解決方法: デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows Updateを実行した時に、「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」というエラーメッセージが表示されるケースがあります。

このエラーが発生すると、Windows Updateの更新プログラムがインストールできない状態になってしまうケースもあります。

今回は、Windows10で「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが発生した時の対処法について詳しく紹介します。エラーでWindowsUpdateが進まない場合は参考にしてみてください。

「修正プログラムがありません」エラーが発生する原因

「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーメッセージは、WindowsUpdateに必要なプログラムが一部欠損していることを示しています。

このエラーメッセージがWindowsUpdateに表示される場合、主に次のような原因が考えられます。

  • WindowsUpdateに一時的な問題が起きている
  • 最新のSSU(サービススタック更新プログラム)がインストールされていない
  • Windows Updateの関連ファイルに問題が起きている
  • サードパーティのアプリケーション、ドライバーに問題が起きている
  • App Readinessサービスが停止している
  • Windows10のシステムが破損している

古いバージョンのWindows10では特別な対処が必要でしたが、新しいバージョンのWindows10では簡単に対処できるようになっています。

上記の原因ごとの対処法を紹介していくので、順番に試してWindowsUpdateが正常に実行できないか確認してください。

対処1: エラーを無視してWindowsUpdateを実行する

「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが出ている状態でも、WindowsUpdateをそのまま実行することで問題が解決する可能性があります。

そのため、次の手順でWindowsUpdateを確認してダウンロードや再起動を実行できる場合は、そのまま実行してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインに「ダウンロード」、もしくは「再起動」のボタンが表示されている場合はクリックしてください。
    • 「ダウンロード」を押した場合は、更新プログラムがダウンロード完了後に表示される「再起動」ボタンを押してください。
  4. WindowsUpdateが実行できた場合は完了するのを待ちます。

PCが再起動したら、再度WindowsUpdateを確認して「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」 のエラーが消えたことを確認してください。

「ダウンロード」や「再起動」のボタンが表示されない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: Windows Updateのトラブルシューティングツールを実行する

Windowsに標準搭載されているトラブルシューティングツールを実行することで、Windows Update関連のトラブルを解決できる可能性があります。

そのため、Windows Updateのトラブルシューティングツールを一度実行してみることをおすすめします。手順は次のとおりです。

  1. 「Windows」マークを右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「トラブルシューティング」を選択します。
  4. 右ペインの一覧から「Windows Update」をクリックします。
    • 一覧にない場合は「追加のトラブルシューティングツール」をクリックしてください。
  5. 「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。
  6. 問題が自動的に検出されます。問題が見つかった場合は、案内に従って修正を試みてください。

トラブルシューティングが完了して問題を修正ができた場合は、Windows Updateを再度実行してみてください。エラーが修正されない場合や、問題が見つからない場合は次の対処に進んでください。

対処3: 最新のSSUをインストールする

インストールされているSSU(サービススタック更新プログラム)が古いことが原因で、「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが表示されるケースがあります。

そのため、次の手順で最新のSSUをインストールしてから、再度WindowsUpdateを実行してみてください。

  1. 『最新のサービス スタック更新プログラム』のページにアクセスします。
  2. ソフトウェアの更新の一覧で、Windows10のバージョンとビット数と一致する製品名の「Servicing Stack Update」をクリックします。
  3. MicrosoftUpdateカタログのページで、Windows10のビット数に対応する更新プログラムの「ダウンロード」をクリックします。
  4. 更新プログラムのダウンロードページが表示されたら、「URL」をクリックしてダウンロードします。
  5. ダウンロードしたプログラムを実行して最新のSSUにインストールをインストールします。
  6. インストールが完了したらPCを再起動してください。

最新のSSUをインストールしてPCが再起動できたら、再度WindowsUpdateを試してエラーが解決したか確認してください。

対処4: Windows Updateコンポーネントをリセットする

Windows Update関連の一時ファイルに問題が起きていることが原因で、「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、一時ファイルを全て削除してリセットすることで、エラーが解決する可能性があります。Windows Updateの一時ファイルは、SoftwareDistributionフォルダに保存されています。

次のいずれかの方法でフォルダ内のファイルを削除してWindows Updateをリセットしてみてください。

方法1: スクリプトファイルでリセットする

削除用のスクリプトファイルを実行することで簡単にWindows Updateをリセットすることができます。

スクリプトファイルを利用してWindows Updateをリセットするには、次の手順で操作します。

  1. 『WindowsUpdateリセット用のスクリプトファイル』をダウンロードします。
  2. ダウンロードした「WindowsUpdateReset.bat」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  4. 適当なキーを入力するとリセットが開始します。
  5. 「Task completed sucessfully!」と表示されたら完了です。適当なキーを入力するとコマンドラインが閉じます。

上記のスクリプトファイルは、Windows Update関連のサービスを停止した後にSoftwareDistributionフォルダをリネームし、BITSジョブタスクを削除した後にサービスを再起動します。

