Apple Payで使うカードをWalletに追加できない時の対処法 – iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneではWalletにクレジットカードやSuica、PASMOなどの様々なカードを追加して、Apple Payで支払いをすることができます。

しかし、Walletにカードを登録しようとすると、「カードを追加できませんでした」などのエラーが表示されてカードを追加できない場合があります。

本記事では、Apple Payで使うカードをWalletに追加できない/登録できない時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: クレジットカードのApple Payの対応を確認する

クレジットカードがApple Payに対応していないことが原因で、Walletにカードを追加できないケースが考えられます。

そのため、登録しようとしているクレジットカードがApple Payに対応しているか確認してください。

Apple Payに対応しているクレジットカードは以下の公式ページの「日本」の項目で確認できます。

カードによっては一部のブランドのみしかApple Payに対応していない場合があります。カード名の右にアスタリスクマークが付いている場合は、一覧下の注釈もよくご確認ください。

また、国内のデビットカードはApple Payに非対応のものがほとんどなので、デビットカードを使用している場合は注意が必要です。

対処2: デバイスのインターネット接続を確認する

iPhoneのインターネット接続に問題があることが原因で、カードをWalletに追加する際にエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、Safariなどを開いてiPhoneが正常にインターネットに接続できているか確認してください。

インターネット接続に問題がある場合は、機内モードを切り替えてネットワークに再接続するか、モバイルデータ通信とWi-Fiを切り替えてみてください。

  • 機内モードを切り替える:
    1. 画面の右上を下へスワイプし、コントールセンターを開きます。
      • ホームボタン搭載機種の場合は、画面の下端から上方向にスワイプしてください。
    2. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして、パネルの色をグレーにして「オフ」にします。
  • モバイルデータ通信とWi-Fiを切り替える:
    1. 画面の右上隅を下方向にスワイプし、コントロールセンターを開きます。
      • iPhone 8以前の機種の場合は、画面の下中央を上方向にスワイプしてください
    2. 「モバイル通信」を「オン」にした状態で、「Wi-Fi」のアイコンをタップして「オン/オフ」を切り替えます。
      • Wi-Fiを「オン」にするとWi-Fi接続に、Wi-Fiを「オフ」にするとモバイル通信に切り替わります。

iPhoneのインターネット接続を確認できたら、再度WalletにApple Payで使うカードを追加できるか試してみてください。

対処3: 不要なカードの登録情報を削除する

Walletに登録できるカードの上限数は現時点で8枚のため、登録しているカードが上限数になっていると新しいカードを追加できません。

そのため、Walletに多くのカードを登録している場合は、不要なカード情報を削除してください。不要なカード情報を削除するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Wallet」アプリを起動します。
  2. 「削除したいカード」をタップします。
  3. 右上の「メニュー(3点アイコン)」をタップします。
  4. 「このカードを削除」をタップします。
  5. 確認ポップアップが表示されたら「削除」をタップします。

不要なカードの登録情報を削除できたら、再度Apple Payで使用するカードの追加を試してみてください。

対処4: ロックが解除されるのを待ってから再度試す

カードの登録に複数回失敗するとApple Payに一時的なロックが掛かって、一定時間の間Walletに新しいカードを追加できない状態になります。

このロックは24時間経過で自動的に解除されるため、追加に失敗した場合は1日待ってからカードの登録をやり直してみてください。

1日待ってもカードをWalletに追加できない場合は、他の原因が考えられるため次の対処方法に進んでください。

対処5: ソフトウェアアップデートを実行する

iOSのバージョンが最新でない場合、ApplePayやWalletの機能に不具合があることが原因で、カードを追加できないケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行して、システムを最新の状態にしてください。iPhoneでソフトウェアアップデートを行うには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかったら「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 「今すぐインストール」をタップします。

iOSを最新バージョンにできたら、再度Walletにカードを追加できないか試してみてください。

対処6: iPhoneの地域設定を確認する

iPhoneに登録されている地域情報が日本に設定されていないと、ApplePayで使用するカードを正常に追加できないケースがあります。

そのため、iPhoneの地域設定を確認して、設定に問題がある場合は変更してください。iPhoneの地域設定を確認して変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「言語と地域」をタップします。
  4. 「地域」をタップします。
  5. 「日本」にチェックが入っていることを確認します。
    • 他の地域が設定されている場合は、リストから「日本」を探してタップして「完了」をタップしてください。

iPhoneの地域設定を変更できた場合は、再度Walletにカードを追加できないか試してみてください。

対処7: Apple IDとカードの住所が一致することを確認する

Apple IDに登録されている請求先住所と、登録するカードの住所が一致していないことが原因で、Apple Payで使用するカードを追加できないケースが考えられます。

