Windows10 – ペンタブが反応しない/動かない時の対処【ペンだけの場合も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCで突然ペンタブが反応しないトラブルが発生することがあります。

ペンタブが動かない症状にも、「パソコンがペンタブを認識しない」「認識はするが動作がおかしい」「一部の機能だけ使えない」等、いくつかのパターンがあります。状態をよく観察し、正しい対処を行うことが肝心です。

本記事では、Windows10パソコンにてペンタブが反応しない・動かないトラブルが起きた時の対処法を紹介します。

*Wacom製ペンタブレットを想定した内容となっております。その他メーカー製のペンタブレットでは対処の方法や手順が異なる場合がありますのでご注意ください。

Macの環境でペンタブが反応・動作しない場合は、次のページを参考にしてください。

対処1: USBポートを変える

USBポートが故障していたり、他のデバイスとの干渉を起こしていたりするとペンタブが正常に認識されなくなることがあります。

デバイスの認識自体に問題があると思われる場合は、まず別のUSBポートに接続し直してみてください。

また、プリンター等他のUSBデバイスがパソコンに接続されている場合はそれらを取り外してみてください。

対処2: ドライバーを再起動する

ペンタブドライバーの動作に異常が起きている可能性があります。ドライバの再起動を試してみてください。

ドライバのバージョンがV6.3.36以上であれば、次の手順で操作をしてください。

  1. デスクトップ上の「スタート」ボタンをクリックします。スタートメニューが開いたら、アプリ一覧から「ワコム タブレット」→「デスクトップセンター」をクリックして開きます。
    • フォルダが日本語表記のため、フォルダの場所が見つけづらいことがあります。もし見つからない場合はタスクバーの検索ボックスに日本語で「デスクトップセンター」と入力してみてください。
  2. デスクトップセンターが開いたら、「サポート」→「ドライバチェック」をクリックします。
  3. 「開始」を実行してドライバチェックを行います。この時点でもし異常が検知された場合は画面の表示を参考に対処を行ってください。
  4. ドライバチェックが完了したら「ドライバを再起動する」をクリックします。

ドライバーを再起動できない場合

上記の方法でドライバーを再起動ができない場合には、Windowsサービス管理ツールからの再起動を試して下さい。

Windowsサービス管理ツールからペンタブのでばしうを再起動するには、次の手順で操作します。

  1. デスクトップの「スタート」をクリックします。スタートメニューが開いたら「Windows管理ツール」フォルダ→「サービス」をクリックします。
  2. サービス管理ツールウィンドウが開いたら、中央のリストから以下のいずれかと一致する項目を探してダブルクリックします。
    • Wacom Profession Service
    • Wacom Consumer Service
    • TabletServiceWacom
  3. 「全般」タブ内にて「サービスの状態」を確認し、もし「実行中」と表示されている場合は「停止」ボタンをクリックしてドライバを一旦停止させます。
  4. ドライバが停止したら「開始」ボタンをクリックしてドライバを再起動します。

対処3: ペンタブの設定を初期化する

ペンタブの設定に問題があるか、設定ファイルが破損していることが原因で、ペンタブが正しく動作していないことが考えられます。

次の手順で設定ファイルを削除し、ペンタブの設定を初期化してみてください。

ペンタブのドライバーのバージョンによって、設定のリセット方法が異なるため、それぞれの手順を紹介します。

ドライバーバージョンがV6.3.36以上の場合

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「ワコム タブレット」フォルダ→「デスクトップセンター」を選択します。
  2. 「サポート」→「ドライバチェック」をクリックし、ドライバチェックを実行します。
  3. ドライバチェックが完了したら「設定のリセット」をクリックします。

ドライバーバージョンがV6.3.36よりも古い場合

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「ワコム タブレット」フォルダ→「ワコムタブレット設定ファイルユーティリティ」を選択します。
  2. ファイルユーティリティウィンドウが開いたら、「すべてのユーザーの設定ファイル」の下にある「削除」ボタンをクリックします。

対処4: ペン操作のアクション設定を確認する

次のようなペンタブの動作がおかしい症状が見られる場合、ペンの長押し動作に右クリックが割り当てられていることが原因として考えられます。

  • ペンで操作すると丸いアイコンが表示される
  • 反応はするが動作がおかしい

ペン操作に右クリックを割り当てた心当たりがある場合は、次の手順でペンの長押しによる右クリックを無効化してみて下さい。

  1. コントロールパネルを開きます。コントロールパネルを開くには、「スタート」ボタンをクリックし、「Windowsシステムツール」フォルダ→「コントロールパネル」をクリックします。
  2. コントロールパネルが開いたら「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
    • 見つからない場合は右上にある「表示方法」の設定を「カテゴリ」に変更してみてください。
  3. 「ペンとタッチ」をクリックします。
  4. 「ペンとタッチ」のプロパティウィンドウが開きます。中央のリストにある「長押し」の項目をダブルクリックします。
  5. 「長押しを右クリックとして認識する」のチェックを外し、「OK」をクリックします。
  6. 「適用」ボタンをクリックして設定を保存し、「OK」をクリックして設定を終了します。

対処5: 一時ファイルを削除する

パソコンに保存されている一時ファイルが原因でWindowsの動作やペンタブの動作に影響が出るケースがあります。

そのため、次の手順で一時ファイルを削除することでペンタブの動作が改善する可能性があります。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されたら、「名前」欄に半角で%temp%と入力し、「OK」をクリックします。
  3. Tempフォルダが開きます。表示されたすべてのファイル・フォルダを選択し、削除します。ショートカット「Ctrl」+「A」キーで全選択し、「Delete」キーで削除すると簡単です。
    • 一部のファイルが削除できない時は「スキップ」を選択し、削除できるファイルのみ削除します。
  4. パソコンを再起動し、問題が解決したか確認します。

