「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」の対処法 – Android

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AndroidデバイスでGoogleアカウントにログインしようとすると、「ログインできませんでした: Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」というエラーが発生することがあります。

また、Google関連のアプリを起動する際にも同様のエラーが発生することがあります。エラーが発生するとGoogle関連のアプリが正常に使用できなくなってしまうため対処が必要です。

本記事では、Androidで「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが出た時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: ネットワークに再接続する

Androidデバイスのネットワーク接続に一時的な通信エラーが発生していることが原因で、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、機内モードを切り替えてネットワークに再接続することで、Googleサーバーのエラーが解決する可能性があります。

機内モードを切り替えてネットワークに再接続するには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の上端から下方向にスワイプしてクイック設定パネルを表示します。
    • 通知領域が表示される場合は、もう一度画面の上端から下方向にスワイプしてください。
  2. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  3. 数秒待ってから「機内モード(飛行機アイコン)」を再度タップして「オフ」に切り替えます。

以上の手順で、機内モードを切り替えてネットワークに再接続することができます。再接続できたら、Googleサーバーのエラーが解決したか確認してください。

対処2: Wi-Fi/モバイルデータ通信を変更する

接続しているネットワークに問題が起きていることが原因で、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが発生するケースがあります。

ネットワークの再接続を行っても解決しない場合は、接続先のネットワークをWi-Fiまたはモバイルデータ通信に切り替えてエラーが解決しないか確認してください。

ネットワークをWi-Fiまたはモバイルデータ通信に切り替えるには、以下の手順で操作します。

  1. 画面の上端から下方向にスワイプしてクイック設定パネルを表示します。
    • 通知領域が表示される場合は、もう一度画面の上端から下方向にスワイプしてください。
  2. 「Wi-Fi(扇型のアイコン)」をタップして切り替えます。
    • Wi-Fiをオフにすると、モバイルデータ通信に接続した状態に切り替わります。
    • Wi-Fiをオンにすると、Wi-Fiネットワークに接続した状態に切り替わります。

ネットワークをWi-Fiまたはモバイルデータ通信に切り替えれたら、その状態でGoogleサーバーのエラーが解決したか確認してください。解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処3: Googleアカウントの2段階認証を無効にする

Androidに設定しているGoogleアカウントの2段階認証の機能が原因で、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが発生することがあります。

そのため、Googleアカウントで2段階認証を有効にしている場合は、無効にした状態でエラーが解決しないか試してみてください。

Googleアカウントの2段階認証を無効にする手順は以下のとおりです。

  1. 『Googleアカウントの公式ページ』にアクセスします。
  2. ログインを求められた場合は、Androidデバイスで使用しているGoogleアカウントの情報を入力してログインします。
  3. 上部のメニューを横にスライドして「セキュリティ」を選択します。
  4. 「2段階認証プロセス」をタップします。
    • 既にオフになっている場合は、別の対処方法を試してください。
  5. ログインを求められた場合は、再度Googleアカウントの情報を入力してログインします。
  6. 「オフにする」をクリックします。
  7. 確認ポップアップが表示されたら再度「オフにする」をクリックします。

以上の手順で、Googleアカウントの2段階認証を無効にすることができます。2段階認証を無効にできたら、続けて次の対処を行ってください。

対処4: アプリデータを削除してアカウントを再設定する

Googleのサービスに関連するアプリデータに問題が起きていることが原因で、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが発生することがあります。

そのため、Googleのサービスに関連するアプリデータを削除することでエラーが解決する可能性があります。アプリデータを削除する際は、Androidデバイスに設定されているGoogleアカウントをログアウトした状態で行ってください。

Googleのサービスに関連するアプリデータを削除してアカウントを再設定するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アカウント(ユーザーとアカウント)」をタップします。
    • 項目がない場合は、「アカウントとバックアップ」→「アカウント」の順にタップしてください。
  3. アカウントリストから「Googleアカウント」をタップします。
  4. 「アカウントを削除」をタップします。
    • 注意: アカウントのパスワードが分からないとログインできなくなるため、削除前に確認しておいてください。
  5. 確認ポップアップが表示されたら、再度「アカウントを削除」をタップします。
    • この操作は、デバイスとアカウントの紐付けを削除します。アカウント自体が削除されるわけではありません。
  6. 削除が完了したら、設定アプリの最初の画面に戻って「アプリと通知」をタップします。
  7. アプリの一覧から「Googleアカウントマネージャー」を探してタップします。
    • 見つからない場合は、「全て」をタップして全てのアプリを表示してください。
  8. 「ストレージ」をタップします。
  9. 「キャッシュを削除」をタップしてキャッシュを削除します。
  10. 「データを削除(またはストレージを削除)」をタップします。
  11. 確認ポップアップが表示されたら「OK」をタップします。
  12. アプリの一覧の画面に戻って、以下のアプリのキャッシュとデータを同じ手順で削除します。
    • Google Playストア
    • Google Play開発者サービス(またはGoogle Play Services)
    • Googleサービスフレームワーク
  13. 最初の画面に戻って「アカウント(ユーザーとアカウント)」をタップします。
  14. 「アカウント追加」をタップします。
  15. 「Google」をタップして、Googleアカウントの情報を入力して再度ログインします。