そのため、Apple IDとカードの登録住所を確認して、一致していない場合は一致する住所に更新してください。

カードの登録住所は、使用しているカードによって確認と更新方法が異なるため、カード会社のヘルプページ等を参考にしてください。

カードの登録住所が確認できたら、以下の手順でApple IDの請求先住所の確認と更新を行ってください。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 画面の1番上に表示されるユーザー名をタップします。
  3. 「支払いと配送先」をタップします。
  4. 「請求先住所」をタップします。
  5. カードの登録住所と違う住所が登録されている場合は、「住所」の内容を修正してから右上の「完了」をタップしてください。
    • 登録住所に問題がない場合は、左上の「支払いと配送先」をタップして変更をキャンセルしてください。

Apple IDとカードの住所を一致させれたら、Walletに新しいカードを追加できるようになったか確認してください。

対処8: パスコードを無効にした状態で追加する

iPhoneのパスコードを無効にした状態で、Walletのカードの追加をやり直すと正常に登録できることを一部のユーザーが報告しています。

そのため、iPhoneのパスコードを一時的に無効化してから、カードの追加をやり直してみてください。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「Touch ID(またはFace ID)とパスコード」をタップします。
  3. パスコードを求められたら入力します。
  4. 「パスコードをオフにする」をタップします。
  5. 確認メッセージが表示されたら、「オフにする」をタップします。さらにApple IDとパスワードを求められるので、指示通りに入力します。
  6. ホーム画面に戻ってWalletアプリを開き、右上の「+」ボタンをタップします。
  7. パスコードを設定するように求められたら、「Touch ID(Face ID)とパスコードを設定」をタップします。
  8. 設定画面が表示されたら、「パスコードをオンにする」をタップします。
  9. 「Apple ID」と「パスワード」を入力し、パスコードを有効に戻します。
  10. Walletアプリに戻り、通常通りの手順でカードを登録してみてください。

上記の手順で、上手くいけば正常にWalletに新しいカードを追加できます。カードが追加できればApple Payで通常どおり使用できます。

対処9: Apple IDにサインインし直す

Apple IDのサインインの状態に問題が起きていることが原因で、Apple Payで使うカードをWalletに追加できないケースが考えられます。

そのため、Apple IDから1度サインアウトし、サインインし直したあとでカード登録をやり直してみてください。ただし、Apple IDからサインアウトするとApple Payに登録されているカード情報が全て削除されるため再設定する必要があります。

Apple IDからサインアウトして再度サインインするには以下の手順で操作します。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 画面上部の「AppleIDのユーザー名」をタップします。
  3. 画面下までスクロールし、「サインアウト」をタップします。
  4. 手続きをすすめると「データのコピーを残しますか?」と表示されたら、設定を変えずに右上にある「サインアウト」をタップします。
  5. サインアウトが完了したら、「iPhoneにサインイン」をタップし、以前と同じ「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインします。

以上の手順でApple IDに再度サインインすることができます。サインインが完了したら、Walletアプリを起動してカードの登録を試してみてください。

サインアウトする前に登録されていたカードがある場合は、必要に応じてカードの再登録も行ってください。

対処10: ApplePayのサービス状況を確認する

ApplePayのサービスに障害が発生していることが原因で、Walletにカードを追加できないケースが少なからず考えられます。

そのため、ApplePayのサービスが正常に稼働しているか確認してください。ApplePayのサービス状況は、以下の公式ページの「Apple Pay & Wallet」の項目で確認することができます。

ApplePayのサービスに障害が発生している場合は、ユーザー側で対処できないため、Apple側の復旧を待ってからカードの追加をやり直してください。

対処11: Apple IDのカード情報を削除する

Apple IDに登録しているカード情報を削除すると、Walletにカードを正常に追加できることを一部のユーザーが報告しています。

そのため、Apple IDに登録しているカード情報を確認して、Apple Payで使用するカード情報が登録されている場合は一度削除してみてください。

Apple IDに登録しているカード情報を確認して削除するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 画面上部の「AppleIDのユーザー名」をタップします。
  3. 「支払いと配送先」をタップします。
  4. 「お支払い方法」の一覧で、Apple Payで使用するカード情報が登録されているか確認します。
  5. 同一のカードが登録されている場合は、「カード」をタップして「お支払い方法を削除」をタップします。

Apple IDに登録しているカード情報を削除できたら、再度Walletにカードを追加できないか試してみてください。

対処12: カードを再発行/カード会社に連絡する

SuicaやPASMOが登録できない場合は、カードが破損しており正常に認証できないケースが考えられます。

SuicaやPASMOのカード自体に問題が考えられる場合は、カードを再発行して正常に登録できないか試してみてください。SuicaやPASMOのカードを再発行する手順については、以下の公式ページを参考にしてください。

ここまでの方法でクレジットカードを追加できない場合は、クレジットカードが利用できない状態になっているケースが考えられます。そのため、カード会社に連絡してカードの利用状況について一度確認してみてください。

コメントを残す

*