iPhone/iPadでコントロールセンターが出ない/表示できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
コントロールセンターが開けない Iphone Ipad

iPhone/iPadを使用していると、様々な機能の切り替えをするためにコントロールセンターを開く場面は多いと思います。

しかし、コントールセンターを開こうとタッチ操作をしても、なぜかコントロールセンターが出せず表示できないトラブルが発生することがあります。また、ホーム画面では出るのにアプリ画面では開けないケースもあります。

本記事では、iPhone/iPadでコントロールセンターが出ない/表示できない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: コントロールセンターの開き方を確認する

コントロールセンターの開き方 Iphone

iPhone/iPadのモデルによってコントロールセンターの開く操作が若干異なります。

そのため、機種変更などを行ってからコントロールセンターが開けない場合は、開き方が正しいか確認してください。

iPhone/iPadでコントロールセンターを開く操作は、それぞれのモデルで以下の通りです。

  • iPhone X以降: 画面の右上端から下方向にスワイプします。
  • iPhone 8、iPhone SE 2以前: 画面の下端から上方向にスワイプします。
  • iPad: 画面の右上端から下方向にスワイプします。

コントロールセンターの開き方が正しいにも関わらず開けない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: iPhone/iPadを再起動する

iphone再起動

正しい操作を行ってもコントロールセンターが開けない場合は、iPhone/iPadのシステムに一時的な問題が起きていることが考えられます。

そのため、突然コントロールセンターが開けなくなった場合は、iPhone/iPadを一度再起動してみてください。一時的なシステムトラブルの場合、再起動するだけで解決することがあります。

iPhone/iPadを再起動するには、以下の手順で操作します。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン非搭載): 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン搭載): 「トップボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「トップボタン」を長押しして起動します。

デバイスを再起動できたら、コントロールセンターが正常に開けるようになったか確認してください。再起動しても開けない場合は次の対処法に進みます。

対処3: アプリ使用中のアクセスを許可する

App使用中のアクセス Ios

ホーム画面ではコントロールセンターが開けるのにアプリ使用中のみ開けない場合は、アプリ使用中のコントロールセンターのアクセスが許可されていないことが考えられます。

そのため、コントロールセンターのアプリ使用中のアクセスが許可されているか設定を確認してください。コントロールセンターの設定を確認して変更する手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「コントロールセンター」をタップします。
  3. 「App使用中のアクセス」のスイッチが「オフ」になっている場合は、タップして「オン」に切り替えます。

設定を変更できたら、アプリを起動した状態でコントロールセンターが開けるようになったか確認してください。

対処4: VoiceOverをオフにする

Voice Overを無効にする

iPhone/iPadのVoiceOver機能が有効になっていることが原因で、コントロールセンターが正常に開けないケースが考えられます。

そのため、VoiceOver機能の設定を確認して、オンになっている場合はオフに変更してください。VoiceOverをオフにする手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「VoiceOver」をタップします。
  4. 「App使用中のアクセス」のスイッチが「オン」になっている場合は、タップして「オフ」に切り替えます。

VoiceOver機能をオフにできたら、一度iPhone/iPadを再起動してから、コントロールセンターが正常に開けるようになったか確認してください。

対処5: 画面を綺麗な状態にする

画面を綺麗な状態にする

iPhone/iPadの画面の表面に汚れや水滴が付いていると、タッチ操作がうまくできずコントロールセンターが開けないケースがあります。

そのため、画面の表面に汚れや水滴がある場合は、綺麗に拭き取ってから操作してください。

また、画面の保護フィルム(またはプロテクター)によってはタッチ感度が下がって、コントロールセンターをうまく開けない場合も考えられます。

保護フィルムを貼ってからコントロールセンターが開けなくなった場合は、フィルムを剥がした状態で開けないか確認してください。

対処6: ソフトウェアアップデートを実行する

Rp 4de21f6dee77ed617a7bce35dc6ba053 380x303.jpg

iOS、iPadOSの不具合によってコントロールセンターの挙動がおかしくなっているケースも少なからず考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートをチェックして、最新バージョンが提供されている場合はアップデートを行ってみてください。

iPhone/iPadでソフトウェアアップデートを実行する手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかったら「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

ソフトウェアアップデートを実行してシステムを最新のバージョンにアップデートできたら、コントロールセンターが開けるようになったか確認してください。

対処7: AssistiveTouchを使って開く

iPhone/iPadに搭載されているAssistiveTouch機能を使用することで、別の操作でコントロールセンターを開くことができます。

そのため、通常の方法でコントロールセンターを開けない場合は、AssistiveTouch機能を使って開けないか確認してみてください。

AssistiveTouch機能を使ってコントロールセンターを開くには、次のいずれかの方法で操作します。

方法1: アイコンから開く

Assistive Touchでコントロールセンターを開く

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「タッチ」をタップします。
  4. 「AssistiveTouch」をタップします。
  5. 「AssistiveTouch」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  6. 画面に表示される「AssistiveTouchのアイコン(白い丸)」をタップします。
  7. 「コントロールセンター」をタップします。

方法2: カスタムアクションから開く

Assistivetouch カスタムアクションでコントロールセンターを開く

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アクセシビリティ」をタップします。
  3. 「タッチ」をタップします。
  4. 「AssistiveTouch」をタップします。
  5. 「AssistiveTouch」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  6. 「カスタムアクション」から「コントロールセンターを割り当てる操作(ダブルタップなど)」を選択します。
  7. リストから「コントロールセンター」をタップします。
  8. 画面上に表示される「AssistiveTouchのアイコン(白い丸)」に対して設定した操作を行います。

以上のいずれかの方法で、AssistiveTouchを使ってコントロールセンターを開けます。

ただし、この方法でコントロールセンターを開けても根本的な問題は解決しないため、続けて次の方法を参考にしてください。

対処8: タッチパネルを修理する

AssistiveTouch機能を使わないとコントロールセンターを開けない場合は、タッチパネルが部分的に故障しているケースが考えられます。

タッチパネルの修理は、交換キットなどを購入して自身で交換することもできますが、他のハードウェアに問題があって解決しない場合があります。

タッチパネルの故障が疑われる場合は、AppleサポートやAppleStoreに問い合わせて、タッチパネルの診断と修理を依頼することをおすすめします。

コメントを残す

*