特定のHDDドライブで「アクセスが拒否されました」が出る時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCで、特定のドライブや外付けHDDにアクセスしようとした際に「場所が利用できません。アクセスが拒否されました」や「アクセスできません」というエラーが発生することがあります。

このエラーが発生するとドライブを開くことができず、データを見れない状態になってしまいます。また、最悪の場合、重要なデータを失う恐れがあります。

今回は、Windows10で特定のドライブにアクセスする時に「アクセスが拒否されました」のエラーが表示される時の対処法について紹介します。

「アクセスが拒否されました」エラーが出る原因

特定のドライブを開こうとすると「アクセスが拒否されました」のエラーが発生する場合、主に次の原因が考えられます。

  • ドライブの接続に接触不良などの問題が起きている
  • ドライブの所有権・アクセス権限に問題がある
  • ドライブレターが重複している
  • BitLockerのサービスが停止している
  • ドライブのファイルシステムが破損している
  • HDDが物理的に故障している

HDDの故障も考えられますが、権限やドライブの設定変更でエラーが解消できる可能性もあります。

上記の原因ごとの対処方法を紹介していくので、順番にドライブに正常にアクセスできるようにならないか試してください。

対処1: PCを再起動する

今まで正常に使用できていたHDDで突然「アクセスが拒否されました」のエラーが発生した場合は、最初にPCを再起動してみてください。

システムの一時的なエラーなどによってドライブに接続できていない場合は、PCを再起動するだけでアクセスできる可能性があります。

再起動してもエラーが直らない場合は、次の対処法に進んでください。

対処2: PCとHDDのケーブルを接続し直す

HDDとPCの接続状態に問題があり、接触不良が発生して「アクセスが拒否されました」のエラーが出るケースが考えられます。

そのため、一度ハードディスクを取り外して再度接続することでエラーが解決する可能性があります。

  • 内蔵のHDDの場合:
    • PCケースを開けてPCとHDDを接続しているSATAケーブルを抜いて指し直します。
    • SATAケーブルやSATAポートが破損していることも考えられるため、できればケーブルを交換して別のSATAポートに接続することをおすすめします。
  • 外付けのHDDの場合:
    • PCに接続しているUSBを抜いて、別のUSBポートに再度接続します。
    • USBハブを使用していた場合は、PCのUSBポートに直接接続してください。

接続し直してエラーが出なくなった場合は、接触不良やSATA・USBのポート・ケーブルの故障が考えられます。

ドライブにアクセスできるようになった場合は、念のためデータのバックアップを取ることをおすすめします。

HDDの再接続でエラーが解決しない場合や一時的に解決しても再発する場合は、次の対処に進んでください。

対処3: ドライブの所有権を変更する

ドライブの所有権の設定に問題があり、「アクセスが拒否されました」のエラーが表示されるケースがあります。

そのため、ドライブの所有権をサインインしているアカウントに再設定することでエラーが解決する可能性があります。

ドライブの所有権を変更するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を開きます。
  2. 左ペインから「PC」をクリックします。
  3. デバイスとドライブで「アクセスが拒否されるドライブ」を選択して右クリックして「プロパティ」をクリックします。
  4. 「セキュリティ」タブを開きます。
  5. 「詳細設定」をクリックします。
  6. 所有者欄の右側にある「変更」をクリックします。
  7. 「選択するオブジェクト名を入力してください」という欄に、「サインインしているユーザー名」、もしくは「Administrators」と入力して「名前の確認」をクリックします。
  8. 入力したユーザー名、もしくがグループ名が、「PC名\グループ名 or ユーザー名」に変換されます。
  9. 「OK」をクリックして詳細設定に戻ります。
  10. 「サブコンテナーとオブジェクトの所有権を置き換える」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
    • 「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可エントリで置き換える」にチェックを入れるとエラーが解決する場合もあります。上記のオプションにチェックを入れても解決しない場合に試してください。

以上で、ドライブの所有権を変更することができます。所有権を変更できたら、再度ドライブへのアクセスを試してみてください。

対処4: ドライブのアクセス権限を手動で取得する

何らかのエラーや不具合、操作ミスなどでアカウントがドライブにアクセスするための権限を失っている場合、「アクセスが拒否されました」のエラーが発生します。

そのため、ドライブのアクセス権限を手動で設定することで、正常にアクセスできるようになる可能性があります。

ドライブのアクセス権限を手動で設定するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「エクスプローラー」を開きます。
  2. 左ペインから「PC」をクリックします。
  3. デバイスとドライブで「アクセスが拒否されるドライブ」を選択して右クリックして「プロパティ」をクリックします。
  4. 「セキュリティ」タブを開きます。
  5. 「詳細設定」をクリックします。
  6. 「アクセス許可の変更」をクリックします。
  7. 「追加」をクリックします。
  8. 「プリンシパルの追加」をクリックします。
  9. 「サインインしているユーザー名」を入力して「名前の確認」→「OK」の順にクリックします。
  10. 適用先で「このフォルダー、サブフォルダーおよびファイル」を選択していることを確認します。
  11. 「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

