外付けHDDのエラー「パラメーターが間違っています」の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンに外付けハードディスクを接続すると、「場所が利用できません。ドライブにアクセスできません。パラメーターが間違っています。パラメーターが正しくありません。」というエラーメッセージが表示され、ハードディスクにアクセスできないケースがあります。

上記のエラーは、ファイルシステムの破損や不良セクタなどが原因でハードディスク内のデータにアクセスできなくなってしまった時に表示されます。

ただし、必ずしも深刻なトラブルとは限らず、修復ツール等で解決できるケースも多いです。

本記事では、外付けHDDで「パラメーターが間違っています」のエラーが出た時の対処法について紹介します。

対処1: 外付けハードディスクを接続し直す

外付けハードディスクの接続に問題が起きていることが原因で、「パラメーターが間違っています」のエラーが表示されることがあります。

まずは、外付けハードディスクのUSBを一旦取り外して、その後再度接続してみて下さい。

単純な再接続でエラーが解決しない場合は、次の方法も試してみてください。

  • 外付けHDDを取り外した後、パソコンを再起動してから再接続する
  • 別のUSBポートに外付けHDDを接続する
  • 他のUSBケーブルを使用する
  • USBハブを使用している場合は、直接PCのUSBポートに接続する

上記の接続を試しも解決しない場合は、次の対処方法に進んで下さい。

対処2: ディスクチェックを実行する

外付けハードディスクのファイルシステムに問題があり、エラーが発生してことが考えられます。

ファイルシステムの問題は、ハードディスクの修復ツールを利用することで問題を解消できる可能性があります。

修復ツールを使う場合は、まずWindowsに備わっているディスクチェックの実行を試してみて下さい。実行するとハードディスクに発生している問題を自動で発見し修復することができます。

すべての問題を修復できるわけではないので必ずしも万能ではありませんが、かなり高い確率で本エラーの原因を解消することができます。

ディスクチェックを実行し、ハードディスクの診断と修復を行うには次の手順で操作します。

  1. Windowsに管理者権限のあるユーザーでサインインしていることを確認します。
    • 管理者ユーザーかを判断するには、「Windowsマーク」→「ユーザーアイコン」→「アカウント設定の変更」の順にクリックして、ユーザー情報の名前の下に「管理者」の文字があるか確認して下さい。
  2. エクスプローラー(タスクバーの黄色いフォルダアイコン)を開きます。
  3. エクスプローラーの左ペインで、「PC」を探してクリックします。
  4. 右ペインで「デバイスとドライブ」リストの中から、「修復を行うハードディスク」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  5. プロパティウィンドウが開きたら「ツール」タブをクリックして開きます。
  6. 「エラーチェック」の中にある「チェック」ボタンをクリックします。
  7. エラーが検出された場合は「ドライブの修復」をクリックして修復を行います。エラーが検出されなかった場合はチェックディスクを終了し、他の対処法を試してください。

対処3: CHKDSKコマンドで修復する

ディスクチェックで「パラメーターが間違っています」のエラーが修復できない場合は、不良セクタが原因で外付けHDDのファイルシステムが破損していることが考えられます。

不良セクタによるファイルシステムの破損は、CHKDSKコマンドの/rオプションで修復できる可能性があります。

注意: CHKDSKコマンドの/rオプションの修復は、逆に症状が悪化してデータが消えてしまうケースがあります。外付けHDDに大切なデータが含まれている場合は、使用を避けて他の対処を試して下さい。

CHKDSKコマンドで外付けHDDを修復するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御の画面が出たら「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力してエンターキーを押します。
    chkdsk E: /r
    • 「E」は外付けHDDのドライブレターを指定します。ドライブレターは、エクスプローラで「PC」→「デバイスとドライブ」内で確認できます。
    • chkdskの/rオプションは、場合によっては大幅な時間が掛かるため、時間に余裕のある時に実行して下さい。
  4. プロセスが完了したらPowerShellを閉じます。

ファイルシステムの問題を解決できたら、外付けHDDを再接続してエラーが出ないか確認して下さい。

対処4: TestDiskを使って修復する

Windows標準のディスクチェックやCHKDSKコマンドで修復できない場合は、外付けHDDのパーティションに問題が起きており、「パラメーターが間違っています」のエラーが出ているケースが考えられます。

ハードディスクのパーティションの問題を修復するには、サードパーティーのツールを使用する必要があります。修復ツールは、TestDiskがオープンソースのフリーソフトでおすすめです。

