iPhoneでFace IDが認識しない/使えない/設定できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Face IDを使ってiPhoneの画面ロック解除やアプリの認証を行おうとすると、「顔を認識できません」のエラーが表示され、認識が失敗してしまうケースがあります。

また、「Face IDは現在利用できません」「Face IDが無効になっています」等のエラーが表示され、Face IDの機能が突然使えなくなってしまうトラブルもあります。

今回は、iPhoneのFace IDで認識しない場合や機能が使えない時の対処方法について詳しく解説します。

Face IDが認識しない時の対処法

Face IDの認証時の「顔を認識できません」のエラーは、設定した容姿と認証する容姿が大きく異なる場合に発生します。

Face IDを設定しても自分の顔がうまく認識できない場合や、認識が失敗しやすい場合は、次の対処方法を試してみてください。

対処1: カメラや顔が覆われていないか確認する

マスクやサングラス等、顔を覆うものを身に着けているとFace IDの顔認証がうまく認識しないケースがあります。

そのため、顔を覆うものを身につけている場合は、全て取り外した状態でFace IDが認識できないか試してください。

また、Face IDに使用するTrueDepthカメラが汚れていたり、フィルム等で覆われていると認証が成功しにくくなります。

TrueDepthカメラは、iPhoneのディスプレイ上部のノッチ領域に取り付けられているため、カメラに汚れが付着していないか、何かに覆われていないかを確認してみてください。

TrueDepthカメラが隠れている場合は、「カメラが覆われています」の警告と一緒にカメラの位置が表示されます。

対処2: カメラの向きと間隔に注意する

Face IDに使用するTrueDepthカメラは、iPhoneが縦向きの状態でしか機能しません。

また、カメラが正しく機能するには、iPhoneと顔の間隔を25〜50cm程度空ける必要があります。

そのため、認識をする際には、iPhoneが縦向きになっていて距離が近すぎないか確認してください。

対処3: 「注視が必要」オプションを無効にする

Face IDの「注視が必要」オプションを有効にすると、Face ID認証時にユーザーが意識的にiPhoneを見つめているかどうかを確認してからロックを解除するようになります。

このオプションはデフォルトで有効になっているため、「寝ている間に他人に勝手に認証されてしまう」ような操作を回避することができます。

しかし、状況や環境によっては「注視が必要」オプションが原因で、自分の顔がうまく認識できないケースがあります。

認証に失敗することが多い場合は、「注視が必要」オプションを無効にしてFace IDの認識が改善しないか試してみてください。オプションを無効にする手順は、次のとおりです。

  1. 「設定」を開き、「Face IDとパスコード」をタップします。
  2. 「Face IDを使用するには注視が必要」のスイッチをオフに切り替えます。
  3. 確認メッセージが表示されます。「OK」をタップして操作を確定します。

「注視が必要」オプションのオン/オフの設定はいつでも簡単に切り替えられます。認識が改善しない場合は、有効の状態に戻すことをおすすめします。

対処4: 「もう1つの容姿」を設定する

Face IDは、髪型・化粧・体調・周囲の環境などの特定の条件下で認証しにくくなるケースがあります。

上記の認識の問題は、Face IDの「もう1つの容姿」設定を行うことで改善する可能性があります。

そのため、次の手順で「もう1つの容姿」を設定してみてください。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。
  3. 「もう1つの容姿をセットアップ」をタップします。
  4. 自分の顔をFace IDが認証しにくい状態にします。
    • 例: 化粧をしていない時に認証しない場合は、化粧をしていない状態にします。
  5. 初回設定時と同じ手順でセットアップが行われます。画面の指示に従って「もう1つの容姿」を追加します。

以上の設定を行うことで、容姿が変わった状態でもFaceIDが認識しやすくなります。

対処5: Face IDの設定をリセットする

ここまでの対処方法を試してもFace IDの認識がうまくできない場合は、Face IDの設定情報に問題があることが考えられます。

そのため、Face IDの設定を一度初期化してから再設定して問題が解決しないか試してみてください。

Face IDをリセットして再設定するには、次の手順で操作します。

  1. ホーム画面を表示し、「設定」を起動します。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップします。パスコードを求められた場合はiPhone本体のロックパスコードを入力します。
  3. 「Face IDをリセット」をタップします。
  4. リセットが完了したら、「Face IDをセットアップ」をタップして再設定を開始します。
  5. 画面の指示にしたがってFace IDを登録します。
  6. 登録が完了したら「Face IDを使用」のリストを確認し、Face IDを使って認証したい機能やサービスのスイッチがオンになっていることを確認します。