対処6: ドライバーを再インストールする

ペンタブのデバイスドライバーに問題があり、正常に動作していないケースがあります。

ペンタブのドライバをアンインストールしてから、最新版のドライバを再インストールしてみてください。

ペンタブのドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. ペンタブをパソコンから取り外します。
  2. 「スタート」ボタンをクリックし、「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を開きます。
  3. コントロールパネルが開いたら「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」をクリックします。
  4. インストール済みプログラム一覧が表示されます。「ペンタブのドライバ名」を探し、右クリック→「アンインストール」を選択します。
    • 「ペンタブのドライバ名」は、Wacom製であれば、プログラム名に「Wacom」または「ワコム」の文字が含まれています。
  5. アンインストールが完了したらパソコンを再起動します。以上でドライバのアンインストールは完了です。
  6. 最新版のドライバをダウンロードします。『Wacom – ドライバダウンロードページ』にアクセスし、お使いのペンタブ機種名・OSを選択して「検索」ボタンをクリックします。

  7. 1番上に表示されたドライバ(最も更新日が新しいもの)の「ダウンロードページへ」ボタンをクリックします。
  8. 「インストール方法」に記載されている手順に従い、ドライバのダウンロードとインストールを行います。

最新のペンタブのドライバーがインストールできたら、再度ペンタブの動作が改善していないか確認して下さい。

対処7: Windowsの更新プログラムをアンインストールする

稀にWindowsアップデートが原因で、ドライバーに不具合が起きて動作がおかしくなるケースがあります。

Windowsアップデートの後に、ペンタブが動作しなくなった場合は、Windowsを以前のバージョンに戻してみて下さい。*以前のバージョンに戻せるのは、アップデート後10日以内です。

Windowsを以前のバージョンに戻すには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「回復」をクリックします。
  4. 右ペインで「前のバージョンのWindows10に戻す」の「開始」のボタンをクリックします。
  5. 以前のバージョンに戻す理由を選択して「次へ」をクリックします。
  6. 「アップデートをチェックしますか?」の画面が表示されたら「行わない」をクリックします。
  7. 「知っておくべきこと」「ロックアウトの注意」の画面が表示されたら「次へ」をクリックします。
  8. 「以前のビルドに戻す」をクリックすると、Windowsが以前のバージョンに戻ります。

PCが再起動したら、ペンタブの動作を確認して下さい。

改善した場合は、Windowsアップデートが原因のため、さらに次のWindowsのアップデートが提供されるまで、アップデートは行わないようにしましょう。

ペンタブのペンだけ反応しない時の対処法

ペンタブが指の場合は反応して、ペンの時のみ反応しないケースがあります。

上記の場合も、まずは本記事の『対処2: ドライバーを再起動する』以降の対処方法を全て試してみてください。

全ての対処方法を試しても改善しない場合は、次の対処も確認してみてください。

対処1: 純正ペンを使う

純正ペン以外のペンをお使いの場合、ペンタブでペンが原因で正常に動作しないことがあります。

そのため、タブレットの純正のペンで同様に反応しないか確認して下さい。

また、ペンが対応しているタブレット機種も合わせて確認して下さい。

対処2: 純正ペンを使う

特定のアプリでのみペンが反応しなくなる場合は、アプリケーション側の設定に問題があることが考えられます。

そのため、別のアプリケーションでも同様にペンが使えないか確認して下さい。

特定のアプリでのみペンが反応しない場合は、アプリ側のペン・マウスの設定を開いて、ペン操作に影響がある設定項目を確認してください。

対処3: バックグランドのアプリを停止する

バックグラウンドで動作しているアプリケーションが、ペンタブの動作に影響を与えているケースがあります。

そのため、一旦PCをクリーンブートしてペンが反応するか確認して下さい。クリーンブートで起動することで、バックグラウンドで動作しているアプリを停止した状態で動作を検証することができます。

クリーンブートで解決した場合は、原因のアプリケーションの起動を停止します。次の手順で操作して下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「スタートアップ」タブをクリックします。
    • 簡易表示になっている場合は、「詳細」をクリックして下さい。
  3. 状態が「有効」になっているアプリの中で、「問題のありそうなアプリ」を右クリックして「無効化」を選択します。
    • 原因のアプリを特定するため、アプリは1つずつ無効化することをおすすめします。
  4. PCを再起動してペンの動作を検証します。
    • ペンが動作するまで手順を繰り返して、原因のアプリを特定します。
  5. 原因のアプリが特定できたら、再度タスクマネージャーの「スタートアップ」タブを開きます。原因のアプリ以外の状態を元に戻します。

対処4: 他のペンタブを無効にする

他のペンタブや以前使っていた古いペンタブのドライバーの影響で、ペンが動作しないケースがあります。

そのため、複数のペンタブ・ポインティングデバイスがパソコンに接続されている場合は、他のペンタブを全て取り外してみてください。

また、他のペンタブ用のドライバーを全てアンインストールしてみてください。ペンタブ用のドライバーのアンインストールは次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインのアプリの一覧で、「他のペンタブのドライバー」を探してクリックします。
  4. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. 案内に従ってアンインストールを完了します。

解決しない場合は

ここまでの全ての対処方法を試してもペンが反応しない場合は、ペンタブまたはペンのハード故障や初期不良の恐れもあります。

可能であれば、他の端末にペンタブを接続してペンが同様に反応しないか確認して下さい。他の端末でも動作しない場合は、ペンタブまたはペンの故障と判断できます。

故障が考えられる場合は、『Wacom – メーカーサポート』へ問い合わせてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)