Apple Payでカードが使えない/支払いができない時の対処法 – iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneのWalletにSuicaやPASMO・クレジットカードなどを登録しておけば、専用の決済端末にiPhoneをかざすだけでApple Payを使用して支払いを行うことができます。

しかし、カードを登録してApple Payで支払いを行おうとしても、エラーが発生して正常に支払いができないケースがあります。また、以前は正常にApple Payが使えていたのに突然使えなくなるケースもあります。

本記事では、iPhoneのApple Payでカードが使えない/支払いができない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: ロックを解除する/手動でカードを選択する

Apple Payで支払いを行うには、iPhoneのロックを解除した状態で決済端末にかざす必要があります。

また、Apple Payで支払いを行う決済端末によっては、Walletアプリでカードの画面を表示しないと正常に支払いが完了しないケースがあります。

そのため、以下の手順でWalletアプリを起動して、支払いに使用するカードの画面を表示した状態で支払いを行ってください。

  1. ホーム画面から「Wallet」を起動します。
  2. 登録されているカードの一覧から「支払いに使用するカード」をタップします。
  3. 画面にカードが表示されたら、そのまま決済端末にiPhoneをかざしてください。

以上の手順で、うまくいけば正常にApple Payの支払いが完了します。カードを表示してもApple Payが使えない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: モバイルデータ通信を有効にする

Apple Payでカードの支払いを行うには、Walletアプリがモバイルデータ通信(またはWi-Fi)を使用する必要があります。

そのため、Walletアプリのモバイルデータ通信が有効になっているか確認してください。また、既にモバイルデータ通信が有効になっている場合でも、機内モードを切り替えてネットワークに再接続することで問題が解決する場合もあります。

  • Walletのモバイルデータ通信を有効にする:
    1. 「設定」を開きます。
    2. 「モバイルデータ通信」をタップします。
    3. 画面上部にある「モバイルデータ通信」のスイッチをオンに設定します。
    4. 「モバイルデータ通信を使用」のリストから「Wallet」の項目を探し、「Wallet」の右にあるスイッチがオンになっていることを確認します。もしオフになっていれば、スイッチをタップしてオンに切り替えてください。
  • 機内モードを切り替える:
    1. 画面の右上を下へスワイプし、コントールセンターを開きます。
      • ホームボタン搭載機種の場合は、画面の下端から上方向にスワイプしてください。
    2. 「モバイルデータ通信」のパネルが「オン(青色)」になっていることを確認します。
    3. 「機内モード(飛行機アイコン)」のパネルをタップして「オン(青色)」にします。
    4. 数秒待ってから再度「機内モード」のパネルをタップして「オフ(グレー)」にします。

Walletアプリのモバイルデータ通信をオン、または機内モードを切り替えれたら、再度Apple Payでカードの支払いができるか確認してください。

対処3: デバイスを再起動する

iPhoneのApple Payの機能に一時的な不具合が起きていることが原因で、Apple Payでカードを使えないケースが考えられます。

そのため、iPhoneを一度再起動して問題が解決しないか確認してください。iPhoneを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  1. 本体側面にある「サイドボタン」と、「音量ダウンボタン」を同時に長押しします。
    • ホームボタン搭載端末の場合は、「サイドボタン」を長押ししてください。
  2. 電源オフスライダーが表示されたら、ドラッグして電源を切ります。
  3. 30秒程待ってから「サイドボタン」を長押しして電源を入れます。

iPhoneを再起動できたら、Apple Payでカードの支払いができるようになったか確認してください。

対処4: 決済端末を変更する

iPhoneではなく店舗で使用する決済端末に問題があることが原因で、Apple Payの支払いができないケースが考えられます。

複数の決済端末がある場合は、別の決済端末を使用してApple Payの支払いができないか確認してください。また、決済を行う際には、以下の項目についても確認してください。

  • 決済端末によってはPINの入力が必要になる場合があります。
  • 一度に購入する金額が2万円を超えているとApple Payを使用できない場合があります。
  • 店舗での支払いの場合は、分割払いやリボ払いは選択できません。

