「WindowsによってPCが保護されました」の解除と無効方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

特定のファイルを開いたり、プログラムを実行して起動しようとすると「WindowsによってPCが保護されました」という警告メッセージが表示が出ることがあります。

警告メッセージが表示されると「実行しない」のボタンしか表示されず、アプリケーションが起動できないため困る場合があると思います。また、警告が表示されると「ウイルスではないか?」と心配になる場合もあると思います。

今回は、Windows10で「WindowsによってPCが保護されました」の警告メッセージの解除と無効方法について紹介します。

「WindowsによってPCが保護されました」の原因

「WindowsによってPCが保護されました」の警告メッセージは、Windowsのセキュリティ機能であるSmartScreen機能によって、起動しようとしているプログラムの安全性が疑われると判断された際に表示されます。

プログラムの安全性が疑われる原因としては、アプリケーションの署名に問題があったり発行元が不明であることが考えられます。

しかし、信頼できるファイルやプログラムでも「不明な発行元」と表示されて実行できなくなるケースもあります。

保護メッセージの解除方法

「WindowsによってPCが保護されました」という表示が出た場合でも、エラーメッセージの画面から起動することができます。

起動しようとしているアプリケーションが信頼できる場合は、次の手順でメッセージを解除してください。

  1. メッセージウィンドウに表示されている「詳細情報」をクリックします。
  2. 「実行」ボタンをクリックします。
    • 詳細情報をクリックすると「アプリ」の欄に実行しようとしているプログラムが表示されます。実行しても問題がないプログラムかどうかを確認してください。

上記の手順で操作することで、警告の出たアプリケーションでも起動することができます。

アプリケーションの起動の度にメッセージが出ることが煩わしい場合は、次のメッセージの無効方法を参考にしてください。

メッセージの表示を無効にする方法

Windowsの設定を変更することで「WindowsによってPCが保護されました」の警告メッセージの表示を無効にすることができます。

警告メッセージを無効化したい場合は、次の方法を試してみてください。

方法1: Windowsの設定からアプリとファイルの確認を無効化する

「WindowsによってPCが保護されました」のメッセージは、アプリとファイルの確認機能が有効になっている場合に表示されます。

そのため、アプリとファイルの確認機能を無効にすることでメッセージを非表示にできます。この方法を試す場合は、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定を開いて「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「Windowsセキュリティ」を選択します。
  4. 「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
  5. 左ペインから「アプリとブラウザコントロール」を選択します。
  6. 「評価ベースの保護設定」をクリックします。
  7. 「アプリとファイルの確認」のスイッチを「オン」にします。
  8. ユーザーアカウント制御で「はい」をクリックします。

以上の手順で設定完了です。再度プログラムを実行して、メッセージが表示されなくなったことを確認してください。

方法2: SmartScreenを無効化する

「WindowsによってPCが保護されました」のメッセージは、SmartScreenの機能によって表示されます。

そのため、SmartScreen機能自体を無効にすることでメッセージを非表示にすることもできます。SmartScreen機能は、次の方法で無効にすることができます。

注意: SmartScreenは、ファイルのダウンロードやインストール時のセキュリティ機能としても使用されます。そのため、PCのセキュリティリスクが高まる点に注意してください。

方法2-1: グループポリシーで無効化する

Windows10 Proエディションの場合は、グループポリシーを変更することでSmartScreen機能を無効化することができます。

グループポリシーを変更してSmartScreen機能を無効にするには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「gpedit.msc」と入力してグループポリシーエディタを開きます。
  3. 左ペインで次の順にツリーを展開します。
    • コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Windows Defender SmartScreen→エクスプローラー
  4. 右ペインにある「Windows Defender SmartScreenを構成します」をダブルクリックします。
  5. 「無効」オプションを選択して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してポリシーを反映します。

PCが再起動できたらプログラムを起動して、メッセージが表示されくなったか確認してください。

方法2-2: レジストリで無効化する

Windows10 Homeエディションの場合は、レジストリを変更してSmartScreen機能を無効化することができます。

レジストリを変更して無効化する場合は、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 左ペインでツリーを展開して次のキーに移動します。
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System
  4. 「System」キーを選択して、右ペインで「EnableSmartScreen」をダブルクリックします。
    • 「EnableSmartScreen」キーがない場合は、「System」キーを右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択してキーを作成して、「EnableSmartScreen」の名前に変更してください。
  5. 値のデータに「0」を入力して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してレジストリを反映します。

以上の操作で、レジストリでSmartScreen機能をオフにすることができます。SmartScreenを再度有効に戻したい場合は、「EnableSmartScreen」を削除するか、値のデータを「1」もしくは「2」に変更してください。

方法3: Windowsセキュリティのリアルタイム保護を無効化する

Windowsセキュリティのリアルタイム保護機能を無効化することでもメッセージを非表示にできます。

注意: PC全体のセキュリティ機能が無効になるため注意してください。特別な理由がない限り非推奨の方法です。

Windowsセキュリティを無効化するには、次の手順で行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開くので「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「Windowsセキュリティ」を選択します。
  4. 右ペインから「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  5. 「ウイルスと脅威の防止の設定」内にある「設定の管理」をクリックします。
    • サードパーティのセキュリティソフトがインストールされている場合は、設定変更する必要はありません。「ウイルスと脅威の防止」をクリックした後に、インストールしているセキュリティソフトが表示される場合は Windowsセキュリティのリアルタイム保護は無効になっています。
  6. リアルタイム保護のスイッチをクリックして「オフ」にします。
  7. ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)