Windows10でコントロールパネルが開かない/表示されない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10では多くの設定を「Windowsマーク」→「設定」から変更することができますが、一部の設定は従来のコントロールパネルからの変更が必要な場合があります。

しかし、スタートメニューで「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」をクリックしても、コントロールパネルが開かなかったり、開いてもクラッシュして閉じてしまうケースがあります。

また、コントロールパネルが開けても「ネットワークと共有センター」や「メール」などの特定の項目が開かない場合もあります。

本記事では、Windows10でコントロールパネルが開かない/表示されない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: PCを再起動する

突然コントロールパネルが開かなくなったときは、Windowsのシステムに一時的なシステムエラーが発生していることが考えられます。

一時的なシステムエラーが原因の場合、再起動することで解決できる可能性が高いです。そのため、最初にPCを再起動することをおすすめします。

PCを再起動できたらコントロールパネルが正常に開くか確認してください。再起動後もコントロールパネルが開かない場合は、次の対処法に進んでください。

対処2: Windowsのシステムファイルを修復する

Windows10のシステムファイルが破損していることが原因で、コントロールパネルが開かなくなっているケースが考えられます。

そのため、システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行して、システムファイルを修復できないか試してみてください。

システムファイルを修復する具体的な手順は以下のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  4. コマンドの処理が完了したら、そのまま次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  5. コマンドが実行できたら、PowerShellウィンドウを閉じます。

システムの修復が完了したら、PCを再起動してからコントロールパネルを開けるかどうか確認してください。

対処3: Windows Updateを実行して最新版にする

Windows10のシステムに不具合があることが原因で、コントロールパネルが正常に開かなくなるケースが考えられます。

Windowsの不具合は、Windows Updateの更新プログラムによって修正されます。そのため、WindowsUpdateを実行してシステムを最新の状態にアップデートしてみてください。

WindowsUpdateを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

WindowsUpdateを実行してシステムを最新の状態にできたら、PCを再起動してからコントロールパネルが正常に開くようになったか確認してください。

対処4: クリーンブートでWindowsを起動する

バックグラウンドで起動しているサードパーティ製のアプリケーションが原因で、コントロールパネルが開かない問題が発生することがあります。

そのため、Windowsをクリーンブートした状態で、コントロールパネルが開けないか確認してください。クリーンブートで解決した場合は、問題のアプリケーションを特定します。

PCをクリーンブートして、問題のアプリケーションを特定する手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. タスクマネージャーが起動したら、「スタートアップ」タブを開きます。
  3. スタートアップに登録されているアプリの一覧が表示されます。
  4. スタートアップが有効になっている全てのアプリケーションを選択して「無効にする」をクリックします。
  5. 全てのアプリのスタートアップを無効化できたらPCを再起動します。
  6. Windowsが起動したら、コントロールパネル開いて正常に起動するか確認します。
    • 問題が解決しない場合はアプリケーションに原因はないため、スタートアップ設定を元に戻して他の対処方法を試してください。
  7. 問題が解決した場合は、同様の手順でアプリケーションのスタートアップを1つずつ有効化してPCを再起動します。
  8. 原因のアプリケーションが見つかるまで操作を繰り返します。
    • 一部のユーザーは、「IDT High Definition Audio CODEC」が原因でコントロールパネルが開かないことを報告しています。

上記の手順でコントロールパネルの動作に影響するアプリを特定できたら、スタートアップを無効のままにしておくか、アンインストールすることを検討してください。

補足: アプリケーションのアンインストールは、「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」から行ってください。「アプリと機能」も開かない場合は、「プログラムと機能」のウィンドウからアンインストールを行います。
  • 「プログラムと機能」のウィンドウは、「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択し、「appwiz.cpl」と入力して「OK」をクリックして開きます。

対処5: レジストリを編集する

エクスプローラーのフォルダ設定に関連するレジストリキーに問題が起きていることが原因で、コントロールパネルが開かないケースが考えられます。

上記の問題は、関連するレジストリキーを削除してリセットすることで問題が解決する可能性があります。

エクスプローラーのフォルダ設定のレジストリキーを編集する手順は以下のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力してEnterキーを押し、「レジストリエディタ」を開きます。
  3. 左ペインのツリーを展開して、以下のキーにアクセスします。
    Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LocalSettings\Software\Microsoft\Windows\Shell
  4. 「Shell」キーを右クリックして「エクスポート」を選択し、レジストリのバックアップを保存しておきます。
  5. 「Shell」キーを選択した状態で、右ペインの一覧で「BagMRU」の値を右クリックして、「削除」を選択します。
  6. 確認ダイアログが表示されたら、「はい」をクリックします。
  7. 「Bags」の値も同じ手順で削除します。
  8. 「BagMRU」と「Bag」の値を削除できたら、PCを再起動してレジストリを反映します。