TestDiskを使って外付けHDDのパーティションを修復するには、次の手順で操作を行います。

  1. 『TestDiskのダウンロードページ』へアクセスします。
  2. 「TestDisk Free Download」のボタンをクリックしてソフトをダウンロードします。
    • 基本的には最新版(ページの1番上にあるバージョン)を選べば問題ありません。
  3. ダウンロードした「ZIPファイル」を右クリックして「全て展開」を選択します。
  4. 展開先を指定して「展開」をクリックします。
  5. 展開したフォルダを開き、「testdisk_win.exe」を起動します。
  6. testdiskウィンドウが開きます。画面の下の方に「Use arrow keys to select, then press Enter key:」と表示されるので、「No Log」を選択し、エンターキーを押します。
    • 操作はキーボードの矢印キーとエンターキーで行います。
  7. 「Select a media」と表示されます。修復が必要な外付けハードディスクを選択します。画面下部で「Proceed」が選択されていることを確認してからエンターキーを押します。
  8. パーティションテーブルタイプを選択して、エンターキーで先に進みます。
    • パーティションテーブルタイプは、基本的には「Intel」を選択すれば問題ありません。
    • GUIDパーティションを利用している場合は、「EFI GPT」を選択してください。
  9. 「Analyse」を選択してエンターキーを押します。
  10. 画面下部にある「Quick Search」を選択して、エンターキーを押します。
  11. パーティションの検索結果画面が表示されます。エンターキーを押して先に進みます。
    • この画面でPキーを押すとパーティションに保存されているファイルを確認することができます。
    • ハードディスク内に大切なファイルがある場合は、万が一ハードディスクが復旧できなかった時のためにこの画面を使ってファイルを救出することもできます。
    • ファイルを救出するには、次の手順で操作します。
      1. Pキーを押してファイルリストを表示します。
      2. 上下矢印キーでファイルを選択してCキーを押します。
      3. 矢印キーで保存先ドライブ・フォルダを選択し、もう1度Cキーを押してファイルのコピーを実行します。
  12. 「Write」を選択し、エンターキーを押します。確認画面が表示されるので、「Y」を入力してパーティションを修復します。
    • パーティション検索結果がおかしい場合は、「Deeper Search」を実行して詳細検索を行ってください。

パーティション修復が完了したら、外付けHDDをPCに再接続して「パラメーターが間違っています」のエラーが解決したか確認して下さい。

対処5: システムファイルチェッカーを実行する

「パラメーターが間違っています」のエラーは、外付けHDDではなくWindowsのシステムファイルに問題がある時に発生するケースがあります。

そのため、次のようにSFCコマンドを使い、Windowsシステムの修復を試してみてください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は「はい」をクリックします。
  3. PowerShellウィンドウが表示されたら、画面にそのまま次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    sfc /scannow
  4. 手続きが完了したらPowerShellウィンドウを閉じ、外付けハードディスクにアクセスできるようになったか確認します。

対処6: 外付けハードディスクをフォーマットする

ここまでの修復方法でエラーが解決しない場合は、外付けのハードディスクに保存されているデータを全て削除して、初期化(フォーマット)することで問題を解消できることがあります。

注意: フォーマットしたハードディスク内のデータはすべて削除されます。外付けハードディスク内に重要なデータを保存していない場合や、データのバックアップを取っている場合のみフォーマットを試して下さい。

外付けHDDをフォーマットするには、次の手順で操作します。

  1. エクスプローラーを開きます。
  2. 左ペインで「PC」を開きます。
  3. 「デバイスとドライブ」リストから「目的のドライブ(外付けハードディスク)」を右クリックして、「フォーマット」を選択します。
  4. フォーマットのオプションウィンドウが表示されます。フォーマットの設定を確認して、「開始」ボタンをクリックします。
    • フォーマットの設定は、特に理由がなければデフォルトの設定のままで構いません。
  5. 外付けHDDのフォーマットが開始します。完了まで待ちます。

フォーマットが完了したら外付けハードディスクにアクセスできるようになったかどうか確認して下さい。

外付けHDDのフォーマットが正常にできない場合は、次のページも合わせて参考にしてください。

解決しない場合は

全ての対処方法を行っても、外付けHDDの「パラメーターが間違っています」のエラーが解決しない場合は、ハードディスク自体が物理的に故障していることが考えられます。

そのため、古い外付けHDDを使用していた場合は、新しいハードディスクの購入を検討して下さい。

購入したばかりの新しい外付けHDDでエラーが発生している場合は、初期不良が考えられるため、メーカーに修理・交換ができないか問い合わせてみて下さい。

ハードディスク内に大切なデータが含まれている場合は、専門に復旧サービスを行っている業者に診断を依頼することをおすすめします。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)