エクスプローラのプレビューウィンドウが表示されない時の対処 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
エクスプローラーのプレビューウィンドウが表示されない

Windowsのエクスプローラーのプレビューウィンドウは、画像・動画・文書などのファイルを開かずに内容を確認できるため便利です。

しかし、エクスプローラーのプレビューウィンドウが消えてしまう場合や、ファイルを選択してもプレビューが表示されないケースがあります。

本記事では、エクスプローラのプレビューウィンドウが表示されない時の対処方法について詳しく紹介します。対処内容は、Windows10を想定しています。

対処1: プレビューウィンドウ機能を有効にする

エクスプローラーのプレビューウィンドウを有効にする

エクスプローラーの設定でプレビューウィンドウ機能を無効にしていることが原因として考えられます。

そのため、プレビューウィンドウ自体が表示されない場合は、以下の手順でプレビューウィンドウ機能を有効に設定してください。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. エクスプローラーウィンドウの上部にある「表示」タブをクリックして開きます。
  3. 左上に表示される、「プレビューウィンドウ」のボタンをクリックして「オン」にします。

または、エクスプローラーウィンドウをアクティブにした状態で「Alt + P」のショートカットキーを入力して、プレビューウィンドウの有効/無効を切り替えることもできます。

プレビューウィンドウ機能を有効に設定できたら、正常のファイルのプレビューが表示されることを確認してください。問題が解決しない場合は、続けて以降の対処方法を試してください。

対処2: フォルダーオプションを変更する

プレビューのハンドラーを表示する

プレビューウィンドウは表示されるにも関わらず実際のプレビューが表示されない場合は、フォルダーオプションの設定に問題があることが考えられます。

そのため、以下の手順を参考にプレビューハンドラーの表示と、縮小版表示の機能を有効に設定してください。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. 上部の「表示」タブをクリックして開きます。
  3. ウィンドウ右上にある「オプション」をクリックします。
  4. フォルダーオプションウィンドウが開いたら、「表示」タブを開きます。
  5. 「詳細設定」リストの中から「プレビューウィンドウでプレビューのハンドラーを表示する」の項目にチェックを入れます。
  6. 同じリストの中から「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」の項目のチェックを外します。
  7. 設定を変更したら、ウィンドウ右下にある「適用」ボタンをクリックし、設定を保存します。

以上でフォルダーオプションの設定は完了です。設定を閉じて、プレビューウィンドウが表示されるようになったか確認してください。

対処3: エクスプローラーの初期フォルダを変更する

エクスプローラーの初期フォルダを変更することで、プレビューウィンドウが表示されない問題が解決することを一部のユーザーが報告しています。

そのため、エクスプローラーの初期フォルダをクイックアクセスから別のフォルダに変更することで問題が解決する可能性があります。この方法を試すには、以下の手順で操作してください。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. 上部の「表示」タブをクリックして開きます。
  3. ウィンドウ右上にある「オプション」をクリックします。
  4. フォルダーオプションウィンドウが開いたら、「全般」タブ内の「エクスプローラーで開く:」のセレクトボックスをクリックして「PC」に変更します。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

以上の手順でエクスプローラーの初期フォルダを変更することができます。設定を変更できたら、エクスプローラーを全て閉じてから開き直してプレビューが正常に表示されるようになったか確認してください。

対処4: システムのパフォーマンスオプションを変更する

パフォーマンスオプションのプレビューを表示を有効

システムのパフォーマンスオプションでプレビューに関する設定を変更していることが原因で、エクスプローラーにプレビューが表示されないケースがあります。

そのため、システムのパフォーマンスオプションでプレビューに関する設定を確認し、問題がある場合は修正してください。パフォーマンスオプションの確認と変更を行う手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが表示されたら、右ペインの「関連設定」の下にある「システムの詳細設定」をクリックします。
  3. 「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されたら、「パフォーマンス」のグループにある「設定」ボタンをクリックします。
  4. パフォーマンスオプションが表示されたら、中央のリストから「アイコンの代わりに縮小版を表示する」と「プレビューを有効にする」の2つにチェックを入れます。
  5. 設定を変更したら、右下にある「適用」ボタンをクリックして設定を保存します。

システムのパフォーマンスオプションを変更できたら、エクスプローラーでプレビューが正常に表示されるようになったか確認してください。

対処5: フォルダオプションの設定をリセットする

フォルダオプションを既定値に戻す

エクスプローラーのプレビューが表示されない問題は、フォルダオプションの設定をリセットすることで解決できる可能性があります。

フォルダオプションの設定のリセットを試すには、以下の手順で操作してください。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. 上部の「表示」タブをクリックして開きます。
  3. ウィンドウ右上にある「オプション」をクリックします。
  4. フォルダーオプションウィンドウが開いたら、「全般」タブ内の「既定値に戻す」をクリックします。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

以上でエクスプローラーのフォルダオプションの設定をリセットできます。設定をリセットできたら、エクスプローラーでプレビューが表示されるようになったか確認してください。