方法2: コマンドでリセットする

上記のスクリプトファイルの内容のコマンドを手動で入力してリセットすることもできます。

手動でコマンドを入力してWindows Updateをリセットするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. 次のコマンドを一行ずつ入力してEnterキーで順番に実行します。
    net stop usosvc
    net stop dosvc
    net stop wuauserv
    net stop bits
    move %SystemRoot%\SoftwareDistribution %SystemRoot%\SoftwareDistribution.old
    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat
    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat
    net start bits
    net start wuauserv
    net start dosvc
    net start usosvc
    %SystemRoot%\system32\usoclient.exe StartScan
  3. 全てのコマンドを実行し終わったら完了です。

スクリプトファイル、もしくはコマンドでWindowsUpdateがリセットできたら、念のためPCを再起動してからWindowsUpdateを実行してみてください。

対処5: セーフモードでWindowsUpdateを実行する

PCにインストールしているサードパーティのアプリケーションが原因で、「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、PCをセーフモードで起動してからWindowsUpdate実行することで正常に更新プログラムをインストールできる可能性があります。

次の手順でWindows 10をセーフモードで起動してから、Windows Updateの実行を試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」→「電源マーク」の順にクリックします。
  2. 「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。
  3. オプションの選択画面で「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」→「スタートアップ設定」→「再起動」の順にクリックします。
  5. スタートアップ設定が開いたら、「セーフモードとネットワークを有効にする」を「F5」キーで選択します。
  6. Windows10がセーフモードで起動します。
  7. セーフモードで起動したら、Windowsの設定からWindows Updateを実行してみてください。

正常にインストールできる場合は、再発しないかしばらく様子を見ましょう。セーフモードでも同様のエラーが出る場合は、次の対処方法に進んでください。

対処6: App Readinessサービスを開始する

App Readinessのサービスが停止していることが原因で、Windows Update実行時にエラーが発生することがあります。

そのため、次の手順に従ってApp Readinessサービスを手動で開始してください。

  1. 「Windows」マークを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を起動します。
  2. 「services.msc」と入力してEnterキーを押します。
  3. 右ペインのサービス一覧で「App Readiness」を探して右クリックして「開始」をクリックします。
  4. 「状態」欄が実行中になったことを確認したら完了です。

App Readingsが実行中になったら、Windows Updateを実行してエラーが出ないか確認してください。

対処7: 利用統計情報の許可設定を変更する

グループポリシーの利用統計情報の許可設定を変更することで、WindowsUpdateのエラーが解決して正常に実行できる可能性があります。

そのため、次の手順でグループポリシーの利用統計情報の許可設定を変更してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディターが起動します。
  4. 左ペインのツリーを「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」の順に展開して、「データの取集とプレビュービルド」を選択します。
  5. 右ペインで「利用統計情報の許可」をダブルクリックします。
  6. 「有効」に変更して「2 – 拡張」のオプションを選択して「OK」をクリックします。
  7. PCを再起動してポリシーの設定を反映します。

PCが再起動したら、再度WindowsUpdateを実行してエラーが解決したことを確認してください。

対処8: DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行する

Windows10のシステムファイルが破損していることが原因で、「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが発生しているケースが考えられます。

そのため、DISMコマンドとシステムファイルチェッカーによるシステムファイルの修復を試してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. 次のコマンドを実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. プロセスが完了したら、続けて次のコマンドを実行します。
    sfc /scannow
  4. 正常に終了したら修復完了です。

修復が完了したら、一度PCを再起動してからWindows Updateを実行してみてください。システムファイルの破損が原因である場合は、正常に更新プログラムをインストールできるようになります。

対処9: 最新版のWindows10を上書きインストールする

ここまでの対処方法で「セキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」のエラーが解決しない場合は、Windows10に修復できないシステムトラブルが発生していることが考えられます。

特にかなり古いバージョンのWindows10でWindowsUpdateを行うとこのエラーが発生することがあります。

通常はWindows Update経由で最新版をインストールできますが、エラーが解決しない場合は、最新版のWindows10を上書きインストールすることを検討してください。

最新版のWindows10を上書きインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 『Windows 10のダウンロードページ』にアクセスします。
  2. 上部にある「ツールを今すぐダウンロード」をクリックして「MediaCreationTool」をダウンロードします。
  3. ダウンロードした「MediaCreationTool.exe」ファイルをダブルクリックして起動します。
  4. Windows 10のセットアップの準備画面が表示されるので、しばらく待ちます。
  5. 「このPCを今すぐアップでグレードする」を選択して「次へ」をクリックします。
  6. ライセンス条項が表示されたら「同意する」をクリックします。
  7. 「インストールの準備が整いました」の画面が表示されたら、「個人ファイルとアプリを引き継ぐ」の項目が表示されているか確認します。
    • 上記のオプションが表示されていない場合は、「引き継ぐものを選択」をクリックして「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択してください。
    • 「個人ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択しないと、PCのアプリケーションとデータが全て消えてしまうため注意してください。
  8. オプションを確認できたら「インストール」をクリックします。
  9. 上書きインストールが実行されます。完了するまで待ちます。

Windows10の上書きインストールが完了したら、再度Windows Updateを実行してエラーが解決したか確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)