以上でFace IDを再設定することができます。Face IDが正常に機能するようになったか再度確認してください。

FaceIDが使えない/設定できない時の対処法

Face IDの機能がエラーで利用できない状態になったり、Face IDの設定ができない場合は、次の対処方法を試してみてください。

対処1: iPhoneを再起動する

これまで問題なく使えていたのに、「Face IDが無効になっています」のメッセージが突然表示されるようになった場合は、一時的なiOSのシステムエラーが考えられます。

一時的なシステムエラーが原因の場合は、再起動するだけでFace IDが正常に機能する可能性があります。

そのため、まずiPhoneの再起動を試してみてください。

  • iPhoneX以降の場合
    1. サイドボタンと音量調整ボタンを同時に長押しして、電源オフのスライダーが表示されたらスライドして電源を切ります。
    2. サイドボタンをAppleマークが表示されるまで長押しします。
  • iPhone SE、8以前の場合
    1. 電源ボタンを長押しして、電源オフのスライダーが表示されたらスライドして電源を切ります。
    2. 電源ボタンをAppleマークが表示されるまで長押しします。

iPhoneが再起動したら、Face IDが機能するか確認してください。

ただし、再起動で一時的にFace IDが使えるようになっても、症状が繰り返すケースがあります。Face IDの問題が解決しない場合は、次の対処方法を試してください。

対処2: iOSを最新に更新する

iOSのバージョンが古いとシステムの不具合が原因で、Face IDが正常に動作しないケースがあります。

そのため、ソフトウェアアップデートを確認して、システムが最新の状態ではない場合はアップデートを行なってください。

ソフトウェアアップデートを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします。
  3. 新しいバージョンが提供されている場合は、「ダウンロードしてインストール」をタップして最新のiOSにアップデートします。

iOSが最新の状態になったら、再度Face IDが使用できないか確認してください。

対処3: 対応機種を確認する

Face IDの設定項目が見つからず設定ができない場合は、お使いのiPhoneがFace IDに対応しているか確認してみてください。

Face IDに対応しているiPhoneのモデルは次のApple公式ページで確認できます。

Face IDが使用できない機種であれば、代わりにTouch IDなどの他の認証機能を活用してください。

対処4: iPhoneを初期化する

システムトラブルが原因の場合、iPhone本体を初期化することで改善できるかもしれません。

次の手順で本体の初期化を試してみてください。

手順1: バックアップを作成する

iPhoneを初期化するとデータが全て消去されるため、初期化を行う前に、必要に応じてデータのバックアップを作成してください。

バックアップを作成するには、iCloudもしくはiTunesを使う方法があります。方法によりバックアップできるデータの種類や容量等に違いがあるのでご注意ください。

詳しいiPhoneのバックアップ方法については、次の公式ページを参考にしてください。

また、サードパーティ製アプリを利用している場合、アプリ指定の方法によるバックアップや引き継ぎ設定が必要になることがあります。

必要なアプリのバックアップ・引き継ぎ方法を確認し、復元の準備をしてから初期化を実行してください。

手順2: 初期化する

iPhoneのバックアップが作成できたら初期化を開始します。

  1. iPhoneのホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に選択します。
  3. 確認画面が表示されるので、「iPhoneを消去」をタップして初期化を行います。
  4. 初期化が完了したら初期設定を進めます。
  5. 「Appとデータ」画面が表示されたら、作成したバックアップからデータを復元します。

初期化とデータの復元が完了したら、Face IDはバックアップで復元されないため、Face IDを再設定してください。

再設定の具体的な手順は、本記事の『Face IDの設定をリセットする』を参考にしてください。

解決しない時は

ここまでの対処法を全て試してもFace IDが使えなかったり、認識しない場合は、カメラ等のハードが故障している恐れがあります。

そのため、Apple StoreにFace IDの問題を相談して、持ち込み修理または配送修理を依頼してください。

iPhoneを修理に出す方法については、Apple公式ヘルプを参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)