別の決済端末でもApple Payの支払いができない場合は、他の原因が考えられるため次の対処方法に進んでください。

対処5: カード情報を再登録する

Walletに登録されているカード情報に問題が起きていることが原因で、Apple Payが使えないケースが考えられます。

過去にApple Payが正常に使えていた場合でも、登録されているカードの有効期限切れ等の問題があると決済ができない状態になります。

そのため、登録しているカード情報を一度削除してから、再登録することで問題が解決する可能性があります。Walletのカードを再登録するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「WalletとApple Pay」をタップします。
  3. カードの一覧から「問題が発生しているカード」を選んでタップします。
  4. 「カードを削除」をタップして、カード情報を削除します。
  5. ホーム画面に戻って、「Wallet」アプリを起動します。
  6. 右上にある「+」ボタンをタップします。
  7. 登録するカードの種類を選択します。
  8. ここで先程削除したカードが表示されます。カードをタップしてチェックを入れて、「続ける」をタップします。
  9. セキュリティコード等、必要な情報を入力して登録を完了します。

カード情報を再登録できたら、再度Apple Payを使用して支払いができないか試してみてください。

対処6: ソフトウェアアップデートを実行する

iPhoneのiOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、Apple Payが正常に動作しなくなることがあります。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行して、新しいiOSのアップデートが利用可能である場合はダウンロードとインストールを行ってください。

iPhoneでソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「一般」→「ソフトウェアアップデート」と進みます。
  3. 「アップデートが利用可能です」と表示された場合は、画面の指示に従ってダウンロードとインストールを実行してください。

最新のiOSにアップデートできたら、再度Apple Payを使って支払いができないか試してみてください。

対処7: Apple IDにサインインし直す

Apple IDのサインインに問題が起きていることが原因で、Apple Payの支払いにエラーなどの問題が起きるケースが考えられます。

そのため、Apple IDから一度サインアウトして再度サインインすることで問題が解決する可能性があります。Apple IDにサインインし直すには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 画面の1番上に表示される「AppleIDのアカウント名」をタップします。
  3. 「サインアウト」をタップします。
  4. パスワードを求められたら、画面の指示に従って入力します。
  5. 「データのコピーを残しますか?」の確認ポップアップが表示されたら、そのまま右上の「サインアウト」をタップします。
  6. 確認メッセージが表示されます。「サインアウト」をタップします。
  7. 元の設定画面に戻ったら、「iPhoneにサインイン」をタップします。
  8. 「Apple ID」と「パスワード」の情報を入力して、Apple IDにサインインします。

以上の手順で、Apple IDに再度サインインすることができます。サインインが完了したら、Apple Payの問題が解決したか確認してください。

対処8: デバイスを充電する

iPhoneのバッテリー残量が少なくなっていると、Apple Payの機能が正常に動作しなくなることがあります。

そのため、iPhoneのバッテリー残量が少ない場合は、最低でも20%以上充電した状態でApple Payを使用してください。

対処9: iPhoneケースを取り外す

使用しているiPhoneケースが原因で、Apple Payの通信に問題が起きるケースが少なからず考えられます。特に厚みのあるケースや金属製のケースは、通信に問題が起きることがあります。

そのため、iPhoneにケースを装着している場合は、取り外した状態でApple Payが機能しないか確認してください。

ケースを取り外した状態で問題が解決した場合は、ケースに問題があることが考えられるため、別のケースに交換することを検討してください。

対処10: Apple Payの障害を確認する

Appleのサーバーに障害が発生していることが原因で、Apple Payが利用できないケースが少なからず考えられます。

そのため、Apple Payのサービスが正常に稼働しているか確認してください。Apple Payの稼働状況は以下の公式ページにアクセスして、「Apple Pay & Wallet」の項目で確認することができます。

Apple Payに障害が発生している場合は、サービスが復旧するのを待ってから支払いをやり直してください。

対処11: iPhoneの設定をリセットする

iPhoneの何らかの設定に問題があることが原因で、Apple Payが正常に使えないケースが考えられます。

そのため、ここまでの方法で問題が解決しない場合は、iPhoneの設定をリセットしてカードを再登録してみてください。ただし、設定をリセットすると、データは消えませんが全ての設定が初期状態に戻る点に注意してください。

iPhoneの設定をリセットしてカードを再登録するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「すべての設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「すべての設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。
  8. 『対処5: カード情報を再登録する』と同じ手順で、使用できないカードを再登録します。

iPhoneの設定をリセットしてカードを再登録できたら、Apple Payが正常に使えるようになったか確認してください。

対処12: カード会社に使用状況を確認する

登録しているカードが使用できない状態になっていることが原因で、Apple Payの支払い時にエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、カード会社にカードの使用状況を確認して、ロックなどが掛かっていないか確認してください。ロックが掛かっている場合は、解除を依頼することで正常にカードを使用できるようになります。

カードが正常に使用できるようになったら、Apple Payが正常に使えるようになったか確認してください。

コメントを残す

*