゴリ」になっていなければ「カテゴリ」に変更します。
  4. 「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
  5. 「電源オプション」をクリックします。
  6. 画面左上にある「電源ボタンの動作を選択する」の文字をクリックします。
  7. 「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」画面が表示されます。画面上部にある「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  8. するとこれまでグレーアウトしていた設定項目が変更できるようになります。「シャットダウン設定」グループの中にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  9. 「変更の保存」ボタンをクリックしてから設定画面を閉じます。
  10. パソコンを再起動し、問題が解決したか確認します。

対処5: 省電力設定を無効にする

省電力機能を無効化することで動作やトラブルが改善することがあります。次の手順で設定してみてください。

  1. まずBluetoothアダプターの省電力設定を無効化します。「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択してデバイスマネージャーを起動します。
  2. Bluetoothツリーを展開し、Bluetoothアダプター名を右クリックします。
    • もしBluetoothアダプターが複数存在する場合にはすべてのアダプターに対し手順2-4を行ってください。
  3. 右クリックメニューが表示されたら「プロパティ」を選択します。
  4. 「電源の管理」タブを開き、「電力節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外します。

続いてUSBセレクティブサスペンド設定を無効化します。

  1. コントロールパネルを開きます。「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧から「Windowsシステムツール」フォルダを開いて「コントロールパネル」をクリックします。
  2. コントロールパネルが開いたら「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」とクリックして進みます。
  3. 「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が表示されます。チェックの入っている電源プランを探し、その項目の右側にある「プラン設定の変更」の文字をクリックします。
  4. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「電源オプション」ウィンドウが表示されます。リストを少し下へスクロールし、「USB設定」ツリーを展開します。
  6. さらに「USBのセレクティブサスペンドの設定」ツリーを展開します。
  7. 「設定:有効」と表示されている場合には「有効」の文字部分をクリックし、設定を「無効」に変更します。
  8. 最後に「適用」ボタンをクリックしてから「OK」ボタンをクリックし、「電源オプション」ウィンドウを閉じます。
  9. 「プラン設定の変更」画面に戻り、「変更の保存」ボタンをクリックします。

補足:Bluetoothの接続方法が分からない場合

Bluetooth機能はアクションセンターまたは設定画面から機能を有効にすることで利用できるようになります。

Bluetoothデバイスの基本的な接続方法が分からない場合は、次のページを参考にしてみて下さい。

上記ページ以外でも、お使いのBluetoothデバイスの操作マニュアルも合わせて参照ください。

その他の対処法

上記の対処法で解決しない場合、Windowsのシステムの不具合が考えられます。まずWindowsアップデートを確認し、もし最新版になっていなければ更新を行ってください。

アップデートで改善しない場合にはシステムの復元やクリーンインストールもご検討ください。

また、Bluetoothデバイスの機種によってはデバイス側の不具合の可能性も考えられます。

パソコンではなくBluetoothデバイス側に原因があると思われる場合には、メーカーのサポート情報やサポートサービスもご利用ください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)