以上の手順で、Googleのサービスに関連するアプリデータを削除してアカウントを再設定することができます。

Googleアカウントを再設定できたら、Googleサーバーのエラーが解決したか確認してください。アプリデータの削除とアカウントの再設定を行ってもエラーが発生する場合は次の対処法に進みます。

対処5: Google Play開発者サービスを再インストールする

Google Play開発者サービスのアプリが破損していることが原因で、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、Google Play開発者サービスを再インストールすることで、Googleサーバーのエラーが解決する可能性があります。

Google Play開発者サービスを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリの一覧から「Google Play開発者サービス(またはGoogle Play Services)」を探してタップします。
  4. 右上の「3点アイコン」をタップして、「アップデートのアンインストール(更新データの削除)」を選択します。
  5. 確認ポップアップが表示されたら、「OK」をタップします。
  6. アップデートを削除できたら、一番下までスクロールして「アプリの詳細」をタップして、Playストアの「Google Play開発者サービス」のページを開きます。
    • 「アプリの詳細」が見つからない場合は、ホーム画面からPlayストアを起動して「Google Play開発者サービス」のページを開いてください。
  7. Google Play開発者サービスのページの「更新」をタップします。
  8. Google Play開発者サービスのアップデートが開始するので、完了するまで待ちます。

以上の手順で、Google Play開発者サービスを再インストールすることができます。再インストールが完了したら、Googleサーバーのエラーが解決したか確認してください。

対処6: 日付と時刻を正しく設定する

Androidデバイスの日時の設定が不正確になっている場合、Googleサーバーとの通信に問題が起きてエラーが発生することがあります。

そのため、デバイスの日時の設定を確認して、正しくない場合は自動取得に変更することでエラーが解決する可能性があります。デバイスの日時の設定を確認するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「システム(または一般管理など)」をタップします。
  3. 「日付と時刻」をタップします。
  4. 「自動」のオプションを「オン」にします。

以上の手順で、ネットワーク経由で自動的に時刻が同期されるようになります。設定を変更して正しい時刻に修正されたら、Googleサーバーのエラーが解決したか確認してください。

対処7: Hostsファイルを編集する

AndroidのHostsファイルを編集することで、「Googleサーバーとの通信中に問題が発生しました」のエラーが解決することを一部のユーザーが報告しています。

ただし、ルート権限を取得(root化)したAndroidデバイスでしか、この方法を試せない点に注意してください。

ルート化したAndroidでHostsファイルを編集するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「セキュリティ」をタップします。
  3. 「不明なアプリ(ソース)のインストール」をタップします。
  4. アプリ一覧から「ブラウザアプリ」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  5. ブラウザアプリを起動して、アドレスバーに「apkmirror.com」と入力してアクセスします。
  6. ページ内の検索ボックスに「ES File Explorer」と入力して検索します。
  7. 一番新しいバージョンの「ES File Explorer File Manager」のダウンロードアイコンをタップしてAPKファイルをダウンロードします。
  8. ダウンロードしたAPKファイルを開いて、「ESファイルエクスプローラー」をインストールします。
  9. 「ESファイルエクスプローラー」を起動して、左上の「メニュー(3本線アイコン)」をタップします。
  10. 「ツール(Tools)」をタップします。
  11. 「RootExplorer」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  12. 「ローカル(Local)」をタップします。
  13. 「デバイス(Device)」をタップします。
  14. 「system」→「etc」の順にフォルダを開きます。
  15. 「hosts」ファイルをタップして、「ESテキストエディタ」で開きます。
  16. ファイル内の内容を全て消去して、以下の内容を記述します。
    127.0.0.1 localhost
  17. 左上の「←」をタップして、ファイルを保存します。

以上の手順で、Hostsファイルを編集することができます。Hostsファイルを編集できたら、Googleサーバーのエラーが解決したか確認してください。

コメントを残す

*