レジストリを編集してPCを再起動できたら、コントロールパネルが開けるようになったか確認してください。

レジストリの編集によってWindowsに問題が発生した場合は、バックアップしたレジストリファイルをダブルクリックして復元してください。

対処6: Windows Error Reporting Serviceを無効化する

Windows Error Reporting Serviceに問題があることが原因で、コントロールパネルが開かないことを一部のユーザーが報告しています。

そのため、Windows Error Reporting Serviceを無効化することで、問題が解決する可能性があります。サービスを無効化する具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「msconfig」と入力して「OK」をクリックし、「システム構成」を起動します。
  3. 「サービス」タブを開きます。
  4. 一覧から「Windows Error Reporting Service」を探し、サービス名の横のチェックを外します。
  5. 「OK」をクリックします。

サービスを無効化できたらPCを再起動して、コントロールパネルが正常に開くようになったか確認してください。

対処7: ディスプレイの拡大率を100%にする

ディスプレイの拡大率が100%より高い設定になっていることが原因で、コントロールパネルの一部の項目が開けないケースがあります。

そのため、ディスプレイの拡大率の設定を100%に戻すことで問題が解決する可能性があります。ディスプレイの拡大率を100%にするには、以下の手順で操作します。

  1. デスクトップの何もない場所で右クリックし、「ディスプレイ設定」を選択します。
  2. 右ペインの「拡大縮小とレイアウト」の「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のセレクトボックスをクリックします。
  3. 「100%(推奨)」を選択します。

ディスプレイの拡大率を100%に変更できたら、再度コントロールパネルが開くか確認してみてください。

対処8: IDTNC64.cplの名前を変更する

IDTPCオーディオのコンポーネントファイルである「IDTNC64.cpl」に問題があることが原因で、コントロールパネルがクラッシュして閉じてしまうケースがあります。

そのため、IDTNC64.cplがインストールされている場合は、名前を変更して無効化することで問題が解決する可能性があります。

IDTNC64.cplの名前を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「system32」と入力して「OK」をクリックします。
  3. system32フォルダが表示されたら、フォルダ内で「IDTNC64.cpl」を探します。
  4. 「IDTNC64.cpl」を右クリックして「名前の変更」をクリックします。
  5. 「IDTNC64.cpl.old」などの名前に変更してEnterキーを押します。

IDTNC64.cplの名前を変更できたら、PCを再起動してからコントロールパネルがクラッシュする問題が解決したか確認してください。

対処9: グループポリシーを変更する

グループポリシーの設定でコントロールパネルへのアクセスが禁止されていると、コントロールパネルを開くことができません。

そのため、グループポリシーの設定でコントロールパネルへのアクセスが許可されていることを確認してください。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディタが起動したら、左ペインのツリーを以下の順に展開します。
    ユーザー構成 → 管理用テンプレート → コントロールパネル
  4. 「コントロールパネル」を選択した状態で、右ペインで「コントロールパネルとPC設定へのアクセスを禁止する」のポリシーをダブルクリックして開きます。
  5. 「有効」になっている場合は、「未構成」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動して、ポリシー設定を反映します。

グループポリシーの設定を変更した場合は、PC再起動後にコントロールパネルが開けるようになったか確認してください。

対処10: 代替のコントロールパネルを作成する

コントロールパネルを直接開けない場合でも、代替のコントロールパネルを作成して開くことができます。

この方法は直接的な解決方法にはなりませんが、一時的にコントロールパネルを開きたい場合に有効な対処方法です。

代替のコントロールパネルを作成するには、以下の手順で操作します。

  1. デスクトップの何もない場所で右クリックして「新規作成」→「フォルダー」を選択します。
  2. フォルダ名を以下の名前に変更してEnterキーを押します。
    Everything.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
  3. フォルダアイコンが切り替わったら、アイコンをダブルクリックで開きます。

以上の手順で作成したフォルダを開くと、コントロールパネルの項目が一覧で表示されます。項目をダブルクリックすると、コントロールパネルの設定を開くことができます。

対処11: Windowsを初期化する

ここまでの対処法をすべて試してもコントロールパネルを開けない場合は、Windowsのシステムに修復できない問題が起きていることが考えられます。

Windowsの多くの設定は「Windowsマーク」→「設定」から変更することができますが、どうしてもコントロールパネルを使用したい場合は、Windowsを初期化することを検討してください。

Windowsを初期化する方法については、以下のページを合わせて参考にしてください。

初期化する際は、削除オプションで「個人用ファイルを保持する」を選択することで、ユーザーフォルダ内のファイルを失わずに初期化することができます。

ただし、全てのファイルが消去されないわけではないので、重要なデータがある場合はバックアップを行なってから初期化を実行することをおすすめします。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)