以上で、ドライブのアクセス権限を設定することができます。ドライブへのアクセスを試してみてください。

対処5: ドライブレターを変更する

アクセスしようとしているドライブのドライブレター(D:やE:等)が他のデバイスと重複していると、ドライブが正しく機能せず「アクセスが拒否されました」のエラーが発生する場合があります。

そのため、次の手順でアクセスできないドライブのドライブレターを変更してエラーが解決しないか確認してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ディスクの管理」を選択します。
  2. 「アクセスできないドライブ」を右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。
  3. ドライブ名を確認して「変更」をクリックします。
  4. 「次のドライブ文字を割り当てる」のリストで、他のデバイスと重複していない別のドライブレターを選択して「OK」をクリックします。
  5. 「ドライブ文字に依存する一部のプログラムが正しく動作しなくなる場合があります。続行しますか?」の確認が出たら「はい」をクリックします。
  6. ドライブレターが変更されます。

ドライブレターが変更できたら、再度ドライブを開いてエラーが出るか確認してください。

対処6: BitLockerのサービスの設定を変更する

ハードディスクを暗号化して保護するBitLocker機能を使用している場合、BitLockerのサービスが起動していないことが原因で「アクセスが拒否されました」のエラーが発生することがあります。

そのため、次の手順でBitLockerのサービスのスタートアップ設定を変更してエラーが解決しないか確認してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「BitLocker Drive Encryption Service」をダブルクリックします。
  4. 「スタートアップの種類」を「自動」に変更します。
  5. サービスの状態が停止の場合は「開始」を、実行中の場合は「再開」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

以上でBitLockerのサービスが自動起動するよう設定できます。ドライブにアクセスしてエラーが解決したか確認してください。

対処7: チェックディスクを実行する

ここまでの対処でエラーが解決しない場合は、不良セクタが原因でファイルシステムが破損して論理障害が起きていることが考えられます。

論理障害を解消するためにはチェックディスクが有効です。次の手順で、対象のドライブのファイルシステムを修復してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力します。
    chkdsk チェックしたいドライブレター: /r
    • チェックしたいドライブレターに、対象のドライブのドライブレターを指定してください。Dドライブを修復する場合は、「chdsk d: /r」と入力します。
    • chkdskコマンドの/rオプションは、処理が完了するまで非常に時間が掛かる場合があります。
  4. チェックディスクが完了するまで待ちます。

チェックディスクが完了して、修復が完了したら再度ドライブへのアクセスを試してください。

チェックディスクで解決した場合は、物理障害に備えてドライブ復旧後にすぐデータのバックアップを取ることをおすすめします。

対処8: ドライブをフォーマットする

チェックディスクを実行してもエラーが解決しない場合は、ドライブをフォーマットすることでアクセスできるようになる可能性があります。

注意: フォーマットを実行するとドライブ内のHDDがすべて削除されます。ドライブ内のデータが不要な場合に限り、フォーマットの実行を試してください。

ドライブをフォーマットする手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ディスクの管理」を起動します。
  2. 「フォーマットしたいディスク」を右クリックして、表示されるメニューから「ディスクの初期化」を選択します。
  3. パーティションスタイルで、「MBR」「GPT」のいずれかを選択して「OK」をクリックします。
    • ハードディスクの容量が2TB未満の場合は「MBR」、2TB以上の場合は「GPT」を選択してください。
  4. 「フォーマットしたいディスク」の「未割り当て」の領域を右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。
  5. ウィザードが起動したら「次へ」をクリックして進めます。
    • ドライブ文字とボリュームサイズの指定は、デフォルトのままで問題ありません。
  6. パーティションのフォーマットの画面になったら、次のように項目を選択して「次へ」をクリックします。
    • 「ボリュームラベル」: 任意のボリューム名を入力します。
    • 「ファイルシステム」: 「NTFS」を選択します。
    • 「クイックフォーマットする」: チェックを入れます。
      • クイックフォーマットにチェックを付けないと大幅に時間がかかることが多いため、チェックを付けることをおすすめします。
  7. フォーマットが開始します。「完了」をクリックして終了です。

以上でハードディスクをフォーマットすることができます。フォーマットが完了したら、ドライブにアクセスできるようになったか確認してください。

対処9: HDDを交換する

ドライブをフォーマットしても「アクセスが拒否されました」のエラーが出る場合は、HDDの物理的な障害が疑われます。

そのため、新しいHDDを購入するか別のHDDに交換することを検討してください。

また、物理障害でドライブにアクセスできない場合、個人ではデータを救出することは難しくなります。

ハードディスク内のデータが必要な場合は、修理業者などにデータの復旧を依頼してください。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)