対処6: Officeファイルのプロパティを変更する

Officeドキュメントの縮小版を保存する

Word、Excel、PowerPointなどのOfficeファイルをプレビュー表示しようとすると、「プレビューアーにエラーがあるため、このファイルはプレビューの表示ができません」というメッセージが表示されることがあります。

エクスプローラーで上記のメッセージが表示されてプレビューが表示されない場合は、ファイルのプロパティ設定を変更することで問題を解決できます。

Officeファイルのプロパティ設定を変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「エラーの出るファイル(Word/Excel/PowerPoint)」を開きます。
  2. Officeアプリが起動したら、左上にある「ファイル」ボタンをクリックします。
  3. 左側のメニューより、「情報」をクリックします。
  4. ファイルに関する情報が表示されたら、右上の「プロパティ」をクリックし、「詳細プロパティ」を選択します。
  5. 「ファイルの概要」タブの下部にある、以下の項目にチェックを入れます。
    • Wordの場合: すべてのWord文書の縮小版を保存する
    • Excelの場合: すべてのExcelドキュメントの縮小版を保存する
    • PowerPointの場合: プレビューの図を保存する
  6. ファイルを上書き保存し、Officeアプリを閉じます。

以上の手順で、Officeファイルのプロパティ設定を変更できます。設定を変更できたら、エクスプローラーを再起動してからプレビューが正しく表示されるようになったか確認してください。

対処7: グループポリシーを変更する

グループポリシー プレビューウィンドウを無効にする

Windows10 Pro以上のエディションを使用している場合は、グループポリシーの設定でプレビューウィンドウが無効化されているケースが考えられます。

補足: Windows10 Homeではグループポリシーは使用できないため、この方法を試す必要はありません。

グループポリシーでプレビューウィンドウが無効化されていると、エクスプローラーにプレビューウィンドウが表示されません。

そのため、グループポリシーの設定を確認してプレビューウィンドウを有効化することで問題が解決する可能性があります。グループポリシーの設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されたら、名前欄に「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. グループポリシーエディターが開いたら、ウィンドウ左側にあるフォルダツリーを以下の順に展開します。
    • 「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「エクスプローラー」→「エクスプローラーフレームウィンドウ」
  4. 「エクスプローラーフレームウィンドウ」を選択した状態で、右ペインの一覧で「プレビューウィンドウを無効にする」の項目をダブルクリックします。
  5. 「プレビューウィンドウを無効にする」ウィンドウが表示されたら、左上のオプションを「未構成」または「無効」に変更します。
  6. 設定を変更したら右下にある「OK」をクリックし、設定を保存します。
  7. グループポリシーエディターを閉じて、PCを再起動して設定を反映します。

グループポリシーの設定を変更してPCを再起動できたら、エクスプローラーを開いてプレビューウィンドウが表示されるようになったか確認してください。

対処8: システムファイルチェッカーツールを実行する

windows10システムファイルを修復する

これまでの方法を試してもエクスプローラーのプレビューが表示されない場合は、システムファイルが破損または欠損していることが考えられます。

そのため、システムファイルチェッカーツールを実行してシステムファイルを修復することで、問題が解決する可能性があります。

システムファイルチェッカーツールを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  3. システムファイルの問題が検出され自動で修復されます。コマンドの処理が完了するまで待ちます。
  4. 続いて、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  5. 進捗のゲージが100%になったら、PowerShellウィンドウを閉じます。

以上の手順でシステムファイルを修復することができます。修復が完了したらPCを再起動してから、エクスプローラーのプレビューが正常に表示されるようになったことを確認してください。

対処9: ユーザープロファイルを修復する

Windowsにサインインしているアカウントのユーザープロファイルが破損していることが原因で、エクスプローラーのプレビューが表示されないケースが考えられます。

そのため、他のユーザーアカウントでWindowsにサインインし、プレビューウィンドウが表示されるか試してみてください。

ユーザーアカウントが1つしかない場合は、以下のページの内容を参考に新しいユーザーアカウントを作成してください。

他のユーザーアカウントではプレビューウィンドウが表示される場合は、ユーザープロファイルに問題があると判断できます。

ユーザープロファイルに問題があった場合は、別のアカウントまたは新しいアカウントに個人データを移行してください。

対処10: 代替のサードパーティのアプリを使用する

Quick Look Windows

サードパーティのアプリをインストールして、エクスプローラー上のファイルのプレビューを表示することもできます。

全ての方法を試してもエクスプローラーのプレビューが表示されない場合は、代替のサードパーティのアプリを使用することを検討してください。

プレビューを表示できるアプリは、「QuickLook」が無料でおすすめです。QuickLookは、ファイルを選択してスペースキーを押すだけで簡易プレビューを表示することができます。

QuickLookをインストールするには、Microsoft Storeのページで「入手」をクリックして案内に従ってインストールを行ってください。

コメントを残す

*