ドライバー\Driver\WudfRdを読み込めませんでした – Windows

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WindowsのPCを使用していると、イベントビューアーに「デバイスドライバー \Driver\WUDFRd を読み込めませんでした」というエラーが発生していることがあります。

このエラーは、主にインストールしているデバイスドライバー(USBドライバー等)の互換性に問題があることが原因で発生します。

本記事では、Windowsで「デバイスドライバー\Driver\WudfRdを読み込めませんでした」のエラーが発生する時の対処方法について詳しく紹介します。対処内容はWindows10/11を想定しています。

対処1: Windows Updateを実行して更新プログラムを適用する

デバイスドライバーのバージョンが古く互換性がないことが原因で、「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

新しいデバイスドライバーはWindows Update経由で配信されるため、Windows Updateを実行して新しい更新プログラムが提供されていないか確認してください。

Windows Updateを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. インストールが完了したら、Windowsが最新の状態になったことを確認します。

新しい更新プログラムがインストールできたら、イベントビューアーにエラーが発生しなくなったか様子を見てください。Windowsを最新の状態にしてもエラーが出る場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: Windows Driver Foundationのスタートアップを自動に変更する

Windows Driver Foundationサービスのスタートアップが「手動(または無効)」になっていることが原因で、「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが発生することがあります。

そのため、Windows Driver Foundationサービスのスタートアップ設定を確認して「自動」に変更してください。サービスのスタートアップを変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • または、「Windows + R」キーを同時に入力します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスのウィンドウが開いたら、サービス一覧から「Windows Driver Foundation - User-mode Driver Framework」を探してダブルクリックします。
  4. スタートアップの種類が「無効」になっている場合は「自動」に変更して「OK」をクリックします。

Windows Driver Foundationサービスのスタートアップ設定を変更できたら、PCを再起動してイベントビューアーに新たなエラーメッセージが記録されなくなったか確認してください。

対処3: USBのデバイスドライバーを再インストールする

USBのデバイスドライバーに問題が起きていることが原因で、「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、USBドライバーを再インストールして問題が解決しないか確認してください。USBドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」のツリーを展開します。
  3. ツリー内の一番上の「USBドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 確認ダイアログが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  5. 同様の手順で、ツリー内のUSBドライバーを全てアンインストールします。
    • 補足: ドライバーをアンインストールすると、一時的にマウスとキーボードの操作ができない状態になる場合があります。マウスとドライバーが効かなくなった場合は、PCの電源ボタンを押して再起動してから、次のドライバーを再インストールしてください。
  6. 全てのUSBドライバーをアンインストールできたら、PCを再起動します。
  7. PCが再起動すると自動でUSBドライバーが再インストールされます。

以上の手順で、USBドライバーを再インストールすることができます。USBドライバーの再インストールが完了したら、イベントビューアーにエラーが表示されなくなったことを確認してください。

対処4: ハードディスクの電源を自動的に切らない設定にする

PCの環境によってはWindowsのハードディスクの電源を自動的に切る機能が原因で、「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが発生することがあります。

そのため、ハードディスクの電源を切らない設定に変更することで、エラーが解決する可能性があります。ハードディスクの電源を切らない設定に変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 右ペインの関連設定内から「電源の追加設定」を選択します。
  3. 「選択している電源プラン」の右にある「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「ハードディスク」→「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の順にツリーを展開します。
  6. 「電源に接続」の時間を「なし」に変更します。
    • 設定を変更できない場合は、「現在利用できない設定の変更」をクリックしてください。
  7. 「OK」をクリックして設定を保存して、PCを再起動します。

設定を変更してPCを再起動できたら、イベントビューアーにエラーが表示されなくなったことを確認してください。

対処5: デバイスドライバーを手動でアップデートする

ほとんどのデバイスドライバーはWindowsUpdateで配信されますが、一部のドライバーはメーカーページから手動でのインストールが必要な場合があります。

そのため、ここまでの対処法を試しても「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが改善しない場合は、メーカーページから最新のドライバーを入手して手動でインストールしてみてください。

メーカーページからドライバーをインストールする手順はメーカーによって異なりますが、基本的には以下の流れで行います。

  1. PC、またはハードウェアのメーカーの製品ページにアクセスします。
  2. 新しいドライバーが提供されている場合は、ドライバーのインストーラーファイルをダウンロードします。
  3. インストーラーを実行して、案内に従って最新のドライバーをインストールします。
  4. PCを再起動してドライバーのインストールを完了します。

メーカーページから最新のドライバーを入手してインストールできたら、ドライバーエラーが発生しなくなったことを確認してください。

対処6: Portable Device Enumerator Serviceを無効にする

PCの環境によってはPortable Device Enumerator Serviceが原因で、「\Driver\WUDFRdを読み込めませんでした」のエラーが発生することがあります。

一部のユーザーは、Portable Device Enumerator Serviceを無効にすることでエラーが解決したことを報告しています。

そのため、以下の手順でPortable Device Enumerator Serviceを無効にしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスが開いたら、サービス一覧から「Portable Device Enumerator Service」を探してダブルクリックします。
  4. スタートアップの種類を「無効」に変更します。
  5. サービスの状態の下にある「停止」をクリックします。
  6. ステータスが「停止」になったら「OK」をクリックして設定を保存します。

以上の手順で、Portable Device Enumerator Serviceを無効にすることができます。サービスを無効にできたら、イベントビューアーにエラーが表示されなくなったことを確認してください。

コメントを残す

*